カテゴリー「4.Web本館・バイク総合」の記事

2017.06.26

今年の餃子オフ:秋実施へ

タイトルのとおり、今年の餃子オフは秋のピンクの小粒行楽シーズン実施とします。
 
 いやもう、7~8月の予定がどうにもならないというか、まるっきり判らない感じでして。
 
 ええ、でもお盆は休みますけどね。【決心】
 
 2年連続の秋実施は初めてかな?
 日程はまた後ほどということでよろしくです。
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

2017.06.20

今後、すべての千鳥走行で 【偉そう】

※タイトルは中島らもの小説からなので偉そうなわけじゃありません!
  

 えー、「何を今更」ではあるんですが、複数台のバイクで走る時の原則に「千鳥(ちどり)走行」というのがあります。
 こういう奴。
201706202

 
 つまり、複数のバイクが左右交互に車体をズラして2列で走るわけで。
 
 なんで「千鳥」かっていうと「千鳥が飛ぶ様に似てるから」らしいんですが、俺的には「酔っ払いの千鳥足」からなんじゃないかなとか勝手に思ってます。
#あ、千鳥足も元は同じかも?
 
 
 さて、んでこの千鳥走行。
 
 推奨されるのにはもちろん訳があるわけで。
 
 曰く
■前が見やすい。
 
■障害物があった時(左右にスペースがあるので)回避し易い。
201706203 
 
■信号待ちでは横に並ぶことで列を短くできる。
201706204
 
……なので、大勢で走る時にはこの方法がデフォルトというか言わずもがなになってるんですね。
 
 んで、それを踏まえてなんですが。
 
 
 マスツーリングに参加、あるいは幹事をやらせてもらう事もある俺としては、他にもいろいろコツというか「こうしてくれるとなー」な事があります。
 
 
 例えば、
■「2番目は重要ポジション」
 
 マスツーの先頭ってのは、気にしなきゃいけない事がとても多いんです。
 
 ルートとか、混雑とか、路面状況とか、列が切れないかとか。
※そして周りに莫迦な四輪がいたりしないかとか。
 
 なので、できれば自由に動きたい。時と場合によってラインを変えたい。
 
 でも千鳥走行をしていると、前が動くと後ろはその反対側へ動かなきゃいけないんですね。
201706205_2

 これは非常に面倒くさいし、列が長いと整列するまで時間もかかる。
 
 こんな時、2番目が「俺は内(外)側!」ってがっちり固定してくれるとその後ろが動かずに済むんです。
201706206
 
 先頭が位置を変えても2番手以降の隊列は動かない。
 こうしてもらえると、先頭も中で走るメンバーも、ホント楽になるんですよ。
 
 
 そしてこれ、
■「殿(しんがり:最後部)は目立つように」
 
 先頭を走っていて一番気になるのが「皆ちゃんとついてきてるかなー」ってこと。
 
 なので最後部は、先頭から見えやすい位置にいて欲しいわけです。
 
 時と場合によりますが、センターライン側にいてくれると先頭から見やすいことが多いですね。
201706207
 
 位置に加えて、目立つバイク(形状とかライトとかが)だとより確認しやすいわけで、そんな理由で最後尾をお願いすることもあったりとか。
 もちろんベテランの信頼できる人ってのが大前提ではありますが。
 
  
……とまぁそんなわけで、「2番目と最後部は重要だぞ!」という話でした。
 
  
 そういえば、マスツーリングのノウハウとして、「初心者は2番目に」とか言わることがあります。 
 でも俺は先の理由から、「3番目以降が良いんじゃ?」って思います。できるだけ前の方が無難なのは間違いないところですけれど。
 
201706208
※「真ん中」が楽に安全に走れるのがマスツーリングのあり方かなと思ったり。
 
 
 
#本当の大勢の場合には中間にベテランを配して……とかもあるけれど、これは状況によって変わりすぎるからなぁ。
 
 
 
 ◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

2017.06.02

今年の餃子オフ:検討中

まぁ、タイトルのとおりなんですけどね。
 
 去年、久しぶりに秋に実施した毎年恒例餃子オフ
  
 なので今年はまた夏に……と思ってはいたんですが、どうにも7~8月のスケジュールが決まらない。
 
 ぶっちゃけ、いろいろと慌しくなりそうなんですよね。
 お盆に予定していた北海道ツーリングもどうなるか判らないくらいに。
 
 なのでもう少々お待ちください>楽しみにしてくれてる方々。
 
 なるべく早い時期に決めますので。
 
 今のところ、夏実施:秋実施が5:5という感じです。
 
※オフオフもやりたいんだけどなぁ……
 
 
 
