カテゴリー「5.用品・備品」の記事

2018.07.03

Amazonにしてやられた的FUEL1

 でまぁ、仕事が忙しいとついAmazonで買い物をしてしまうわけでして(をい)
 
 
 先日も夏に向けて日焼け止めを購入。ほら、肌荒れが気になるお年頃ですからね。
 
 んでこの品物が6割引きだったのはいいんですが、「あわせ買い商品」ってのになってる。
 
 「なんじゃこりゃ?」と思ったんですが、「他と合わせて2000円以上にならないと買えない商品」らしく。
 
 ごく安価、もしくは割引率の高い商品が対象っぽく。
 
 単品で購入されるといろいろ足が出ちゃうんでしょう。
 
 もちろんプレミア会員でも駄目。
 
 「なんなら通常の送料払ってもいいからさぁ」って調べてもダメ。
 
 どうやっても2000円以上にならないと買えないんですな。
※他にも条件はあるらしいですが
 
 これはやはり昨今の輸送費高騰の影響でしょう、ま、俺はそれも健全かなとは思いますけどね。
 
 
 んじゃあと何買おうかな?って考えて、FUEL1にしました。
 
 
 これについてはサイトにもblogにも何度か書いていて。
 
 ガソリン添加剤としては唯一(OEM含む)信頼できる奴かな?なんて思ってるんですけどね。
 
 
 VMAXに使うのは3年ぶり……かな?
 
 エンジンパワーが衰えた気はしないし、アイドリングもびしっと安定。スロットルレスポンスも良好でまったく問題なし。
 
 なのでまぁ、機能復活というよりは予備的に使いましょう。
 
 
 というわけで買ったFUEL1ですが、実はまだガレージの棚に置いてある状態です。
 
 VMAXのタンク容量だと2,3回分。できれば連続して使いたい。
 
 なので長距離を走る時に入れようかなと。
 
 月中の3連休に出られればその時かな?んでも例によって浮世の義理が多くてですねぇ……
 
 
20180703
※おしゃれ喫茶のインスタ映えサンド。でもコストパフォーマンスがががが……
 【撮ったはいいが使い道の無い画像をなんとかしよう】
  
 
 
 
 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (0)

2018.03.30

アライ・VZ-Ramはプロシェードシステムの夢を見るか・2049(もはや何やら)

 でまぁ、丁度4年前(2014年)にこんな記事を書きまして。
 
 「アライ・プロシェードシステムはインナーバイザーの夢を見るか」
 http://akira.txt-nifty.com/blog/2014/04/post-dbd0.html
※この記事、題名が良かったのか今でも結構なアクセスがあったりとか(笑)
 
 
 アライ頭&新しいもの好き&シャイな俺にはばっちぐー(昭和)なプロシェードシステム。
 
 そして当時から、「これ、フルフェイスよりジェット(オープンフェイス)の方がメリット大きいんじゃね?」と思ったものです。
 
 なのでその後、事あるごと(イベントとか)にアライの中の人に「ジェットヘル用のプローシェードシステムは出ないの?出ないの?ねぇねぇねぇ?!」って聞きまくって、毎回「予定はありません!」って答え貰ってたんですけどね。
 
 
 「……出たじゃねぇかよ!!!」
 
 
 今年のモーターサイクルショーで発表された新しいオープンフェースヘルメット。
 Arai VZ-Ramに、オプションでプロシェードシステムが付くらしいです。
 
※例によって画像は各自検索してください。
 
 
 安全性が増したとかシールド交換がしやすくなったとかの新ヘルメットの機能はさておき(をい)
 俺的興味はとにもかくにもこのシステム。早速WEBを漁ってみるわけです。
 
 
 見た目は、シェード部分がフルフェイスに比べてかなり薄い。スモークシールドされる幅が狭い。
 
 これはどうなんでしょう?
 
 ジェットは視界が広いのがメリットだし、フルフェイスに比べて頭が起きた状態で使うシチュエーションが多いはず。上下幅はより広い方が有効に思えます。
 
 
 邪推ですがこの薄さ、アライが妥協できるぎりぎりだったんじゃないかなと。
 
 (フルフェイスより曲面のきつい)ベースシールドとの密着性。ハネ上げられる角度。走行時の風切り音。
 
 この辺りの要件がかなり厳しかったんじゃないでしょうか。
 
 そしてSZやMZシリーズでは出ず、新型のVZになってから適用されたのは、以前のベースシールドの形状ではこの妥協ですらできなかったのかなと。そんな風に思ったんですよね。
 
 いや、何一つ根拠ない勝手な想像ですけれど。
 
  
 でもまぁ薄い分、ハネあげてる時の違和感というかスタイルは良好。
 本当に「ヒサシ」って感じになって、木漏れ日林道ツーリングとかで重宝しそう。
 
 そして実質的に非常に重要な点である「下ろして目元を隠す」には充分だし、格好いいですね(笑)
 
