カテゴリー「2.YAMAHA セロー」の記事

2017.04.27

serow (勝手に)セローのフルモデルチェンジに向けて

 んじゃここらで一度、セローのフルモデルチェンジに関してぶつぶつ言ってみますかね。
 例によってこれまでこのblogとかTwitterとか他(謎)で呟いてた事のまとめとして。
 
 
   ★
 
 
 状況からするに、現行250ccの今年(2017)中のフルモデルチェンジは間違いなさそうです。
 
 なんてったって現状のままじゃユーロ4が通らない。まぁセローは国内モデルなんでユーロ4は関係ないんですが、これに準拠した国内規制が通らない。
 
 加えてABSも付けなきゃいけないし、もしかすると故障センサ(四輪で言うOBD2)も必要になる。
※それともFIになった時点で故障センサは付いてるのかな?
 
 現行車をあれこれ弄るんじゃなく「ならフルチェンジで」ってなるのも致し方ないでしょう。
 現に他メーカー・他車種からもこの時期に生産中止のお知らせが続々と発表されていますし。
 
 
 さて、んで新しいセローがどうなるか?どうなって欲しいかなんですが。
 
 
 ちょい前、インドでFZ25ってバイクが新発売になりました。
 
 250cc空冷単気筒で20PS
 エンジンはヤマハ新型のBLUE COREってシリーズなんですが、外観が今のセローのエンジンに良く似てる。
 これが新型セローのエンジンなんじゃないか?なんて騒がれました。
 
 新しいセローが空冷なら、これ大歓迎すべきところです。
 
 
 セローは開発当初から「出先(山)でトラブルになってもなんとか帰って来ることができる」がポリシーだったと聞いています。
 
 各種サポートバーの意味しかり、保安部品の配置しかり。
 
 空冷ってのも重要な要素です。水冷は水が抜けると動きようがありませんから。
 
 乗車ポジション的にも、有名な「二輪二足」を可能にする低シートとか、「どこでもUターン」(命名俺)ができるハンドル切れ角とか。
 
 発売当初こそ(決して高くないエンジン出力とあわせ)「小柄で非力な女の子向け」とか揶揄されてましたけど、結果的にこの乗り易さがトレールモデルとしてここまで長く売られてきた(売れた)大きな要因だと思いますし、魅力だと思います。
 
 
 なので、新しいセローにもこのポリシーは残して欲しいんですよね。
 
 
 エンジンは空冷がベスト。
 でも先のFZ25のエンジンが新国内規制に適合しているって情報が見当たらないので水冷化かも?それでもできるだけシンプルな構成で。
 
 複雑な構造でない車体周り。バラしたり組んだりが楽なように。
 
 軽量無比の車体。225並みは無理としてもなんとか現状維持を。
 
 そして何より足つき抜群の低シート。これは是非に是非に。
 
……こんな新型セローだったら本当に嬉しいです。
 
 
 セローには独特の、良い意味での中庸性・汎用性があります。
 
 ここのところ、CRFやヴェルシス、V-STROMとオフ系250cc単気筒モデルが賑わってますよね。
 
 新セローももちろんこれらを意識しないはずはないんですが、あまり一時の流行に流されて欲しくはないかなと。
 
 普通に、シンプルに、飾らずに。
 
 現行ツーリングセローは凄い魅力のあるバイクですが、それもベースセローあってのバリエーションモデルなわけですから。
 
 
※あ、そしてこれは心配していないんですが、もちろん新型もメインカラーは緑、なんですよね?

