カテゴリー「2.YAMAHA セロー」の記事

2018.09.03

serow セロータイヤ交換(前輪のみ)

 そんなわけで、日曜日に予定していたサイト更新はお休みという事で。
 
 代わりに(?)土曜日にセローの前タイヤを交換しました。
 ええ、この後いろいろ秋のイベントが控えていますからね。
 
 走行距離は6000kmちょいというあたり。D605としてはいつもどおりかな?
 
201809031
※減ってないように見えるかもですが、スリップサイン(?)が出かかってます。
 
 
 これまで前後同時交換が多かったセローのタイヤ。
 
 リアも減ってはいるんですが、ちょいダートくらいなら困るほどではなく。
 
 今年は北海道へも行かなかったし、大荷物抱えてのツーリングが少なかったせいかな?
 いや、結構出かけてた気もするんですが。
 
 ともあれ、フロント(チューブタイヤ)だけなので店には持ち込まず自分で交換します。
※チューブレスはお店にお任せ! 
 
 「手順忘れてるよなー」とかぶつぶつ言いながらタイヤを外して。
 
 リムテープは前回新品にしてたので問題なし、チューブも大丈夫。
 
201809033
※下に敷く古いタイヤが見つかって何より
 
201809032
※比較的新しい製造日のタイヤに当たりました。
 
 
 新しいタイヤを突っ込んで、軽点位置確認したらコンプレッサーのスイッチを入れて。
 
 「そういえばこれ使うの何時以来だろ?」(確実に年単位)
 
 そして、コンプレッサーは動いたものの、吐出口に付ける米式バルブのコネクタが見つからない。
 
 うおおおと喚いた挙句、吐出口を直接バルブにねじ込んで(スポークが干渉するのでほんの半回転くらい)なんとかビードを上げましたとさ。
※ちぎれたOリングもあったし、コンプレッサーもあとでみてやらないとなぁ。
 
 ベアリングとアクスルシャフトのグリス確認。
 
 キャリパーなしでのホイールくるくる回転確認。
 
 いろいろ付けて、締めこんで。
 
 よし、これで準備完了かな? あ、そうだ、洗車しなきゃ。
 
※最初にやらなきゃダメ。
 
 
 


◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (0)

2018.07.25

serow 2018ヤマハ新型セロー250発表!

 ってなわけで、本日(2018/7/25)ヤマハから新型(?)セローが発表されました。(ぱちぱち)
 
 とりあえず発表だけで発売は8月末。
 画像とか詳細は例によって各自検索してください。
 
 
 で、上に?って付けたのは「はて、これ新型なんかいな?」だから。
 
 外装はほぼ同じで、デザインも3色出はしたけれど直近モデルとほぼ同じ。
 
 明確に変わったのはテールライト・テールカウル周りのみ。
 
 これは直近セローのナンバープレートの角度が法規制外になっちゃったからその対応の意味もあるでしょう。
 決して余ってるXT250用テールの在庫処分では無いはずです(笑)
 
 そういえば新しいMT-07には旧MT-09のライトが使われてましたっけ。ヤマハはこういう流用上手ですよね。
 
 
 セローの今後についてはこれまでも何度か書いていて。
 
・serow セロー250生産終了にあたってと、今後のバリエーション展開への妄想
 
・serow (勝手に)セローのフルモデルチェンジに向けて
  
 とにかく「来るぞ来るぞ!フルモデルチェンジが来るぞ!」って思っていたので、今回見た目がマイナーチェンジだったのには正直肩透かし。
 
 まぁその分、車体スペック(足つきとか)については変わってないので文句なしですけど。
 
※車重は3kgアップしてるけどこれは誤差みたいなものだし。
 
 
 そして、こちらは意外というか驚き桃ノ木山椒の木(昭和)だったのがエンジン。
 
 なんてったって空冷のままなんですよ?これまた見た目同じなんですよ?
 これでよく規制通り(通し)ましたよねぇ……
 
 
 車体左側には黒い箱=キャニスターが付いていて、これは新規制の燃料蒸発ガスへの対応と思われ。
 
 一番重要・大変なはずの排ガス規制は一体どうやったんでしょう?
 
