« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月の記事

2015.12.31

今年もお世話になりました。【謝】

というわけで、2015年もそろそろ終わりとなるわけです。
 
 今年はバイク的には特に変わったこともなく…だったかな?
 
 自分で書いたツーレポを見ると、距離・回数的には結構走っている風。 
 でもよくよく考えると、ほとんどイベント絡みなんですよね。他の人(会社)が計画した企画に乗っかった感じの。
※VMAXのオナミとかセローの30thとか
 
 なので来年はもう少し「自分ツーリング」も増やしたいなと。
 あとプチツー的なところでもレポート書こうかなと。

 短いツーリングであるほど「いかに面白く読ませるか?」ってのには文章力が必要となるわけなので、これも勉強しなきゃですね。
 
 そしてメンテナンス系の充実も。

 んでもVMAXは相変わらず弄らなきゃいけないところ見つからないし、セローは一通り壊して直しちゃったし。日常メンテナンスはこれまでにも書いてきたし。

 何か新機軸を…とかは難しいかな?突然何か起きれば別ですけど。(言霊注意)

 
 来年の予定的なことについては特に考えていなくて、ざっくりとは、

・GWは東北…かな?
・お盆の北海道は休み次第。
・餃子オフか時期をみて
・一度伊豆付近で遊ぶ。
・オフオフをやる。VMAXオフロードクラブのイベントにしてもおっけー
・VOCの北関東温泉お泊りオフ会(激安版)もやりたいところ。
・キャンプは春か秋か。オフイベントと合わせてでも。

・・・なんて感じ。
 まぁ例によってあてにはなりませんが(笑)


 さーて、んじゃそろそろ呑み始めますかね、大晦日だし!
※初日の出を見に行くつもりはなし!
 
 
 20151231
※これは今年の夏の知床の夕日。いずれまた見に行きましょう。
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


| | コメント (2)

【HP更新】VMAXグリップ系その後

本館更新しました~
 
 一連のグリップヒーター→ハイスロ関係のその後レポ。
 ばたばたしながら作ったのでさっくり仕様になっている点ご容赦ください。
 
 あー、2015年が終わってしまうー
 それまでになんとかあれとこれとそれと・・・・・・(慌)
 
 
 
 

◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (0)

2015.12.24

ご注文は急ぎですか?

 でまぁ、以前からいろいろ言ってる喫茶店なんですが。

 俺的「バイクで行って楽しい喫茶店探し」はまだまだ継続中なわけでして、出かける度に「どこかに良い店ないかな~」ってきょろきょろしているわけです。
 
 店を探す事自体は、最近はスマホがあるので至極簡単。
 
 「喫茶店」とか「食事」とかで検索すると地図で表示してくれますからね。加えてクチコミやらレビューやらも。
 
 でもねぇ、実際の店に行って、入って、注文して、食べてみないと本当のところはわからないんですよ。
 
 「お、お洒落な喫茶店みっけ!」ってドア開けたら、客が全部近所の有閑マダム(昭和)だったりとか。
 
 ここは静かな店だねぇと落ち着いていたら、突然大声海外観光客軍団に埋め尽くされたりとか。
 
 やれやれここなら大丈夫とメニュー開いたら、価格が全部4桁だったりとか。
 
 (実話)
 
 
 んで、前回からいろいろ考えてて思ったんですが、俺が求めてる喫茶店って、もしかすると2種類あるのかもしれません。
 
 1つは友人・仲間を誘って行くところ。
 
 ここではわいわいやりたいので、落ち着き過ぎているところはちょい避けたい。
 座席が広くて数があって、メニューに1つ何か怪しげな名物があると面白い。
 
 もうひとつは一人でじっくりまったり過ごすところ。
 
 ここはもう静かさ、落ち着きを第一に。
 旨いものがあればラッキー、騒ぐ客がいなくて長時間放っておいてくれるならそれだけでもよし。
 まぁこれに関しては「もうコーヒーチェーン店でいいんじゃね?」な気がしますけどね。
 