20170427
※そしていつの間にか俺が(中古で)セロー買ってから10年以上が過ぎててびっくり。(再)
 
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


 

| | コメント (0)

2017.04.20

serow 一期は夢よ、ただ狂え (違)

 そんなわけで、先の土日は両日ともセローで出かけまして。 
 
 まぁ出かけましてと言うか、「ヤボ用を兼ねてのちょい乗り」ですけれど。
 
 
 土曜日は前々からチェックしていたお店へ昼飯を食べに。
 
 そしてまたやってしまったんですねぇ。
 
 出発前、セローを暖機していて「そうだアレ積んでおかなきゃ」ってガレージでごそごそして、出発して、ほこほこ走って、お目当てのお店に着いて、どれとバイク降りたら、「あれ?ウエストバッグは?!」
 
 いつも使ってるウエストバッグが腰に無い。
 
 「うわー!!!中には財布がカードが!」って真っ青になって、落としたとすればどこでだ?とよくよく考えると、なんとなく着けて出た記憶が無い(をい)
 
 ええ、ガレージに戻ったらちゃんとテーブルの上に置いてありましたよ。
※ごそごそやった時に置き忘れた
 
 そして先に「また」って書いたのは、まったく同じ事をこの2月にもやらかしてるから。
 
 もうね、阿呆かと、莫迦かと。
 
 これ近場だから良かったものの、ロングツーリング(もしくはツーリング先)でとか考えると……(ぶるぶる)
 今後はより一層気をつけますです、ハイ。
  
※そしてこの2月の時の話、確かBLOGに書いたよな?と思って探したけど見つからなかったり。
 あれは夢でもあったのだろうか?(これまた忘)
 
 
 日曜日はヤボ用片付けに出て、帰りに茂木-益子-真岡辺りを周ってみて。
 
 すっかり散ったと思ってた桜ですが、あちこちで桜吹雪が見られて大満足。
 
 各所道の駅で見かけるバイクの数も増えてました。
 
 でもねぇ、その分マナーがアレな輩も(略)
 
※友人にバイク自慢したい気持ちはわかるけど駐車場でレーシングするのは単なる馬鹿。
 
 
……というわけで、両日で走った距離はトータル150kmくらい。
 
 気温も高くて汗ばむほど。
 これならそろそろ冬支度はしまいこんでも大丈夫かな?北の山はまだまだ寒そうではあるんですけれど。
 
 
20170420
※どこへでも気軽に入れるセロー万歳
 
 
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


| | コメント (0)

2017.01.29

serow 初走りには箱を積んで

 そんなわけで一月末の今日、今年初めてセローのエンジンをかけまして(をい)
#だってー、仕事忙しいし自転車にも乗らないといけないしー
 
 1か月ぶり&真冬にも関わらずセル一発で始動。
 うん、さすがは俺のセロー。んでもセルの回りがちょい弱かったので後で充電してやりましょう。
 
 空はちょい曇ってますが気温は10度と比較的暖かく、まぁまぁのバイク日和。
 鬼怒川の土手をポタポタと南下します。
 
 セローのリアには作ったばかりのホムセン箱。
 
 これには寿命を迎えてしまったデカバッグに代わって今後頑張ってもらわなきゃいけないんですよね。
 なので今日はそのダメ出しテストのつもり。空荷ではテストにならないのでその辺にあったものを適当に詰め込んであったりもします。
※例によって出来上がったらまたレポートを。
 
 土手をがーっと走って、河原へ降りてどばばばばとやって。
 
 「うん、まぁ異音もないし大丈夫なんじゃない?」(適当)
 
201701291
※どばばばばの図
 
 
 でもまぁ、やっぱ久しぶりにセローで走るダートはやっぱ気持ち良くて、ついつい予定より先まで進んでしまって。
 
 「しまった、今日は夕方からヤボ用があるのに!」と慌ててUターン。
  
201701292
※丁度行き当たったところでもありますし。 
 
 
 帰りは頑張って(?)早めに帰宅。
 
 今日の走行距離は100kmちょい、久しぶりのちょい乗りとしては丁度良い距離だったかも。 
 
 そうそう、忘れないうちにバッテリーに充電器をつないでっと。
 
※昼は通る毎に気になっていた麺屋にIN。なかなか美味しくて〇だけどお値段もそこそこでしたとさ。
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


| | コメント (0)

2016.10.13

serow アングリーバッグ

餃子オフの参加者募集中です!とか3連休に行った福島ツーリングとかVMAXに買った小物とかいろいろネタはあるんですけどね。
 
 
 実は夏の北海道ツーリングで愛用の60Lデカバッグ(RSタイチのテールトランク)がとうとう寿命を迎えてしまったようなので、新たなる品物を探すか、大改修して蘇らせるかの選択を迫られてたりします。
※そもそもこのバックは~的な事は7月の末に書いたので略。
 
 ホント、どうしますかね?
 