 エキパイの取り回しも同じっぽくて、例の箱型キャタライザーも見えないし。
 
 もしかしてサイレンサー部のみでクリアしちゃってるとか?それともFI等のコンピュータ制御で頑張った?
 
 しかもねぇ、馬力は2PSアップ。トルクもアップ。燃費も改善。
 
 魔法ですよ魔法、これ完全にヤマハの魔法。
 
 直近モデルの通称がフィセロ(FIセローなので)なんだったら、このモデルは「マジセロ」(Magicセロー)でいいと思いますよ。
 
 
……ま、エンジンスペックと乗り味がイコールにならないのはありがちな話だし、ホントのところは実車のインプレを待ちましょうか。
 ええ、発売直後は誉め言葉ばかりなんで1年後くらいの奴を。(天邪鬼)
 
 
 
 さて、んで、この先はどうする・どうなるんでしょうか?
 
 
 この時期に(多分)急いで発表・発売したのは、2018/10という期限があるから。
 
 その後の新車はABSが必須になるし、2021年(だったっけ?)には継続販売車も同様に。
 
 その頃には今のユーロ4の次のユーロ5(と同様の国内規制)が見え隠れ。
 
 この辺りの事情が見えたので、俺は「今回はたっぷり時間をかけてフルモデルチェンジのはず!」って思ってたんですけどね。
 
 
 今回マイチェンってことは、言葉は悪いですが次回までのツナギという意図なんでしょうか。
 
 
 先まで読んだ仕様で一気にやるのか、それとも少しずつコツコツ代えていくのか。
 
 ヤマハはセロー(とトリッカー)に関しては後者を選んだのかな?
 
 そしてもしかすると、現在まったく噂を聞かない新型SRは前者なのかもとか。
 
 そうそう、全然別の話ですが、VMAX1700はこの「先を読みすぎて」いたのかも?って思います。
#そしてそういうのも決して嫌いじゃない俺(笑)
 
 
 あとこれはTwitterにも書いたんですが、セロー225の時、排ガス規制をクリアするのに4JGと同じ車体でエンジンだけ対応したDJ08を出して、数年後にフルモデルチェンジのセロー250を出したじゃないですか。
 
 今回も同じようなことになったりして。
 
 いえ、何の根拠もない妄想ですけどね。
 
 
 
……とまぁ、そんなこんなの今回の新型(?)セロー250
 
 これなら「今のがいいや!」って直近モデル買った人も一安心でしょう。
 
 デザイン一緒で、馬力上がった分は価格も上がってるし。(5万円ちょい)
 その気になれば新モデルパーツの流用もできるし。(多分)
 
 そして新型待ってた人は、3kgしか重くなってなくて余計なABS(をい)もなくてこれまた安心っと。
 
 大外れもなく売れるの間違いなしでヤマハも安心。
 
 「これぞ三方一両得!」 (なんじゃそりゃ)
 
 
 
 以上、いつもにましてとりとめのない文は「今日の今日」ということでご容赦を。
 
 あ、新しいセローを俺がですか?
 
 いえ、買いませんよ、必要ないし。(今のところは←言霊注意)
 
 
 
 
 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (0)

2018.02.08

serow イリジウムにしましょう

#元ネタになってない(謎)

 でまぁ、セローにイリジウムプラグを入れてみまして。
 
 理由は……「入れたくなったから!」(じゃぁ仕方ないな、うんうん)
 
 
 正直、うちのセローにイリジウムを入れて何か変わるって期待はしてないんですね。
 
 今も長期保管時の燃料コックオフだけ忘れなければ「いつでもどこでも一発始動!」だし、燃費もそこそこ良好だし。
 
 1速アイドリングでのじりじり走行だってなんなくこなせるし。
 
 プラグ交換で何か変わるとすれば、それは今不調な部分についてでしょう。なのでうちにはあまり関係なし。
 
 あえて言うなら「急停止時に時々起きるエンジンストンストップ」があるかな?
 んでもまぁこれはプラグというよりキャブの範疇というわけで。
 
 
 でもまぁ、せっかく交換するんだったら一度イリジウムを試してみてもいいかなと。
 
 価格は「純正の3倍!」とはいえ1800円くらい。単気筒なので財布への影響は小。

 値段が高くて良くなる保証は無いけれど悪くなることも無し。ってのは、レギュラー仕様のエンジンにハイオク入れてみるのと一緒かもですね。(そうか?)
 