 これらに加え「そこへあえてバイクで行くことに意味がある何か」なんてのあるとベストなんですが、これはまぁ理想像ということで。
 
 
 以前は「観光地はちょっと…」とか書きましたが、こうなってみると(?)観光地でも良いかなとも思ったり。
 益子とか栃木とか足利とか。
 冬でもバイクでいける観光地って栃木県には結構ありますからね。
 
※そしてバイクで行っても駐車場の心配をしなくていいのが田舎の喫茶店の強み。
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

2015.12.16

VMAX1700 空気圧くん

※昔懐かしいパーツの話でなくてすいません…とあらかじめお断りしておきます。(謎)
 
 でまぁ、あとでサイトにまとめようかとも思ってるタイヤの空気圧の話なんですけどね。
 
 ご存知のとおり、タイヤに入ってる空気って結構な割合で減るんですよ。
 特に今頃のように寒くなる時は要注意です。抜ける分に加えて温度の影響で容量(圧)が減りますから。
 
 俺は冬は月2~3回しか乗れないので、ほぼ毎回測っています。
 あ、もちろん走り出す前のタイヤが冷えている時ですよ、測定するのはね。
 
 最近はチッソを入れる機会も増えて減り難くなっているとは言われてますが、これは気休め程度かも。
 
 チッソに関して俺は「悪影響は無いから機会があれば」くらいに考えてます。
 「軽い」だの「腐食に強い」だのの能書きには期待していないというか、そもそもこれまで実感したことがないわけでして。
 
 エアに関してはチッソかどうかより「乾燥してるかどうか」(温度変化が小さい)の方が重要かな?と思ってます。
 ま、その点ではボンベから補充するチッソは安心できるんですけどね。
 
 閑話休題。
 
 んで、タイヤ(というか車両)には、指定空気圧ってのがあります。
 
 それを守っていれば万事安全で間違いなし。
 
 でも世の中ではまことしやかに「指定空気圧より若干低くしておくと良い事がある」とか言われてるんですね。
 
 クローズドコース走行とかドラッグレースとかの特殊な環境を除き、一般道で一般人があれこれ楽しむ時にと考えると、俺もこの「若干低く」ってのは有効なように思ってます。
 
 ぶっちゃけて言うと、グリップが良いような「気がする」
 
 空気圧が低いとたわみ量が増えるので接地面積が増えるから…とかいう理屈はさておき、実際に乗って走ってなんとなく安心できるわけです。
 
 特にフロントは顕著。適度な重みが安心感を増すわけでして。
 
 対して指定圧きっちりまで上げると、ハンドルが軽く感じてなんとなく落ち着かない。
 これは、リアなら多少滑ってもなんとかなるけどフロントは…って潜在意識も影響してるかもしれませんね。
 
 メーカーが設計して入念にチェックした指定空気圧で悪いことがあるはずないんですが、「俺が俺のバイクに乗って」そう感じちゃうんだから仕方が無いわけです。
 
 実は、これにはタイヤの状況も関係したりします。
 
 例えば新品タイヤだと、指定空気圧でも先のような不安(までは言いませんが)は感じないんです。
 
 むしろ軽いハンドルと軽い倒しこみが心地良い。
 乗り心地だって素敵でギャップ通過もショックなし。
 
 つまり低い空気圧だと安心ってのは、ゴムが減った分を空気圧で誤魔化してるのかも。
 
 とはいえこの「ゴムが減った状況」ってのは、俺のようなスリップサインぎりぎりまで(但しセンター部のみ)タイヤを使う人間にとっては、尤も長くお付き合いする状況なんですよね(笑)
 