 まぁちゃっちゃとホムセン箱買って改造始めろって話なんですけど、どうしてもこの「転ぶと壊れる」ってのがねぇ。
 
 作るとすれば、今セローに付けている小型ケース(ちょい乗り用)みたいに取り付けに「遊び」作って、いざという時に逃げるようにはするつもりなんですけど。
 
 
 それにしても、なんでああいうバッグが無くなってしまったんでしょうか。
 
 確かに当時としては高価(2万円オーバー)ではあったんですが、結構数売れていたはずだし、今はそれ以上の値段のやつが売られてるし、何よりWEB探すと俺同様「あんなの無いかなあ」って探している人が結構いるんですよ。
 
 今出しても売れると思うんだけどなぁ…
 
 仕様的には、
・フレーム付ソフトバッグ、でも上にも荷物を乗せられるくらい頑丈に。
・蓋は上にガバっと開く。
・メイン室は完全防水。
・大型ポケットが2箇所くらい、これは非防水で良い。
・各種フック付き。
・幅は60cmまで。できれば55くらい。
・高さ40cmくらいで抑えてその分奥行きを大きく
・メイン室だけで60Lオーバー
 
…こんな感じですかね。
 
 各社のシートバッグ見てると、上の仕様でも2万円ちょいでできそうに思えたり。
 シンプルな防水バッグって、ホント需要あると思うんですけど。
 
※俺にプロデュースさせてくれればなぁ…(をい)
 
 
20161013
【撮ったはいいが使い道の無い画像をなんとかしようキャンペーン】 
※俺はこのローストビーフの画像を撮ってどうするつもりだったのだろう? 
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


| | コメント (0)

2016.07.29

serow 箱積みます?

※えー、昔「風します?」って漫画が(蛇足)
 
 いえね、ずーっと悩んでるんですよ。ロングツーリング時限定ではあるんですが、セローにホムセン箱(アイリス箱)の類を積むかどうかを。
 
 
 技術的(?)には何の問題もなくて、定番品も判ってるし、WEBには先達が沢山いるし、やろうと思えばすぐに作れる・積めるわけなんですけどね。
 
 なんで悩んでるかっていうと、作っても使うかどうかわからないから。
 
 とにかく今使っているバッグの使い心地が良すぎるんですよ。
 
 
 何度か書いてますが、愛用してるRSタイチのテールトランク(ステイブルテールトランク…だったっけ?)、容量60L
 
 フレーム入りの自立式。なのでバッグの上にもいろいろ積める。
 
 完全防水(カバーも付いているけど汚れ防止的な意味)
 
 上ガバ開きで出し入れ簡単。
 
 幅が500mmに抑えられていてすり抜け問題なし。
 
 左右後ろに3つのポケット。雨具とかロック系とか、出先で必要なもの入れとくのに至極便利。
 
 ガチガチフレームではないので転倒しても壊れる心配は小。
 そして例えフレームが壊れたとしてもバッグとしての機能は残る(はず)
 
 弱点は重いことくらいかな?
 
 なので荷物満載で丸ごと運ぶのはできるだけ避けるようにしてるんですけどね。
 
 
 何しろこのバッグ、買ったのはなんと2000年のミレニアム品(なんだそりゃ)
 
 さすがにボロボロで、ストラップは1つ壊れてるし(1つしか壊れてないという見方も)
 
 擦れて穴空いてるし(それでも防水機能が生きているのが凄いという意見も)
 
 フレームは歪んでて上にテント積むと潰れるし(でも積めるのは積めるという考え方も)
 
 でも凄い使い心地がいいんですよ。(再)
 
 
 「なんで今はこういうの無いのかなぁ…この仕様マンマで20k円位で出たら即買いなんだけどなあ…」
 
 今の技術ならもっと軽く作れるでしょうからねぇ。
#需要あると思うんだけどな…
  
 
 実は、ホムセン箱については2005年(これも古い)に一度検討済み。
 そしてその後ウヤムヤに。(をい)
 
 一度作りはしたんですけどね。
 でもなんというか、ピンとこなかったというか、積む気にならなかったというか。
 
 一番の心配は、先に書いた中での「出先で壊れないか?」
 
 使うのはセローオンリー。(さすがにVMAXには積まん!)
 