 
 購入したのはNGK製。
 純正標準のD8EAに対応するイリジウムプラグ、DR8EIX
 
201802081
  
201802082
※旧プラグの状態も良好……っと。 
 
 
 さくっと交換の際には、プラグホール周りの掃除とネジ部のカジリ防止グリスをお忘れなく。
 
201802083
※入るところまでは手で回しましょう
 
 
 交換後の走行はもちろん問題なし。
 
 気温1桁での1発始動はもちろん、転倒後の再始動も問題なしでしたとさ!(をい)
 
 
※「良い子のみんな!外した古いプラグは箱に入れて携帯しておくと緊急時に使えるからな!」
 
 
 
 
 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (0)

2017.12.13

SEROW いよいよハンドルカバー?

 「ハンカバなんて格好悪くて付けられるかよぅ!」(違)を書いて早5年。
 
 その後も冬も頑張って走ってはいるわけですが。
 
 
 先のオーバーグローブとかグリップヒーターのおかげで、VMAXはホカホカとはいかないまでも大分楽に走れるようになっていて。
 
 とにかく格好重視のバイクですからね(?)厳冬期もしばらくはこのままストイックにいく予定です。
 
 
 んで、冬場はセローの出番も多かったりするんですよ、近場ちょい乗りお買い物の類とかで。
 
 
 セローにグリップヒーターを付ける気は無し。
 
 転倒上等!をよしとしているので、転んでグリップ抉っちゃったときの精神的・金銭的ダメージを考えるとぶるぶるぶる。
 
 それに電気(電流)的にも余裕を持たせておきたいですから。
 
 
 オーバーグローブは風は防いでくれるものの、街中・林道・河原での操作性が今一つ。
 
 なので「こっちにならハンカバもありかなぁ?」とか考え始めました。
 
 
 付ければ格好悪くなるのは間違いないので(をい)どうせなら一番厚くて暖かい奴をとも思うんですが、うちのセローには純正ハンドガード(ナックルバイザー)が付いている。
 
 これごとカバーするのは大変そうだし、かといっていちいち外すのも面倒くさい。
 
 ならガードの内側に入るコンパクトな奴の方が?とか。
 
 
 興味半分で調べはじめたんですが、いや、いろいろあって迷いますね。
 
 そしてコミネに丁度良いサイズに思える奴が見つかった&価格も安いんですが、どうしてあのメーカーは製品にデカデカとロゴを……(略)
 
#ま、今に始まったことではなし。
 
 
 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (0)

2017.09.28

SEROW ご近所散策

 でまぁ、先の日曜日は朝一で自転車の朝練に出かけて、その後ヤボ用を片付けて。
 
 昼飯食って落ち着いて、さてとセローで出かけるわけです。
 
 目的は特になし。
 天気も良かったし、ヤボ用のおかげで誘われてたBBQに行けなかった腹いせもあるし(をい)久しぶりに鬼怒川の河原でも下りますか。
 
 
 9月下旬の晴天の日曜とあって、河原の公園はどこも大賑わい。
 
 野球やらサッカーやらBBQやら。
 
 そんな横を通る時には土煙が立たないようにそっとそっと。
 
 ま、今日は昨夜の雨でダートが締まってるからいつもよりは気楽なんですが。
 
 
 いつものルートで南へ下って、土手を駆け上がって土手を転げ落ちて(比喩)
 
 「いやー、すっかり秋の空だねぇ……」(しみじみ)
 
201709281
※雲がもうね……
 
 
 いつぞやの大雨で、流された・壊れた細い沈下橋2本の復旧を確認して。
 
 自治的オフロードコースへの道が大きく変わってて驚いて。
 
 「ここ通れば近いはず」と入った裏道(?)が倒木行き止まりで、シングルトラックでの「どこでもUターン」を試されて。
 
 いやぁ楽しいこと楽しいこと(一部除く)
 
201709282
※これは細いほう。橋脚も強化されたっぽくてこれでしばらくは安心かな?