 
 さて、んじゃ単にエア圧を減らせばいいかというと、やりすぎるとこちらの方が悪影響が多く出る。
 
 重い・曲がらない・燃費が悪い・タイヤが減る・パンクしやすい・etcetc
 
 だからどの辺りにするかが悩みどころ。
 で、「んじゃお前はいくつに設定してるんだよ!」ってことになるんですけれど。
 
 
 答えは「気分で変えてます!」(をい)
 
 でもこれは本当です。状況に応じて変えてます。
 
 大まかに言うと。
・タイヤが新品だったら比較的高め。新品交換時にタイヤ屋さんでは指定圧を入れてくれるのでそのまま使うこと多し。
・夏は低め。これは先のとおり山でフロントから逝っちゃいたくない用の精神的安心料。
・冬は高め。山には行かないし、モコモコウエア・グローブなのでハンドル重くしたくないし。
 
 国内仕様VMAX1700の指定空気圧は、
・フロント:2.5kgf/cm2
・リア:2.9kgf/cm2
※以下単位略、そしてkPaには未だ馴染めない俺。
 
 但し「高速走行時のフロントは2.9」これは輸出仕様の指定圧と同じだったはず。
 なので前後2.9というのが、国内仕様改であるうちのVMAXの指定圧なのかなと勝手に思ってます。
 
 今現在の俺的「高め」は、F2.5、R2.9、「低め」は、F2.4、R2.6
 これをベースにプラスマイナス 1.0 0.1
 
 そして「タイヤで季節で」以外にも、高速道路を使うロングツーリングではとか、真冬で路面がカチンカチンに冷えてる時にはとか、状況に応じて変えてます。
 
 普段あまり意識しませんが、タイヤってのは路面と接してる唯一の場所だけに、ある意味サスペンションなんかより影響が大きいような気がするんですよね。
 そして一般道では「速い遅い」より「安全・楽しい」を重要にしたいわけですから。
 
 
#実は「測るエアゲージ」が合っているか?も大切なんだよなぁ…

 
 
 
 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (3)

2015.12.13

【HP更新】スロットル調整開始

本館更新しました。

 ネタはいろいろ調整中のスロットルとか。

 単純ではあるんですが、トラブルになると大変な場所でもあるので気長にやっていこうと思ってます。
 冬場はまったり走るのでいろいろ試せますからね。
 

20151213
※これは、撮ったは良いけれど使い道のない画像をなんとか活用しようキャンペーン…じゃなくて、以前Twitterで使った奴。ええ、単なる自慢です(笑)
 
 


◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (0)

2015.12.07

電車でGO!

 でまぁ、先の週末には忘年会がありまして。
 
 場所はなんと静岡県の浜松市。宇都宮から高速道路使うと400kmちょいくらい。
 
 いつもであれば「わ~い、これでこの前開通したばかりの圏央道を走れるぞ~」とか嬉々としてVMAXで出かけるところなんですが、実は今、仕事が瀬戸てんやわんやな状態で。
 
 土日を休むのはなんとかなるとしても、体力・精神力的なところにあまり自信が持てる状況にない。
 そして前日の金曜日も(多分)遅くまでナニしなきゃいけない。
 
 なもので、「たまには電車で行くかぁ!」って事にしました。
 それにホラ、バイクでは9月に行ったばかりだし。
 
 
 さて、で、電車となると新幹線でピューでもいいんですが、それではちょいと芸がない。
 何より列車に対してバイクで行く時以上の費用をかけるのが悔しい。(をい)
 
 で、思いつきましたよ。上野東京ライン・もしくは湘南新宿ラインって奴をですね。
 
 しばらく前のJRダイヤ改正でできたのがこの路線。
 
 宇都宮線(東北本線)から東海道線までぐるっと繋いでしまった恐るべき路線
 
 何が恐ろしいって、宇都宮始発なのに行き先が小田原とか熱海とか逗子とかなんですよ。
 東京まで行こうと乗ってうっかり寝過ごしたら…(ぶるぶる)
 