 

◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


| | コメント (0)

2017.05.27

【サイト更新】VMAX、セロー小ネタ

本館更新しました~
 
 「その後」のネタをちょっとだけ。

 でもこういうフォローって結構重要だったりしませんか?
 「あれ付けた」「これ買った」はよく見るんですが、「その後どうなったか」ってのはあまりみかけないんですよね。【手前味噌】
 
 さーて、んじゃそろそろVMAXのスクリーンを夏仕様に変更しますか!
 
 20170527
※これは次回の小ネタ(のはず)
 
 
 
 
 

◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (0)

2017.05.20

【HP更新】ゴールデンウイークツーレポ(後編)

本館更新しました~

 四国ツーレポの後編・完結。
 ええ、頑張って書きましたとも!
 
 これで宿題が一つ片付いて一安心、さて、もう一つの宿題に取り掛からなきゃ。

 
 
 
20170520
※剣山林道でも携帯が通じる場所があるんですねぇ。 
 
 
 
  

◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

2017.05.14

【HP更新】ゴールデンウイークツーレポ(前編)

本館更新しました~
 
 四国行きの前編です。
 ええ、メインの林道ツーリングまではたどり着いていませんとも!
 
#次の週末までにはなんとか……なるかな?

  
 20170514
※UnNamed Road!
 【撮ったはいいが使い道の無い画像をなんとかしようキャンペーン】
 
 
 


◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

2017.05.10

エネルギー充填120% (無理)

でまぁ、ゴールデンウィークはセローで四国を回ってきまして。
 
 詳細は例によって後日ツーレポで!なんですが、ツーリング中困ったことが起きました。
 
 それは「走行中スマホの充電ができない」ってこと。
 
 
 初日は何も問題なくて、2日目に突然発生。
 
 走ってる最中、何気にスマホ見て「残量2%」って出てて大慌てですよ。
 
 何しろ走行中にはスマホでGPSログを録っていて、これあてにして経路の手書きメモを採ってなかったんですからね。
 
 
 電源はセローに付けたUSBに接続していて、きちんと充電ランプも点いている。
 
 でもどうやら充電されていない。
 
 
 幸いモバイルバッテリーを持っていたのでこれ付けて急場をしのいで。
 
 でもGPSを受信しなきゃいけないから、繋いだままバッグの中ってわけにはいかない。
 いいかげんに充電したところで外してまたハンドルに付けて。
 
 できるだけ画面表示を切るようにして、使う頻度は最小限に。
 
 それでもみるみる減っていく残量表示が心臓に悪いことといったら!
 
 
 いやぁこれ、てっきりセローのUSBの故障(もしくは俺の取り付けミス)だと思ってたんですが、結果的には接続ケーブルの不良でした。
 
 結構過酷な使い方(雨とかダートのホコリとか)してきたので仕方ないかも。
 そしてケーブル不良でも充電ランプって点くことあるんですねぇ。
 
 
 ツーリング後半は違うケーブルに交換して問題なし。
 まぁ長すぎてハンドル周りが大変なことになってましたけど。
 
 そして「予備のケーブルは必要だよな」とか「ウエストバッグに入れたバッテリーからハンドルまで届くくらい長いケーブルがあるとより安心だな」」とか考えてしまったり。
 
 
 以前はスマホなんて付けてなくてもまったく平気だったんですけどねぇ。
 
 いやー、人間、一度贅沢を知ってしまうとなかなか元へは戻れませんわ(笑)
 
 
20170510
※阿波踊り専用エナジードリンク・アワライズ!
 【撮ったはいいが使い道の無い画像をなんとかしようキャンペーン】 
 
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


| | コメント (0)

2017.04.09

【HP更新】伊豆ツーレポ他

本館更新です。
 
 ツーレポはツーレポなのか?という疑問は真摯に受け止めます(?)
 「だってぇ、ほとんど走ってな(略
 
 用品レポページはレイアウト変更のみ。
 載せたり載せなかったりしてた品番他情報を一覧ページに入れてみました。
 これはあとでまた変更するかもです。
 
 
 さて、せっかくの週末なれど路面はウエット。
 溜まったヤボ用を片付けるとしましょうか。
 
 
 20170409
※ツーレポがあれなのでせめて使わなかった泥だらけのVMAX画像でも
 
 
 

◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

2017.04.04

2017 東京モーターサイクルショー NM4 GHOST IN THE SHELLモデル

 東京モーターサイクルショーで見たかったものの一つ。これがタイトルのNM4。
 
201704041
※実際のブースの暗さがこれくらいで。
 
 いえ、直前までこんなのが映画「GHOST IN THE SHELL」に出るとか、そもそもモーターサイクルショーに展示されるとか全然知らなかったんですよ。
 ええ、映画を楽しみにしてるので、事前情報はできるだけシャットダウンするようにしてまして。
 
 さて、そんなわけで、マンガ&アニメ版を実写化した映画・攻殻機動隊「GHOST IN THE SHELL」には、個人的に非常に期待と憂慮(?)をしているわけなんですが、それはさておき。(おくのかよ)
 
 
 ハリウッド映画、それもSF・アクションムービー使われるバイクに出てくるバイクといえば、BMWとかドカとか、あるいはトライアンフとかほとんどあちらのメーカーじゃないですか。
 
V8を称えよ!マッドマックスにはヤマハ車が大挙して出てたけど、面影探すのが大変なくらい改造されてたのでカウント外。
 
 そんな中、よりによって(?)ホンダ車が、しかも堂々たるウイングマーク付きで出てるってのは驚き桃の木山椒の木(昭和)なわけです。
 
 まぁ原作が日本のマンガ、舞台も日本(かどうか実は知らないんですが)ですからね。日本車ってのが一番適してはいるでしょう。
 
 俺的には、どうせならウイングマークはそのままで表記だけカタカナで「ポセイドン」とかでも面白かったんじゃないかなと思ったりしてますけど。(難)
 
 
 そんなこんなで、東京モーターサイクルショーのホンダブースの片隅に展示されてたNM4。
 
 これがねぇ、格好良いんだ。
 
201704043
※画像明るめに
 
 
 元々NM4は決して格好悪くはなく、むしろ俺好み。
 
NM4については以前ちょろりと書いた件
 
 それでもここまで格好良く、かつイメージが変わるとは思わなかったです。
 
 理由はいろいろあるんですが、うんうん考えるとやはり乗車ポジションの影響かなと。
 
 NM4のノーマルポジションは、極端に言えばアメリカンクルーザー風。
 
 まぁ「AKIRA」(漫画・アニメ)を目指す(多分)とこのポジションになるのは必然的なわけです。
 
 そして今回のはSSライクな前傾ポジション。
 
 結果、シートが上がって薄くなって、リア周りの重厚感というかメカメカしさが強調されます。
  
201704044
※リア周りの作りこみは結構実際的かも?(保安部品含む)
 
 
 フロントも変わってはいますが、こちらは純正ママでもSFチックなので問題なし。
 
201704042
※ほぼノーマル然のフロント周り 
 
 
 これがねぇ、格好いいんだ(再)
 
 
 細かい部分を別にしても、全体のスタイルがとてもスマート。
 
 カバードホイールとかスイングアームカバーとかはこの手の車両のお約束ですが、手垢にまみれた感じがしないのがさすがです。
 
#この辺りの近未来デザインの基本はやっぱブレードランナーのスピナーかなぁ……
 
 
 会場での展示は正面からのみ閲覧可。
 
 照明控えめだったのは各部のアラ対策ってことで仕方なし。
 
 んでもちょい粗いくらいが実用メカ的な雰囲気が出て俺は良いと思います。
 
 意外と言っては変ですが、しげしげ見ていて「あ、ちょい欲しいかも?」とか思っちゃいました(笑)
  
 
 さて、この車両が実際に走行できる状態なのかどうかはともかくとして、これのレプリカ的な奴が販売されたりしないですかね?
 