 あちこちへ突っ込んでいくので、常にいざという時の事を考えておきたいわけです。
 
 転倒して箱がバラバラになって、散らばった中の荷物を眺めながら呆然とする状況だけはなんとしても避けたいわけでして。
 
 
 ホント、どうしようかなぁ?
 
 作るなら夏のツーリング前の今の時期が一番いいんですけどねぇ…
  
 
20160729_2
※せっかくなので2000年のバッグ初出時の画像でも。(あ、グローブがグリップスワニーだ)
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


| | コメント (0)

2016.07.21

serow アドベンチャースクリーンに酒パワーを

 じゃん!
 
201607210
 
 
 いや、先日思いついて試してみたら、あまりにどんぴしゃりだったので嬉しくて(笑)
 
 ツーリングセローのアドベンチャースクリーンの鳥居のパイプって、ちゃんと端に蓋(キャップ)が付いてるんですが、これが外れやすいんですわ。
 俺なんか最初に接着剤付けておいたのにもう2個無くしちゃってるもの。
 
 でも無いと困るし(←錆び)買うのも悔しいので「なんか使えないかなー」とごそごそやった結果がこれ。日本酒(もしくはそれに類するビン)の蓋・キャップ。
 
 これがまぁどんぴしゃりのサイズだったわけでして。(再)
 
 挿入部が長いから外れにくいはず、そしてたとえ外れてもダメージはゼロ。
 むしろ新しいキャップに換えられて嬉しいかも。
 
 恰好いいかどうかはさておいて、酒飲みにはお勧めできますよ。
 ええ、ツーリング先でのネタとしてもね(笑)
 
 
 201607211
※とりあえずは久保田で。あとで四季桜とか東力士とかも探しておかなきゃ。(栃木県民的な意味で)
 
 
  
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (2)

2016.07.12

serow 暑ちぃ散歩

#そんなに暑くはなかったです(をい)
 
でまぁ、日曜日はついセローで出かけちゃいまして。
 
 ちょい弄ったセッティングの感触とか、お盆の長距離ツーリングに向けての確認とか一応名目はあったんですが、ま、「天気が良すぎて出かけずにはいられなかった」ってのが正直なところでして。
 
 行き先は日光方面。日光街道をとことこと北上。
 
 日光の市街から見上げる山にはしっかりとした白雲がかかっていて心配させられたんですが、いろは坂上がったら綺麗な青空が広がってました。
 
 中禅寺湖畔で前から気になっていたダートがちゃんと抜けていることを確認して、戦場ヶ原でいつもは閉まっているゲートが開いていて「入れるのかな?」と悩んで。(でもヤメときました。
 
 金精峠は頂上のトンネルの内壁が妙に新しく。春先に改修でもされたのかな?
 
 群馬県へ入ってとうもろこし街道。
 街道沿いで地元の野菜(もちろん焼きとうもろこしも)を扱う出店のオープン率は1/4くらいかな?メインのシーズンは梅雨明け後なのでこれは仕方なし。
 
 この辺りで時刻はお昼。飯屋を探すんですがこの付近にあるのは軒並み蕎麦屋なわけです。
 
 蕎麦は大好きだけれど実は昨日の昼も蕎麦だったり。どーしよっかなーと考えて走っていたら、これまで気づかなかった喫茶店を発見しました。
 入ってみたら、ちゃんとした(?)飯が食えました。ここは今後も利用させてもらうとしましょう。
 
