« 賀正 | トップページ | 近頃のバイク読本 »

2016.01.06

【偶には映画】STAR WARS:THE FORCE AWAKEN

…というわけで、スターウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7)を観てきたんですけどね。
※以下ネタバレは無いのでご安心を
 
 とりあえずの感想は、「MX4D凄ぇ」(をい)
 
 この手のシステムは初めてだったんですが、いやー、よく動くんだわ、座席が。
 そしてシートはぼこぼこ叩かれるわ風は吹くわ。
 3D画像と合わさると迫力満点、もう映画というよりアクティビティですねこりゃ。
 「SW見るなら通常版より3D、そして3Dより4D」って話は聞いてましたけど、それ、まさに違いませんでした。
 通常版の倍近くする価格がアレですがSW見るならお勧めです。
 
 んで、映画の内容はどうかというと。
 
 SWというと、毎回凄いCG映像が話題になります。
 今回ももちろん凄かったんですが、今は他の映画もそりゃぁもうな状態ですからね。 正直「スターウォーズだからこそ!」というところはさほど見当たらなく。
 むしろ「こんな大セットを作ったのか!」って驚くところの方が多かった気がします。まぁそのうち何割かは実はCGかもしれませんが。
 
 肝心のお話の方は、「う~ん…」
 
 いや、面白くはあったんですよ。
 判りやすいストーリーだし、登場人物もキャラはっきりしてるし、長い上映時間があっという間に過ぎてしまうほど楽しめました。
 
 ただ、どこかで見たことのあるシーンと展開が多数。アレとアレを入れ替えると旧作とまったく同じなんじゃぁ?とか。
 EP4の焼き直しとまでは言いませんが、既視感を覚えたのは事実です。
 
 当然コレ、あえてやってるはずです。
 
 旧作ファンはそうそうこの感じって手を叩くかもですし、初見の人には「スターウォーズってのは…」な解説になるかもでしょうし、悪い事じゃないと思います。
 
 んでもねぇ、俺としては世界観だけ継承してまったく新しい展開させて驚かせて欲しかったってのが本音ですね。
 旧作へのオマージュはメインストーリーじゃなく小ネタ(?)でやって欲しかったなと。その意味で各種効果音が今までマンマだったのはとても嬉しい限り。
※スピーダー的な奴とかタイファイターとか。
 
 登場人物がある程度限定されていたのは良い点と悪い点と。
 旧作に加えて大勢出しちゃうと初見の人はハチャハチャ(?)になっちゃうかもですが、もともとスターウォーズの魅力にはそういうハチャハチャも含んでた気がするんですよね。
 どこかでワーっと出てきて「なんじゃこりゃぁ!?」って言わせて欲しかったなぁ…
※その登場人物についてもいろいろあるのだけれどネタバレに関わるので割愛。
 
 
…とまぁいろいろ書きましたが、先のとおり充分楽しめたのは間違いなしです。
 
 今回はいつもどおり字幕版での観覧だったんですが、英語はさっぱりの俺にも聞き取りやすい会話が多かったような気がします。
 これもあえてそうして…なのかな?
 レンタル化の際には日本語版が聞けるでしょうからこれも楽しみですね。
 
※並びの席だった20代男性3人組(多分SW初見)が上映後の帰り道であれこれ語ってる(想像してる)内容が興味深くてねぇ…
 
 

 


◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ


|

« 賀正 | トップページ | 近頃のバイク読本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 賀正 | トップページ | 近頃のバイク読本 »