 ホイールカバーは熱的に無理かな?いや、ゴールドウイングとか見るとスリットいれればなんとかなりそうな。
 チェーン(スイングアーム)カバーは無くても大丈夫だけど、スイングアームに延長が必要かどうか。
 リアはこのままスカスカで、気持ちだけのタンデムシート付けて。
 保安部品の類も見た目ダメなところはなさそうだし。
 
 上手くやれば、凄い格好いいのができそうな気がします。
 
 ノーマルではクルーザーなNM4のスポーツ版ってことで、名前は「NM4-RR」ではいかがでしょう(笑)

※このBLOG、4/7の映画公開前にアップしておけば後で齟齬が出たとしても言い訳が(をい)
 
 
 
 
 
 
 
 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ


| | コメント (0)

2017.03.31

2017 東京モーターサイクルショー 250ccアドベンチャーモデル

 でまぁ、書く書く言って放りっぱなしだった東京モーターサイクルショーなんですけどね。
 
 当日、お昼前に現地に入って、それから5時近くまでゆっくりたっぷり遊べたんですが、帰ってきてからさてと考えるとあまり「これだ!」と言えるようなネタが無かったり。
 
 もちろん興味深いモノ・コトはあったんですが、体系立てて書くようなことでもないかなと。
 
 なのでまぁ、この先は思いついた時にでも(をい)個別にゆるゆる書こうと思います。
 
 
 さて、それでとりあえずはこれ。
 
 出かけたメインの目的、4メーカーの250ccアドベンチャー系(?)車両比較です。
 
 各車とも実物観るのはほぼ初めてなので「どんな風になってるのかなー」と期待してました。
 
※以下、画像がちょいアレなのは混雑のためと察してください。 
 
 
■ホンダ CRF250 Rally
  
201703311
 
 「んー、ガスマスクはやっぱガスマスクだなぁ」
 
 ヘッドライト脇のカーボン風リングが目立つ目立つ。
 
 アイデンティティといえない事もないですが、とにかく圧倒的な悪人顔。
 シールド周りを変更するような市販品でも出ればまたイメージは変わると思うんですが。
 
 俺的にコンセプトモデルのデザインに惹かれていただけに、この顔だけはちょい残念ですね。
 
 きっちりした各部の造りはさすがホンダ、というか価格(70万オーバー)なり。
 
 付いてるものは付いていて、不要なものは……ちょっと付いてるけど、多い分にはいいでしょう(?)
 
 エンジンも仕様変更されてがっちり本気仕様に、かどうかは不明なんですが、ノーマルCRFはちょいアレな噂がありましたからね。天下のホンダだけに悪くなっている事はないはずです。
 
 跨った感じ足つき問題なし。って、もしかするとこれローダウン仕様だったかも。(をい)
 
 
■カワサキ VERSYS-X 250 TOURER
 
201703312
 
 これも綺麗にできてました。
 
 画像とか雑誌記事だと「あれ?」と思うところもあったんですが、実車はごく自然で格好良し。
 
 ただ、跨ってハンドル握ったら狭いこと狭いこと。
 
 これ、ポジションは完全にオンロード車ですね。ダートでどうこうって気にはなれそうにないです。
 まぁタイヤ的にもがんがんオフへ入る車両じゃないんでしょうけれど。
 その分、街中でのすり抜けは楽かもですね。
 
 こちらも足つき問題なし。
 
 
■スズキ V-Strome250
 
201703313
 実車を観たかった本命。
 
 1000、650譲りのクチバシスタイルとデカい丸目が可愛い可愛い(はぁと)
 
 この外見は凄い俺好み……だったんですけどねぇ。
 
 跨ってみたら、メーターというかステアリング回りの雰囲気がどうにも気に入らない。
 
 ぶっちゃけて言うと安っぽい。
 実用車風で無骨、ならまだわかるんですが、妙にあざとく感じる安っぽさはいただけない感じです。
 
 足回りがほぼベース車両のGSX250Rのままってのもオフ車としては問題あり。
 これまたオフに入る気にはならないでしょう。(マフラー形状からしてダメだし)
 
 ただ価格的には(スズキのことだし)もしかするとGSX250Rより安く出るかも?
 
 なら売れるかなぁ?馬力は必要充分だし、何より見た目格好いいし。
 
 俺的には、多少値段上がってもいいから上半身このままで下半身をがっちり鍛え直して欲しいですね。 
 もちろんスポークホイール&ブロックタイヤ化で。
 
 
■ヤマハ serow250
 
 今更なので略(をい)
 
 
 
……というわけで、新型(予定)車3台を見た後でも、「やっぱツーリングセローが一番だよな!」って思っちゃいました(笑)
 
 そのセロー250も、今年中にはフルモデルチェンジするとかしないとか。
 
 いったいどんな風に変わるか、楽しみのような怖いような(笑)
 
※そして水冷化されてしまうかどうかにも。
 


◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