 
 そんなわけで、実物見て被ってみるのを非常に楽しみにしています。
 
 ひぃふぅみぃと数えてみると、今使ってるMZももう7年目。この機にVZに買い替えても決してもったいなくは無し。
 
 んでもねぇ、フルフェイスのツアクロ2も、新しいアライXD(+プロシェード)に買い替えることが決定済みなんですよ(但しシルバー色待ち)
 
 さすがに一度に2個買うわけにはいきませんからねぇ……う~ん……
 
#何かのフラグではない……はず
 
 
 
 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (0)

2018.03.02

春のうららのツアーシェルケース2

 でまぁ、3月になって各ショップから春の用品がいろいろ発表されまして。
 
 TANAXからは俺も愛用しているツアーシェルケースに「2」が出まして。
 
http://www.tanax.co.jp/motorcycle/product.php?goods_id=6996
 
 
 外観……というかガワは多分今までと同じ。
 
 装着系の装備も同じよう。
 
 変わったのは、防滴インナーポーチが付いて、レインカバーが変更・オプションになったこと。
 
 
……インナーポーチとレインカバー?
 
 
 「うはは!やっと時代が俺に追いついてきたぜ!」
 
 以前うちのサイトのインプレでダメだしした部分がきっちり改善されてるじゃないですか!
 
 
 インナーポーチが名目「防滴」になってるのは密閉できていないから、だと思うので実用的な問題はなし。
 
 カバーも以前の見てくれ重視の透明ゴツゴツから、多少は伸縮性のありそうな柔らかいタイプ(多分)に変わっていて、これなら着脱の手間も減っているはず。
 
 やー、凄い凄い。やってくれましたねぇTANAXさん。
 
 
 もちろん俺のサイトを見てって事じゃないと思うんですが、同じ感想を抱いた人が多かった、そしてメーカーの中の人もそう考えたって事なんでしょう。
 
 ホント、雨の時さえ除けば、格好良いし便利だし汎用性あるし、良いバッグですからね。
 
#ま、個人的には「ならもう少し早く」と思わなくもなく。(をい)
 
 
 俺は現在、インナーポーチの代わりにポリエチレンカバー(ゴミ袋と呼ぶ人もいる)レインカバーはすっぱりあきらめ雨でも裸、で運用中。至極快適。
 
 
 さて、で、そのインナーポーチとやら。
 
 もちろん安価で別売もしてくれるんですよね?
 
 
 
※あと「フラッグホルダー」なる部分が追加になったけど、位置と角度的にちょい心配。(高速で走った時どうかな?)
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (2)

2018.01.30

温かきことは良きことかな、の2

 でまぁ、相変わらずネタ無いので(をい)ウエアの話なんですけどね。
 
 
 昨シーズンあたりから、冬用ウエアに「ソフトシェル」って言葉が出てきてまして。
 
 登山用から始まって、近年バイク業界に広がった感じかな?
 
 ウエアのタイプというより、使ってる素材の種類かららしいんですが。
 
※画像は例によって各自検索してください。「ソフトシェルジャケット バイク」とかで。
 
 
 シェルってのは殻。
 
 ソフトと付いてるとはいえ、殻ってことはやっぱ固めの生地なんだろうなと思ってたんですが、どうやら違うよう。
 
 なんでも、柔らかくて伸縮性があって、防風防寒。防水はほどほど、そして軽い。
 
 なんかバイクウエアとしてすごい良さそうな素材に聞こえるじゃないですか。
 
 
 んで今シーズン。やっと複数メーカーのソフトシェルの実物を見る機会がありまして。
 
 
 これがやっぱ良かったんですよ。
 
 手に取った感触は薄手のウエットスーツ(ネオロプレン)のような……って書くと誤解があるかな?
 でもそんな雰囲気が感じられました。
 
 能書きは上に書いたとおりで、一番大切な防寒についても結構期待できそうな雰囲気が。
#ウエットスーツ風に思えた影響かも(笑)
 
 
 何故かパーカー風のモデルが多くて、最近の流行りの自然なデザインが主なので街中で使っても違和感は(多分)なし。
 
 柔らかいからアウター以外にミドルウエアとしても使えそう。
 
 そして何より、意外にお手軽価格なんです。
 
 
 ゴアテックスとかの完全防寒ゴワゴワシリーズからだと、定価レベルで2/3~半額。
 
 これで能書き通りの性能ならお買い得ですね。
 
 展示品見ながら「今、冬用ライジャケは必要ないけど、厳寒時の外歩き用として買ってもいいかも……」とか思っちゃいました。
 
 
 もしかするとこれから冬の定番品になるのかな?
 
