« 【サイト更新】VMAX1700クラッチベアリングシステム | トップページ | 【サイト更新】インプレ&画像 »

2018.09.13

ヤマハNIKEN(ナイケン)国内発表

 でまぁ、昨年からBLOGに書いていたヤマハの大型LMW・NIKEN(ナイケン)が今日(9/13)国内発表されまして
 
 
 気になる価格は1,782,000円(本体 1,650,000円)とか。
 
 うん、バーゲンプライスかもですね。
 
 エンジンはともかく、車体はまるっきりの新機軸の車両。
 
 どれだけハケるか判らない(をい)新型車としてはお買い得な設定だと思います。
 
※まぁ順調に売れれば1年後くらいに「○○仕様」となって値上げされるかもですが。
 
 
 サイトをチラ見した感じ、エンジン・ポジションともスポーツベースではあるもののリラックスな味付けの様子。
 
 以前「ライダーのポジションがクルーザー的」とか書きましたが、その印象は変わらず。
 
 シート高はMT-09と同じ(820mm)はずなので、これはハンドルの位置、幅、高さの影響でしょう。
 
※なんでもフロント重量増の分2軸のステムでハンドル後退させてスイングアーム長くして前後重量比50:50を達成したとかなんとか。
 
 個人的には、この車重(260kg超え)でクルーザー的であれば、もう少しシートが低ければ良かったのになあと思いました。
 
 ええ、これはVMAX1700でサイトに書いたんですが、日本で売れるには(名目だけでも)シート高って結構重要な気がするんですよ。
  
※そしてオプションパーツで下げるのであればリンクじゃなくシートでとかも。
 
 まぁ走り自体については、車重があるとはいえMT-09のパワーユニットで不満が出るわけはないんですけどね。
 
 
 そういえばこの車両、先に試乗会が開かれているヨーロッパではかなり好評価なんだとか。
 
 口うるさいあちらのマスコミが誉めるって事は相応に満足してるって事なんでしょう。
 
 
 これまた以前書いたとおり、俺、この手の車両は売れて欲しいんです。
 
 新しい機構の乗り物が出れば「オートバイ」ってくくりがより大きくなるし、「バイク乗り」の幅が広がるし。結果、業界も潤うし。
 
 そしてLMWって乗り物が良いぞ!となれば、セローエンジンの250オフLMWも期待できるし。
 
 爆発的に!は無理としても、一般ニュース・雑誌に取り上げられるくらいに評判になって欲しいですね。
 
 
 あ、念の為ですが俺は買い(え)ませんよ。VMAXにまだまだ乗りますからね。(釘)
 
 
 ともあれ、こんな奇抜な車両が実際に市販されてクールジャパン(古)の面目躍如。
 
 ホントこれ、期間限定でいいから白バイ化して、東京オリンピックでマラソンの先導してくれないかなぁ……(再)
 
 
※この週末に実車を見られるのが楽しみで(←YAMAHA Motorcycle Day
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


|

« 【サイト更新】VMAX1700クラッチベアリングシステム | トップページ | 【サイト更新】インプレ&画像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【サイト更新】VMAX1700クラッチベアリングシステム | トップページ | 【サイト更新】インプレ&画像 »