201709283
※あれ?シングルトラックじゃなかったか。
 
 
……と、ほんの2時間程のご近所探索でしたが充分満足できましたとさ。
 
 「や~、やっぱこの辺りはバイク乗りにとって恵まれた場所だわ~」(オンオフ両方に)
 
 
201709284
※と、うかつに川べりに出たらゴロタ石と砂で泣くハメに。 
 


◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


| | コメント (0)

2017.09.05

serow セロー250生産終了にあたってと、今後のバリエーション展開への妄想

 でまぁ、とうとう(Twitterではありますが)ヤマハから正式に公式に「セロー生産終了」が宣言されました。
 
■【セロー250生産終了のお知らせ】在庫に関しましては販売店にお問合せください。
https://twitter.com/yamaha_bike/status/903452880283213828
 
 
 まぁ生産中止に関しては予想されてたし、俺も「serow (勝手に)セローのフルモデルチェンジに向けて」とか語っていたわけです。
 
 
 んで、「生産終了」と「販売終了」は違うんですね。
 
 「もう新車のセローが買えない!」のかと思ったら、「在庫がある(生産しちゃった)分は売っても大丈夫」らしく。
 
※言われてみれば、そうじゃないとショップが大騒ぎに。
 
 だから現行車が欲しい方は慌てず探しましょう。
 まぁどれくらい在庫が残ってるかは神の味噌汁ですが。
 
 
 さて、意外だったのは、後継というか新型の噂が聞こえてないこと。
 
 売れ筋モデルだし、てっきり即フルモデルチェンジだと思っていたんですけどね。
 
 
 今回の規制に適応できず廃盤になるモデルが多くて(SR400とかドラスタとかも)対応が間に合わなかったかな?
 
 でもホンダとかは結構さくっと出してきてますよね。
 
 
 んでもってふと思いついたんですが、ヤマハは850ccの3気筒と700ccの2気筒のバリエーション展開で成功してるじゃないですか。
※950ccのツインもそう言えるかな?
 
 
 当初から「エンジン共通でいろいろ作るよ!」って宣言して、出してみればウハウハの大成功。
 
 これ、250cc単気筒でも狙っていたりしませんかね?
 
 
 以前書いた空冷(油冷?)ブルーコアか、はたまた水冷か。
 
 いずれにせよエンジンが共通であれば汎用性が上がるし、何より安価にできるはず。
 
 
 どうですかね?
 
 以前から共通のセロー(ツーリングセロー)とトリッカーは当然として、
 
 これまで影の薄かった(をい)XT250xをちゃんとしたロードモデルで、とか、
 
 むしろカリカリチューンしてWR風でもいいんじゃ?とか、
 
 それともいよいよ「陵駆」か?とか、
 
 いっそのことトリシティ250を(というかMTだからMWT-2か)とか。
 
 
 妄想が広がるんですよね(笑)
 
 
 当たるかなぁ、外れるかなぁ。
 
 今年の東京モーターショーあたりには何か情報出るかなぁ。
 
 
 ええ、「今まで親しんできたバイクが無くなった!」って嘆くより、「新しくどんなのが出るんだろう!」ってワクワクする方が楽しいに違いありませんからね。
 
 
 
 

◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (0)

2017.06.07

serow そうだ・キャンプ・行こう

※このタイトルは以前も使ったような?でもキニシナイ。
 
 
 でまぁ、先の土日はキャンプに出かけまして。
 
 久しぶりでしたよキャンプ。
 何年ぶりですかキャンプ。
 飯の支度したのなんて覚えてないですよキャンプ。
 
 そんなわけで、準備段階から大騒ぎ。
 
 ガソリンストーブのガス漏れは想定内として(をい)ヘッドランプが壊れてたの忘れてるしLEDランタンの電池がサビサビになってるし。
 
 荷物作ってホムセン箱に突っ込んだら全然入りきらないし。
 
 ようやく収めて上にテント積んで、セロー動かそうとしたらあまりの重さに驚かされるし。
 
 
 もうね、「面倒くさいから車で行っちゃおうかな」って思ったくらい。(をい)
 