 となれば気になるのは耐久性。
 
 10年とか使えるのかしらん?(買ったら多分そのくらいは使う)
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (2)

2018.01.24

温かきことは良きことかな

 まーそんなわけで、サイト更新のネタも無いのでBLOG書いて誤魔化してるわけですが(をい)
 
 
 最近凄いなーと思うのが、高機能の冬用インナーウエア。
 いや、これが凄い温かいんですわ。
 
 
 北関東の冬の日中、気温5度以下の時でも、インナー+厚手のパーカーのみで普通に過ごせちゃったりするわけです。
 
 外へ出る時にはさすがにジャケットを羽織りますが、移動が四輪だとそれすら不要だったりとかも。
 
 この前のスキーの時だって、スキーウエアの下はインナー1枚+ハーフジップのミドルウエア(これも高機能タイプ)のみ。
 
 これでマイナス10度の中でも全然平気。
 
 そりゃまポカポカというわけにはいきませんが、スキーだから目いっぱい体動かしてうっすら汗ばむくらいがちょうど良いわけです。
 
 なんかもう、もこもこセーターとかいらないかもですね。
※おしゃれ的な部分を除く
 
 
 この手の高機能インナーは、もちろんバイクでも活用するつもりでして。
 
 先のインナーとミドル、これにウインドブレーカー、そしてもちろんアウター
 これで結構楽が出来そうな気がしてます。
※ま、バイク乗ってて一番寒いのはウエアで隠れる部分じゃなくて末端なんですが。
 
 
 気をつけなくちゃいけないのは、高機能インナーにも向き不向きがあること。
 
 例えば有名なヒートテックは、日常使いでは優秀ですけどスポーツ向きではないとか。
 
 びっちり汗かくと抜けないから冷えるんですよね。なので自転車に乗る時には使えません。
 
 逆に一見薄手で保温性皆無に見えるシャツが、かいた汗をすぐ外に出してくれてサラサラで温かいとか。
 
 いや、奥が深いですわ、このジャンルも(笑)
 
 
 高機能インナーってのは当然ある程度のお値段になってしまうわけですが、ガテン系(古)のお店だと手ごろな品物も見つかります。
 
 そしてやっぱり通販じゃなく実店舗。
 直接肌にまとうものは実物見たいですからね。
 
 
 そしてガテン系のお店を見に行くと、インナー以外にもいろいろ興味を惹くものがあったりするわけで……な話はいずれまた(笑)
 
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


| | コメント (0)

2017.12.24

フルフェイスヘルメット Arai XDの2

 「メリークリスマス!」(今日は違います)
 
……というわけで先日騒いだアライの新型フルフェイスXD、とうとう実物を見てしまい(?)まして。
 
 
 ディスプレイされてたのを眺めた瞬間、「あ、これだわ」
 
 
 即決ですよ、確定ですよ。
 
 だって広告画像のまンま、凄く俺好みなんだもの。
 
 
 実物もやっぱり昔のGOTH TRACKER似。
 
 そして全体的にシュっとしているというかなんというか。
 
 アストラルXで唯一気になっていた帽体の丸さが消えて、ちょいショウエイっぽく見えたりもして。
 
 「(丸くて)衝撃をかわす性能」のR75は同じはずなんですけどね。
 
 
 個性的なダクトの配置も良し。
 
 以前書いたAraiマークも、シールじゃなく塗装タイプなので高級感あり。
 
 安全性、被り心地に不満があるはずもなし。
 
 
 というわけで、次期フルフェイスはこれに確定しました。
 
 ただ実際の購入はもうちょい待って。
 
 いや、費用的な面はともかく、まだ「もしかしてアルミナシルバーが出るんじゃぁ?」な希望が捨てられないんですよ。
 
 ソリッドな白も悪くないんですが、メインで使うのがVMAXなんでやっぱ銀系が良いなあと。
 
 自分で塗ってもいいんですが、さすがに新型新品のヘルメット相手だとねぇ……
 
 
 人気でそうだし、即カタログ落ちって事も無さそうなので慌てないでおきましょう。
 
 今後東単のカラーモデルもいろいろ出るでしょうから、そちらも検討対象ってことで。
 
 
#プロシェードシステムにするにはシールドまるっと替えなきゃいけないかどうか、どこかで聞いておかないと。
 
 
 
 

◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (0)

2017.12.18

【HP更新】セロー・ハンドカバー

本館更新です。
 
 昨日アップするはずのネタだったので更新日付が17日なのはご容赦ください。
 
20171218
※こちらがわから見るとそれなりの存在感が。
 
 
 
 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (0)

2017.11.26

【HP更新】セロー 小ネタ

本館更新で~す。
 
 セローのコネタを1つだけ。【既視感】
 
 「でも今日は乗ったぞ!」
 
 やー、それにしても寒くなってきましたねえ。
 北の山は既に雪景色ですよ。
 
20171126
※そして河原の草は枯れかけに。
  
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


| | コメント (0)