……とかとか、一時期ネタになっていたので乗ってみたかったんですね。
 今回なら始発から終点までばっちり乗れるわけですから。
 
 
 当日朝は見事な晴天。
 ええ、「これならバイクの方が…」な考えが頭を過ぎったことは否みません。
 
 とりあえずJR宇都宮駅まで行って、SUICAにたっぷりと(当社比)チャージ。
 
 改札でピっとやって乗り込んだのは東海道線直通上野東京ラインの熱海行き。
 始発なのでグリーン車にも楽々と座れます。
 
 そういえば普通列車のグリーン券って、51km以上は同じ料金なんですね。
 しかも土日は割引になるので(列車内じゃなく)駅のホームでSUICAにグリーン券を登録するなら780円ぽっきりで済む。
 これで宇都宮から熱海まで、広い座席のリクライニングシート占有で行けるんだからありがたいものです。
 
 そうそう、この日は(多分)初めて宇都宮駅で駅弁を買いました。
 乗り換え無しだし、熱海への到着時刻はとっくに昼飯時過ぎてるし。
 
 モノは霧降高原牛。
 いや、地元の駅で地元の駅弁を買うってのはなかなか贅沢に感じるものですねぇ(笑)
 
 東京まではいつもどおり。
 横浜辺りで駅弁食べて。
 あとは「海だー」とか「西湘バイパスだー」とか「早川ジャンクションだー」とか。
 
 いやあ、久しぶりに普通列車でがたごと行く旅は楽しかったですよ。
 ええ、あまりに楽しくてビール買うの忘れたくらいにねぇ。(ぶつぶつぶつ…)
 
 一つ失敗だったのは、間違ってグリーン券を小田原までしか買わなかった事。
 
 「熱海までと料金は同じだからこのまま乗り続けても」とも思ったんですが、グリーン車の天井のランプ(SUICAでチェックすると緑色:使用中になる)が赤に戻っちゃうだろうし、そうなってから買い足す事にでもなるとちょい悔しいし。
 
 んで、巡回に来たアテンダントのお姉さんに聞いてみたら、さくっと登録変更してくれました。もちろん追加料金も必要無し。
 「うん、これでまた一つ新しい知識を得たというわけで」
 
 熱海まではトータル3時間半というあたり。
 
 リクライニングシートなので疲れは無し。
 改札を出てうんと背伸びして、せっかくなのでちょい観光めいたことを。
 
 土産物街をひやかして歩いて海岸まで降りてみて。
 なんとなく覚えのある国道沿いの「お宮の松」をへえと見上げてみたりとか。
 
 それにしても、熱海駅って山のかなり上の方にあるんですねぇ。
 海岸から駅へと戻る上り階段といったらこれがもう……(なので上った先の土産物屋街で、冷たいお茶と海産カマボコ揚げを買って道端で。)
 
 一通り遊んで、熱海から浜松までは新幹線でぴゃーっと一気に。
 熱海に「ひかり」が止まるとは知らなくてびっくりしたのは秘密ですけれどね。
※これでまた一つ新しい知識を(略)
 
 忘年会が楽しかったのは言うまでも無し。
 ま、そうでなきゃ北関東から出かけません(笑)
 
 
 翌日の帰りも、行きとまったく同じルートでの列車旅。
 
 そして同じルートではあるんですが、熱海まで来て、ここ始発の都合のいい列車は小金井止まりしかないのに気づくわけでして。
 小金井は宇都宮の手前ですが、まぁその先も連携してるだろうと乗り込みました。
 
 そして乗っちゃってから不安になるわけです。
 今日はさすがにちゃんと宇都宮までのグリーン券を買ってあるんですが、この列車の終点・小金井から先はどうなるんだろうかと。
 違う列車にまで跨って使えるのかなと。
 
 んで、またまたアテンダントさん捕まえて聞いてみるわけです。
 すると「降車の前にもう一度天井のSUICAチェックして赤ランプに変えておけば、SUICA登録のグリーン券はその先でも使える」って事でして。
 