 
 それでも出かけたキャンプイベントは楽しかったです。
 
 飲んで食って笑って。
 
 天気も2日間マっ晴れで。

 気温は暑くなく寒くなく。
 
 やー、日ごろの行いが良いとやっぱ違いますな。
 
 
 ツーレポは例によって後日本館にて。
 
 そして別途いろいろ思うところがあったんですが、ツーレポに書くか別にするか、現在悩み中です。
 
 
 

20170607
野村満載
 
 
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

2017.04.27

serow (勝手に)セローのフルモデルチェンジに向けて

 んじゃここらで一度、セローのフルモデルチェンジに関してぶつぶつ言ってみますかね。
 例によってこれまでこのblogとかTwitterとか他(謎)で呟いてた事のまとめとして。
 
 
   ★
 
 
 状況からするに、現行250ccの今年(2017)中のフルモデルチェンジは間違いなさそうです。
 
 なんてったって現状のままじゃユーロ4が通らない。まぁセローは国内モデルなんでユーロ4は関係ないんですが、これに準拠した国内規制が通らない。
 
 加えてABSも付けなきゃいけないし、もしかすると故障センサ(四輪で言うOBD2)も必要になる。
※それともFIになった時点で故障センサは付いてるのかな?
 
 現行車をあれこれ弄るんじゃなく「ならフルチェンジで」ってなるのも致し方ないでしょう。
 現に他メーカー・他車種からもこの時期に生産中止のお知らせが続々と発表されていますし。
 
 
 さて、んで新しいセローがどうなるか?どうなって欲しいかなんですが。
 
 
 ちょい前、インドでFZ25ってバイクが新発売になりました。
 
 250cc空冷単気筒で20PS
 エンジンはヤマハ新型のBLUE COREってシリーズなんですが、外観が今のセローのエンジンに良く似てる。
 これが新型セローのエンジンなんじゃないか?なんて騒がれました。
 
 新しいセローが空冷なら、これ大歓迎すべきところです。
 
 
 セローは開発当初から「出先(山)でトラブルになってもなんとか帰って来ることができる」がポリシーだったと聞いています。
 
 各種サポートバーの意味しかり、保安部品の配置しかり。
 
 空冷ってのも重要な要素です。水冷は水が抜けると動きようがありませんから。
 
 乗車ポジション的にも、有名な「二輪二足」を可能にする低シートとか、「どこでもUターン」(命名俺)ができるハンドル切れ角とか。
 
 発売当初こそ(決して高くないエンジン出力とあわせ)「小柄で非力な女の子向け」とか揶揄されてましたけど、結果的にこの乗り易さがトレールモデルとしてここまで長く売られてきた(売れた)大きな要因だと思いますし、魅力だと思います。
 
 
 なので、新しいセローにもこのポリシーは残して欲しいんですよね。
 
 
 エンジンは空冷がベスト。
 でも先のFZ25のエンジンが新国内規制に適合しているって情報が見当たらないので水冷化かも?それでもできるだけシンプルな構成で。
 
 複雑な構造でない車体周り。バラしたり組んだりが楽なように。
 
 軽量無比の車体。225並みは無理としてもなんとか現状維持を。
 
 そして何より足つき抜群の低シート。これは是非に是非に。
 
……こんな新型セローだったら本当に嬉しいです。
 
 
 セローには独特の、良い意味での中庸性・汎用性があります。
 
 ここのところ、CRFやヴェルシス、V-STROMとオフ系250cc単気筒モデルが賑わってますよね。
 
 新セローももちろんこれらを意識しないはずはないんですが、あまり一時の流行に流されて欲しくはないかなと。
 
 普通に、シンプルに、飾らずに。
 
 現行ツーリングセローは凄い魅力のあるバイクですが、それもベースセローあってのバリエーションモデルなわけですから。
 
 
※あ、そしてこれは心配していないんですが、もちろん新型もメインカラーは緑、なんですよね?

