« 【サイト更新】雪中行軍レポ他 | トップページ | 春のうららのツアーシェルケース2 »

2018.02.22

NIKEN-25的妄想

 雑誌買えてないし、当然記事も読めてないんですけどね。(をい)
 
 
 3月号の月刊オートバイに、「NIKEN-25」なんてSCOOP記事が載っているそうでして。
 
 どのくらい根拠のあるスクープなのかはさておき、「へー、でも至極当然な発想だよな」って思ったんですよ。
 
 
 125,155にTRICITYがあって、今年中に900のNIKENが出るとすれば、中間排気量にもLMWが出るだろうことは充分予測できます。
 
 そして今最も活気があるのが軽二輪。
 
 出すならやっぱり400じゃなく250でしょう。
 
 
 「オートバイ」の表紙に出てる画像(予想CG?)は、YZF-R25のエンジンを使ったロードスポーツっぽく見えます。
 
 んー、でもR25、MT-25(そして300cc版も)と揃ってるスポーツ系に、更に出してきますかねぇ?
 
 
 俺が責任者なら(?)迷うことなくアドベンチャーで出します。
 
 
 V-STROME250、VERSYS-Xと人気のジャンルなれど、ヤマハには今のところタマが無く。
 
 次期セローのツーリングモデル待ちの状態。
 
 どうでしょう?この「次期セローのツーリングモデル」の立ち位置にLMWが用意されたら面白いと思いませんか?
 
 
 デカいスクリーンとキャリアを装備して、オプションでハードケースが用意されて。
 
 タイヤはデュアルパーパスな深溝3輪。
 
 ポジション楽ちんで長距離OK。長旅ではLMWの安定感が生かせるはず。
 
 車体はちょい重いでしょうが、大荷物積む前提だったらかえって好都合と言えるかも。それにR25のパワーがあれば高速道路も楽々でしょう。
 
 
 こんな奴がこ洒落たスタイルで「R3にちょい足し」くらいの価格で出たら、手を伸ばすユーザーは多い気がするんですよね。
 
 若者はもちろん、「大型アドベンチャーは足が着かないし、かといって普通の250じゃなぁ……」と思ってるおじさま・おばさま方とかにも。
 
 そしてもしかすると、大型スクーターに飽きてきた層とか、街中で大荷物運ぶ必要のある層なんかにも。
 
 
 そしてそして俺的には、「そんなのが別に用意されてれば、その分次期セローはちょいオフロード寄りに作ってくれるはずだよな!ケケケっ」とか思ってみたりみなかったり。
 
 
※例によって昔似たような妄想書いた気がするけどキニシナイ。 
 
 
 
 

◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

|

« 【サイト更新】雪中行軍レポ他 | トップページ | 春のうららのツアーシェルケース2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【サイト更新】雪中行軍レポ他 | トップページ | 春のうららのツアーシェルケース2 »