 予想外にたっぷりと食べてしまったので、予定していた出店での焼きとうもろこしはパスで。
 ここへ来る機会はこの先たっぷりとあるので大丈夫。
 
 帰りは同じルートを戻るんですが、途中でいつぞや発見した「ちょい林道」を覗きにいって。
 大木の立ち並ぶ森林は緑が深くて凄い綺麗。前回は冬だったのでその違いに驚かされました。
 
 そしてそんな緑に感動しながら走っていたら、脇の藪がガサッ!飛び出してきたのは小熊……じゃなくタヌキ。
 あーびっくりした、ってか、道端の木の陰に入ったあとずっとこっち観てたけどバイクが珍しかったのかな?
 
 動物が多いということは熊も?なので、時おりクラクションを鳴らしながら林道を出て。
 
 国道へ戻っていろは坂の下り。下りは重力を活用できるのでセローでも楽しく走れます。
 そしてカーブのイン側に数台の車を連ねて停めていたのがS660のグループ。
 いろは坂は駐停車禁止とかのヤボなことは言わないけれど、停める場所はもうちょい考えてくれないと危ないかもね。
※例えトラブルによる停車だったとしても。
 
 日光市内では取り回しの良さを生かして、普段はなかなか入り込めない路地裏の探索とかも。
 いや、「どこでもUターン(但し砂地を覗く)」はやっぱ偉大だわ…
 
…とまぁ、半日使って200kmちょい走りました。
 晴天のお出かけには丁度良い距離・時間だったかな?でもその分、片付けるはずだったヤボ用ががががが…
 
<俺メモ>
・セッティングはこれで。
・もうちょいしたらオイル交換。
・クラッチはまだ大丈夫。
 
20160712
※午後、怪しい雲が出てまたまた心配させられたけれど、さすがにまだ夕立の時期ではなかったようで。
 
 
 
  
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


| | コメント (0)

2016.06.27

serow 行き止まりの挽歌2

でまぁ、日曜日はあまりの天気の良さについ出かけちゃいまして。
 
 バイクはセロー。
 実は先にレポしたブレーキに加え、他にもいろいろと弄ってたりします。
 なのでその最終確認的な意味もこめて。ええ、8月にはまたこれで北海道を走りたいですからね。
 
 さて、とりあえずと鬼怒川方面へと走って五十里湖の旧道を抜けて水辺でふうと一息ついて。
 
 湯西川温泉まで行って、落盤につき通行止めという噂の福島へ抜ける林道の確認をして。
 
 戻り道は湯西川ダム湖沿いの旧道を探索しながら。
 
 今は高台をトンネルでびゃーっと一気走りできる湯西川温泉への道。ダムができる前は引くい位置の川沿いをくねくね曲がりながら続いてました。
 
 この道が今でもところどころ残っているので、セローでぱたぱた入ってみたり。
 
 もちろん最後は閉鎖、もしくは「関係者以外通行止め」。それでもそのドン詰まりまで行く道がなかなかに楽しくて、ついあちこち周ってしまいました。
 
 それにしても、こういう時にはセローの操作性の軽さってのがとてもありがたいんですね。
 車体の軽さもちろんとして、ハンドルの切れ角とあいまった「どこでもUターン(但し砂地を除く)」とか、羽のように軽いクラッチとか。
 道がどんなに狭くなっても「ま、なんとかなるさ」ってのはとても安心できるものです(笑)
 
 最後に遅い昼飯に道の駅で「ダムカレー」を食べて業務終了。
 いや、楽しい日曜日でした。
 
 結局セローは問題なし・むしろ正解(?)を確認、あとは時期をみてのオイル交換くらいのみ。
 
 そういえば頭にちらりとだけ「クラッチ板」という言葉が浮かんだんですが、さてどうしましょうか。
 
 
20160627
※今は6月にも関わらず渇水状態なので、新しい橋の上から旧道が見えたりとか。満水の時には水没してるんでしょうね。 
 
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


| | コメント (0)

2016.02.15

serow 土曜日はちとデンジャー【苦】

でまぁ、土曜日は久しぶりにセローで出かけまして。(←既視感)
 
