« 春きたりなば千葉遠からじ | トップページ | にゃ? »

2018.03.30

アライ・VZ-Ramはプロシェードシステムの夢を見るか・2049(もはや何やら)

 でまぁ、丁度4年前(2014年)にこんな記事を書きまして。
 
 「アライ・プロシェードシステムはインナーバイザーの夢を見るか」
 http://akira.txt-nifty.com/blog/2014/04/post-dbd0.html
※この記事、題名が良かったのか今でも結構なアクセスがあったりとか(笑)
 
 
 アライ頭&新しいもの好き&シャイな俺にはばっちぐー(昭和)なプロシェードシステム。
 
 そして当時から、「これ、フルフェイスよりジェット(オープンフェイス)の方がメリット大きいんじゃね?」と思ったものです。
 
 なのでその後、事あるごと(イベントとか)にアライの中の人に「ジェットヘル用のプローシェードシステムは出ないの?出ないの?ねぇねぇねぇ?!」って聞きまくって、毎回「予定はありません!」って答え貰ってたんですけどね。
 
 
 「……出たじゃねぇかよ!!!」
 
 
 今年のモーターサイクルショーで発表された新しいオープンフェースヘルメット。
 Arai VZ-Ramに、オプションでプロシェードシステムが付くらしいです。
 
※例によって画像は各自検索してください。
 
 
 安全性が増したとかシールド交換がしやすくなったとかの新ヘルメットの機能はさておき(をい)
 俺的興味はとにもかくにもこのシステム。早速WEBを漁ってみるわけです。
 
 
 見た目は、シェード部分がフルフェイスに比べてかなり薄い。スモークシールドされる幅が狭い。
 
 これはどうなんでしょう?
 
 ジェットは視界が広いのがメリットだし、フルフェイスに比べて頭が起きた状態で使うシチュエーションが多いはず。上下幅はより広い方が有効に思えます。
 
 
 邪推ですがこの薄さ、アライが妥協できるぎりぎりだったんじゃないかなと。
 
 (フルフェイスより曲面のきつい)ベースシールドとの密着性。ハネ上げられる角度。走行時の風切り音。
 
 この辺りの要件がかなり厳しかったんじゃないでしょうか。
 
 そしてSZやMZシリーズでは出ず、新型のVZになってから適用されたのは、以前のベースシールドの形状ではこの妥協ですらできなかったのかなと。そんな風に思ったんですよね。
 
 いや、何一つ根拠ない勝手な想像ですけれど。
 
  
 でもまぁ薄い分、ハネあげてる時の違和感というかスタイルは良好。
 本当に「ヒサシ」って感じになって、木漏れ日林道ツーリングとかで重宝しそう。
 
 そして実質的に非常に重要な点である「下ろして目元を隠す」には充分だし、格好いいですね(笑)
 
 
 そんなわけで、実物見て被ってみるのを非常に楽しみにしています。
 
 ひぃふぅみぃと数えてみると、今使ってるMZももう7年目。この機にVZに買い替えても決してもったいなくは無し。
 
 んでもねぇ、フルフェイスのツアクロ2も、新しいアライXD(+プロシェード)に買い替えることが決定済みなんですよ(但しシルバー色待ち)
 
 さすがに一度に2個買うわけにはいきませんからねぇ……う~ん……
 
#何かのフラグではない……はず
 
 
 
 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

|

« 春きたりなば千葉遠からじ | トップページ | にゃ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春きたりなば千葉遠からじ | トップページ | にゃ? »