20170427
※そしていつの間にか俺が(中古で)セロー買ってから10年以上が過ぎててびっくり。(再)
 
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


 

| | コメント (0)

2017.04.20

serow 一期は夢よ、ただ狂え (違)

 そんなわけで、先の土日は両日ともセローで出かけまして。 
 
 まぁ出かけましてと言うか、「ヤボ用を兼ねてのちょい乗り」ですけれど。
 
 
 土曜日は前々からチェックしていたお店へ昼飯を食べに。
 
 そしてまたやってしまったんですねぇ。
 
 出発前、セローを暖機していて「そうだアレ積んでおかなきゃ」ってガレージでごそごそして、出発して、ほこほこ走って、お目当てのお店に着いて、どれとバイク降りたら、「あれ?ウエストバッグは?!」
 
 いつも使ってるウエストバッグが腰に無い。
 
 「うわー!!!中には財布がカードが!」って真っ青になって、落としたとすればどこでだ?とよくよく考えると、なんとなく着けて出た記憶が無い(をい)
 
 ええ、ガレージに戻ったらちゃんとテーブルの上に置いてありましたよ。
※ごそごそやった時に置き忘れた
 
 そして先に「また」って書いたのは、まったく同じ事をこの2月にもやらかしてるから。
 
 もうね、阿呆かと、莫迦かと。
 
 これ近場だから良かったものの、ロングツーリング(もしくはツーリング先)でとか考えると……(ぶるぶる)
 今後はより一層気をつけますです、ハイ。
  
※そしてこの2月の時の話、確かBLOGに書いたよな?と思って探したけど見つからなかったり。
 あれは夢でもあったのだろうか?(これまた忘)
 
 
 日曜日はヤボ用片付けに出て、帰りに茂木-益子-真岡辺りを周ってみて。
 
 すっかり散ったと思ってた桜ですが、あちこちで桜吹雪が見られて大満足。
 
 各所道の駅で見かけるバイクの数も増えてました。
 
 でもねぇ、その分マナーがアレな輩も(略)
 
※友人にバイク自慢したい気持ちはわかるけど駐車場でレーシングするのは単なる馬鹿。
 
 
……というわけで、両日で走った距離はトータル150kmくらい。
 
 気温も高くて汗ばむほど。
 これならそろそろ冬支度はしまいこんでも大丈夫かな?北の山はまだまだ寒そうではあるんですけれど。
 
 
20170420
※どこへでも気軽に入れるセロー万歳
 
 
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


| | コメント (0)

2017.01.29

serow 初走りには箱を積んで

 そんなわけで一月末の今日、今年初めてセローのエンジンをかけまして(をい)
#だってー、仕事忙しいし自転車にも乗らないといけないしー
 
 1か月ぶり&真冬にも関わらずセル一発で始動。
 うん、さすがは俺のセロー。んでもセルの回りがちょい弱かったので後で充電してやりましょう。
 
 空はちょい曇ってますが気温は10度と比較的暖かく、まぁまぁのバイク日和。
 鬼怒川の土手をポタポタと南下します。
 
 セローのリアには作ったばかりのホムセン箱。
 
 これには寿命を迎えてしまったデカバッグに代わって今後頑張ってもらわなきゃいけないんですよね。
 なので今日はそのダメ出しテストのつもり。空荷ではテストにならないのでその辺にあったものを適当に詰め込んであったりもします。
※例によって出来上がったらまたレポートを。
 
 土手をがーっと走って、河原へ降りてどばばばばとやって。
 
 「うん、まぁ異音もないし大丈夫なんじゃない?」(適当)
 
201701291
※どばばばばの図
 
 
 でもまぁ、やっぱ久しぶりにセローで走るダートはやっぱ気持ち良くて、ついつい予定より先まで進んでしまって。
 
 「しまった、今日は夕方からヤボ用があるのに!」と慌ててUターン。
  
201701292
※丁度行き当たったところでもありますし。 
 
 
 帰りは頑張って(?)早めに帰宅。
 
 今日の走行距離は100kmちょい、久しぶりのちょい乗りとしては丁度良い距離だったかも。 
 
 そうそう、忘れないうちにバッテリーに充電器をつないでっと。
 
※昼は通る毎に気になっていた麺屋にIN。なかなか美味しくて〇だけどお値段もそこそこでしたとさ。
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


| | コメント (0)

より以前の記事一覧