 一旦チェックした席を変える時と同じ作業で、違う電車へもイケるんですねぇ。
 ちゃんと小金井・宇都宮間でもグリーン車に乗ることができました。
 いや、これでまた一つ(略)
 
 そしてまたまた3時間半の後、最後の最後に大技を披露。
 宇都宮駅での清算に必要な、浜松・熱海間の新幹線切符が見つかりません!(をい)
#「おかしいんだよなぁ、無くしちゃいけないって何度か確認してたんだけどなぁ…」
 
 長距離だし証明するのは大変かもと心配したんですが、ここでSUICAに助けられました。
 先の熱海・宇都宮間のグリーン券情報が残ってたんですねぇ。これが無ければいろいろ面倒な事になっていたかもしれません。これぞ怪我の功名…とは言わないか。
 
 
…というわけで、仕事は四輪遊びはバイクな俺にとっては新鮮な気持ちで楽しめた旅行でした。
 
 伊豆半島の付け根辺りへでも、乗り換え無しのグリーン車でなら意外に近く感じることが判りました。
 次回はちゃんと(?)温泉目当てで出かけてもいいかもですね。
 もちろん今度はビールも忘れなく。
 
 
20151207
※電車だと富士山が撮影できるからいいよねぇ…速度で景色流れちゃってるけど。 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


| | コメント (0)

2015.12.01

VMAX1700 武勇伝デンデデンデン

 さてと。
 ちょいと前、グリップヒーターのテストと称してVMAXで北の山まで行って来たんですけどね。
 
 高速でもチェックしなきゃと理由をつけて高速道路に入って、ぴゃーっと走ってたら丁度同じようなペースで走るホンダのバイクがありまして。
 
 車種はあえて控えますが、ちょい特徴があってこのクラスのホンダ車にしては珍しく(をい)俺好みのバイク、国内ではあまり見かけない奴です。
 
 でまぁこの手のシチュエーションでありがちな話として、互いにしばらくは前になり後ろになり様子見をする。
 んでよしよしと納得したら(?)あらためて自分のペースに戻ってさてということになる。
 
 この「ペースが戻って」の後、一旦追い越されてちょっとだけ追いかけて気づきました。
 「あ、この人は俺と走り方が違うわ」って事に。
 
 なんか後ろから見てて落ち着かないんですよ。
 尻がムズムズするんですよ。
 
 加速したり減速したりのリズム感。
 先行車との車間距離を測る・判断する。
 追いつく・追い越す・車線変更する。
 
 これらのタイミングがことごとく俺と違うわけです。
 
 先のとおりペースが似たようなものなので、結果的に(相対位置的なものは)同じになっちゃうんですが、そこまでに至る経緯がまったく違う。
 特にぽつりぽつりと先行車がある状況ででは、ですね。
 
 もちろん、スピード自体とは関係なし。
 
 そう、凄い端的に言うとですねぇ…「え~、そこで行くのぉ~?!」かな?
 
 
 乗り方から判断するに、多分ベテランさんのはずです。
 
 下手じゃないし、むしろ上手だし、特にあくどい走りをしているわけでもないし。
 
 でも、俺とはまったく違う走り方。
 俺が不安に思う走り方。
 
 
…なので、追うのはヤメてそこからまったりペースに変更しました。
 
 楽しくバイクで走りたくて出発したのに、他人のペースに乗って不安になるんじゃ意味がありませんから。
 
 尤もこれは俺だけじゃなく、先に行ったあちら側からしても同じだったかもしれません。
 「なんであいつはあそこで引くんだ?」的な。
 
 これ多分、「良い・悪い」の話じゃなく、「好き・嫌い」で語られるべき部分なんでしょうねぇ…
 
 
※「武勇伝」じゃなく「行っちゃって!」のほうにかかります。【かかります?】
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »