« serow 初走りには箱を積んで | トップページ | 【HP更新】セローホムセン箱 »

2017.02.04

ヤマハのアニメ「Master of Torque(マスターオブトルク)Epilogue」の感想的なもの

…というわけで、例によって誰に頼まれたわけでもなく、ヤマハのオリジナルアニメ、マスターオブトルク Epilogue(エピローグ)の感想などを書いてみるわけですが。
 
 
※今回もネタバレあり
 
 
 シーズン1の感想、その1その2その3その4
 シーズン2の感想
 スピンオフ作品 Four Seasonsの感想
 シーズン3の感想
 
 
 ええ、「公開が昨年12月末だったのに今頃感想かよ!」というご意見には「年末年始はチャキチャキ働いてたんだよ!まぁ自転車には乗ってたけどな!」とお答えしておきます。


     ★


 さて、期待していた「よろしくメカドック!」ではなかったにせよ(をい)前回書いたこれ↓

>墓参りのショットだとえげつなさ過ぎるかもしれませんが

 いやー、こっちをやってくれましたねぇ、善哉善哉。
 やっぱこれですよ、こーゆーところを抑えてくれると俺なんかは嬉しくなっちゃうわけですよ。
※お墓が純日本風じゃなかったのには何か理由があるやなしや。
 
 ただ、同行したのが妹氏だったのはどうなのかな?と思ったり。
 
 妹氏はあくまでもサブキャラ。だからこそスピンオフでメインに持ってきたときに意外性があって良かったと思うんですよね。
 
 ストーリー的にはマキナ嬢であるべきだったんじゃないかなぁ?
 特に「この先」への暗喩を含めるとすればですね、ま、旅館でのアレが暗喩なんでしょうけど。
 
※にしても合点承知の助はいったいどこから出てきたんだか。。
 
 
 墓でバッヂを見せるのであれば最初の会長&(かけてないけど)サングラス姉さんの顔出しは不要だったはず。あれだけで充分意味は通じます。
 
 あえて出した意味が「最終回には登場人物が全員揃うのがお約束だから」だったら嬉しいなぁ。
 ええ、俺、こういうお約束も大好きなんですよ。
 
 
 バイクが走る紅葉風景は大変に綺麗。
 
 そしてそれを見ながら「ああ、やっぱ最初の公開予定は秋だったのね…」とか考えてしまう俺はすっかり汚れてしまいました。(ふっ)
 
 
 ちなみにこれ、どの辺りなんですかね?
 
 箱根近辺なのは判るとして、椿ライン?新道?ターンパイク?
 
 俺みたいな田舎者向けにヒントが欲しかったですねえ。目立つ橋はあったけどピンとこないし、帰りのルートみたいに道路標識が出ていればねぇ。
 
 
 お宿の名前が「檜霧亭」
 GENESIS CAFEと違って、「うーむ、元ネタがわからん!」(←何でもネタだと思うんじゃない)
 
 でもね、やっぱサービスシーンではサービスサービスしてもらわないと!
 
 「なんで女性オンリーの入浴シーンでタオル巻いてるんだよ!違和感アリアリだよ!」って憤ってからもう一度良く見たら、隅の方に弟君が寂しそうに浸かっていましたとさ。
※その後の混浴シーンで気付くべき。
 
 あとねぇ、栃木県民として気になるのが、持ってたビールの銘柄。
 
 「日光里」…かな?栃木県の日光なのか梨のニッコリなのか韓国のマッコリからなのか。うーむ…(←だから何でもネタだと略)
 
 あ、あと浴衣の柄が三連音叉なのは良かったです、ってかこれ欲しいわ俺。Y'sギアで取り扱わないかな?
 (スズキの湯飲み的な意味で)
 
 
 帰り道、皆が次々別れていくのは、前回書いた「これからは各々生きていく」のより判りやすい表現なんでしょう。
 
 そしてそうです、家に着くまでがツーリングですからねー
 
 
 さて、せっかくのエピソード編なんだし、1台くらい新しいバイクが出てきてもってのは贅沢な考えなんでしょうか。 
 
 時期的にマイチェン後のMT-09(10似)が間に合ったような……あ、でも当初の公開予定は秋だったから(再)
 
※それともMT-25ってお初でしたっけ?
※※そしてあのストリートラリーはママさんが乗ってるのね。
 
 
 エンドロールのモデルはナカスガサーンかな?雰囲気良し。
 
 
 最後、キーオフ=終わり。
 って事で、アニメはこれで本当にENDなんでしょう。いやいや、楽しませていただきましたとも。
 
 やーホント、何度も言ってるのでしつこくは書きませんが、バイクメーカー自身がこういうアニメを作っちゃうってすごい時代だと思いますよ。
 
 
 そして個人的には、今後のノベライズ・コミカライズ等にちょっとだけ期待したりとか。
 
 裏設定もたっぷりありそうだし、読みがいのあるものができるんじゃないかと思うンですよね。
 
 実は俺、昔はこの手の二次制作(って言うのかな?)には否定的だったんです。
 
 漫画化ったってアニメとは似ても似つかない絵柄になったり、小説が本編と無関係のストーリーになっちゃったり。
 
 んでも、とあるアニメのノベライズ読んで驚いたんですね。
 上手に本編を追いつつ、かつ設定をさらりと解説してくれていて、もちろん小説として面白い。
 こういうノベライズなら大歓迎です。マスターオブトルクにもこういうのが出てくれると更に世界が広がるでしょう。
 
 あ、ちなみにこのアニメが何かわかった人先着1名には当サイト特製「ナンシー缶バッヂ」を進呈致しますのでご連絡を。(をい)
※数年(?)前のオリジナルアニメね。
 
 
 さーて、これで書きたいことは全部書いたかな?
 
 うちのサイトとしては異例の(?)アニメ感想編はこれにて終了。
 
 今後もやるか・やれるかどうかは神の味噌汁のみぞ知るです!
 
 
   ★

 シーズン1の感想、その1その2その3その4
 シーズン2の感想
 スピンオフ作品 Four Seasonsの感想
 シーズン3の感想
 エピローグの感想
  
 
 
 
 
  
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

|

« serow 初走りには箱を積んで | トップページ | 【HP更新】セローホムセン箱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« serow 初走りには箱を積んで | トップページ | 【HP更新】セローホムセン箱 »