2017.11.21

フルフェイスヘルメット Arai XD

 「出ました!」と言っていいんでしょう、ええ、アライヘルメットから新しいフルフェイスが発売されまして。
 
 名前はXD
 
 このヘルメット、AraiのTwitterとかFACEBOOKには出てるんですが、まだメインサイトには載ってないんですよ。ま、作成中なんでしょうけどね。
 
 なので画像は例によって各自検索をお願いしますなんですが、うかつに探すと海外でXD4って名前で売られてるツアークロスがヒットしちゃいますので注意願います。
 
 
 形は昔のGOTH TRACKERによく似てて凄い俺好み。
 格好良かったものなぁ、ゴス。
 
 
 そして運悪く(?)丁度俺的フルフェイスの買い替え時期でもあるわけです。
 
 今のツアークロス2も8年使いましたからね(驚)
 
 
 実はフルフェイスは昨年買い替えるつもりでした。
 
 品物もアストラルXでほぼ決まりだったんですが、諸般の事情により延期に。
 ええ、いろいろあるんですよ大人の事情って奴が。
#ま、自転車買っちゃったからなんですが。
 
 今シーズンもちょい厳しい(自転車のホイール買っちゃったし)んですが、XDがあまりにも俺好みのデザインすぎるわけでして。
 
 現在、「待て待て、とにかく実物を見てから……」と自分を押さえています(笑)
 
 
 ちなみにプロシェードシステムが付くことをも確認済み。やっとコレ↓が試せますね。(←買えばね)
 「アライ・プロシェードシステムはインナーバイザーの夢を見るか」
 
 
 これまでの経験上、アライ頭の俺に内装が合わないはずはないし、機能的な部分に不満が出るはずもなし。
 
 あえて考える弱点は、額のステッカーが丸型マークなことかな?
 
 俺ねぇ、Araiマークはロゴのみの方が好きなんですよ。アストラルXみたいな。
 そして何故かロゴのみの純正ステッカーって売られてないので貼り換えもできないんですよね。
 
 あとは銀色がラインナップされていないっぽい事。
 
 アルミナシルバーでなくてもいいので銀色系出ないかなぁ?
 
 しばらくすれば東単からバリエーションモデルも出るでしょうけど、あっちはたいていデザインモデルなんですよね。
 
 
……というわけで、久しぶりに「買いたい!」ヘルメットに出会いました。
 
 さ-て、どうしようかなぁ?
 
#どうしようかなぁ?というより、何時にしようかなぁ?だな。
 
 
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (2)

2017.10.04

オールブラックス

 いや、バイク乗る時のパンツ(ズボン)の話なんですけどね。
 
 
 俺の場合、夏はGパン、冬は革パン・暖パン、もっと寒けりゃオーバーパンツ。
 
 考えてみれば全部黒だったなぁと。
 
 
 厳密に言えばブルー系も入ってるんですが基本寒色。
 
 なんかこう、代り映えしないんですよね。
 
 
 上半身も寒色系ではあるんですが、それでも多少のバリエーションがある。
 
 まぁ下半身が黒だから、上半身の自由度が高いともいえる……のかな?
 
 
 ともあれ、実際的にはやはり汚れの心配が一番。
 
 
 普通に道路を走っているだけでもスネの辺りにはいろいろ当たってくるし、それが未舗装路なら尚の事だし。
 
 うかつに暖色系なんか履くと、あっという間にまっ黒く汚れてしまうような。
 
 
 そして例えば、ちょい乗りから帰ってきてやれやれ整備だ洗車だなんて時にも明るい色だと気を遣うはず。
 
 ちょいとハネた水にオイルでも混じっていようものなら!
 
 そういえば昔は皆、Gパンの太もものところに黒い丸を付けていたよなぁ……
 
※↑2スト車のチャンバーエンドにパンツが当たると丸くオイル跡が付く。
 
 
 でもねぇ、一度は履いてみたいんですよねぇ、明るい色のライディングパンツも。
 
 白とは言わないけれど茶系、もしくはグレー系。
 
 ガチガチのバイク用じゃなく、普段使いもできるようなデザインで。
 
 でももちろんパッドの類は完全装備。
 
 
 どうかなぁ?都会の小粋なランナバウト(?)ならいざ知らず、田舎の無粋なワークアウト(なんじゃそりゃ)には似合わないかなあ?
 
 
 いえ、まぁ、季節が変わり目を迎えたので、この時期恒例の「新しいものが欲しいよぅ」病が発病してるだけなんですけどね。
 
 
#うん、WEBで検索しながら考えよう。考えるだけならタダなんだし。 
 
  
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


| | コメント (0)

より以前の記事一覧