 天気予報がいま一つだったわりに青空が広がってて暖かくて……ってのもありますが、何しろ2016年になってまだセローのエンジンかけてませんでしたからね。昼過ぎにちょい時間ができたので散歩がてら出てみようかなと。
 ま、いいんです、ホントのところ理由なんかどうでもね。
 
 2ヶ月ぶりのわりにセローはセル1発で始動。空気圧チェック(これもあまり減ってなかった)だけで出発OK。
 
 そしてまぁ、いつもの川原へ出たら暑い暑い。
 「気温上がるって言ってもまだ2月だし」と冬装備で出かけたんですが、インナーを1枚脱ぐハメになりました。
 そして冬グローブの中で汗をかく始末、あとで調べたら20度くらいまで上がってたそうで。
 
201602151
※これは当日のツイッターでも使った画像
 

 で、ジャケットのファスナー下ろしたまま、いつもどおり川原を北上していったわけなんですが。
 
 どうも雰囲気が違う。川原の道も川の流れも覚えていたのとズレがある。
 どうやら去年9月の洪水の影響はかなり大きかったようでして。
 
 ニュースになった鬼怒川の堤防決壊というのは宇都宮からすると南なんですが、今走ってる北側にもかなりの変化が出てました。
 中州が無くなってたりとか川岸がえぐられてたりとか倒れた木々が塞いでいたりとか。
 もう半年近く経つんですけどねぇ。
 
 そういえば、去年別の川原を走っていて「なんか荒れてるなぁ」って感じたの思い出しました。
 あれも大雨の影響だったんでしょう。普通の姿を知らないから気づかなかっただけでね。
 
 それにしても、普段何気なく見て走っている場所が、何かを境に一気に変わってしまうってのは驚きですね。
 「自然の力って凄い」のと同時に、今見えている景色・姿がいつ変わってもおかしくないというのはちょっと怖くもあったりとか。
 
……とかとか、いろいろ考えさせられた散歩でした。
 
 
 さて、今日走った距離はほんの50kmほど。
 それでも上ったり降りたり滑ったり、久しぶりのオフロードは充分楽しく遊べました。
 
 もう少し温かくなったらまたやりますかね。そう、例のオフオフ(オフロードのオフ会)って奴を。
 
201602152
※撮ったはいいが(略)なんとか(略)
 
 
 

 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

2015.05.22

serow 30th Anniversary Are Go!Go!

前BLOG:http://akira.txt-nifty.com/blog/2015/04/index.html

…でまぁ、どうやら予定どおり出掛けられそうです→「セロー30thアニバーサリーミーティング」
 
 現地、静岡・山梨方面の日曜日の天気予報は、残念ながら「曇りのち時々雨」(金曜の15時現在)
 
 ピンポイントにその日だけ雨マークって事は、あれっすね、誰か強力な雨男が動こうとしてますね。
※思い当たる人は自粛するように。
 
 さて、だからというわけでもないのですが、好天が予想される土曜日に前のりすることにしました。
 
 土曜日早めに自宅を出て、お昼頃には富士山付近へ到着。
 午後は周囲を散策。ゆっくり観光とか見物とか、あとは林道とか林道とか林道とか。
 (でもなんかあの辺りはいろいろ難しそうなんだよな…)
 
 土曜の宿は予約済み。なので日曜日は午前中からイベントを見に行けます。
 
 問題の日曜日は…天気次第ですねぇ。
  
 あまりにもなら早めに引き上げるしかないんですが、天気予報ではそこまで悪くはなさそうだし。
 かといって遅くなるほど悪い予報だからぐずぐずしていたくもないし。
 でもでも翌日の予報はそう悪くないから「場合によってはどこかへ泊まってもう一日?」な気もするし。
※月曜は代休とりましたっ!(はぁと)
 
 さてどうなりますやら。
 毎回晴れ男晴れ男騒いでいる俺の晴れ男レベルが実はどのくらいなのか?お楽しみに。
 
#どこまで高速道路を使うべきか?にはまだ頭を悩ませていたりして。 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