« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月の記事

2015.11.28

【HP更新】グリップヒーターレポ

さくっと更新

 というわけで、軽く出かけたグリップヒーターテストの様子を上げてみました。
 本格的に寒くなったらどうなるかはお楽しみ。
 
 さーて、んじゃそろそろ夏ジャケはしまいこみますかね、棚の奥に。
 
 
20151128
※使い道の無い画像を(略) 某所で見かけた分水工・・・っていうのかな?
 
  


◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

2015.11.25

モバイルなのかモービルなのかモビールなのかムーバルなのか

 そういえばこの前、スマートフォン用にモバイルバッテリーを買いまして。
 
 俺のスマホは比較的バッテリーの持ちが良いのがウリなんですが、さすがに2年も使うと「最近減りが早く…」な気がしないでもなく。
 それに最近、スマホでやることも増えてきてますしね。
#マップとかナビとかゲームとか。(をい)
 
 んで「何買うかな~」ってamazon見て驚きましたよ。
 2~3千円で10000mAhオーバーのバッテリーが買えるんですから。
 
 10000mAhって10Ahですよ?スクーターのバッテリー(7Ahとか)以上ですよ?
 しかも手のひらの上に乗る大きさ・軽さでですよ?
 
 「これならバイクのバッテリーの予備にもできるんじゃ?でも出力電流(A)が足りないか」って思ったら、もう既にその手の奴も発売されてるし。
 「いざというときの車のジャンプスタートにも!」なんて売り文句がゴロゴロしてるし。
 
 いやあ、凄い時代になりましたねぇ…(しみじみ)
 
 これならバイクのバッテリーに接続しておいて、普段は充電専用、いざという時バッテリーと切り替えて…なんて使い方もできそうな。
 いや、きっともう既にあるんでしょうね、そういうオプションのも。
 
 ジェネレータで発電された電気のあまり分は熱になって捨てられてしまうので、これの有効活用方法があるとすれば嬉しいところです。
 特に長年、電気に悩まされたバイクに乗っていた身としては(笑)
 
 
 そして、これだけお手軽・高機能になってるのに、電気自動車とかのバッテリーはまだまだとか言われてるんですよねぇ。
 まぁ車に使うのには信頼性とか再充電回数とかいろいろ難しいことがあるんでしょうけれど。
 
 
※んで実際に買ってみて、これに充電するUSBコンセント(DC100V接続)側の容量不足に気づいたりとか。ちょい前は0.5Aも出れば大抵の物は充電できたのにねぇ…(しみじみ2) 
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

2015.11.21

【HP更新】VMAX1700 グリップヒーター

本館更新しました。

 ええ、買いましたとも。付けましたとも。→グリップヒーター
 
 でもさすがにまだ使ってません。テストはこの3連休に…は、ヤボ用あるから難しいかな?
 ま、慌てる必要は無いしゆっくりやっつけます。
 
#それとも久しぶりにナイトランでも?
 
20151121
※せっかく外装を剥がしたので久しぶりにエアフィルターの清掃も。や~やっぱ汚れてるわ~
 
 
 

◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (0)

2015.11.20

YAMAHA MT-10 「講釈師、見てきたような嘘をつき」

…でまぁ、2015 EICMA(ミラノショー)でヤマハから、噂の一つも無かったMT-10なんてバイクが発表されまして。
※画像は例によって検索してください。
 
 しかもコンセプトじゃなく市販予定、というか来年EUで発売確定とか。
 ここのところの恐ろしい新車発表攻勢、ヤマハ儲かってるよなぁ…
 
 さて、まだ発表されただけ、それも日本からWEBで見てるだけの俺がどうこう言えるはずもないんですが、エンジンは新型R1ベース、足回りも同様となれば走りが悪いわけがない。
 「ホイールベースはMT-07と同じ」とかいう情報聞いちゃうと「昔似たような事やったGSF1200は恐ろしいウイリーマシンに…」とか余計な事思い出してしまうんですが、まぁ電子制御てんこ盛りの現在なら心配ないでしょう。
 
 で、問題はデザインですよデザイン。とにかくあの顔ですよ!
 
 MWT-9にも共通するアクの強いヘッドライト周り。
 ヘッドライトというより完全に「顔」です。
 
 そういえば「バイクの2眼は顔に見えるので他者からの認識率が高くなる」なんて研究結果を以前見たんですが、それにしたって…って気がしないでも。
 
#でも俺、MT-25・MT-03出た時にこんな事書いてたんだよな…
 >あ、ちなみにライトだけは、もっと素っ頓狂(?)でも良かったのではと思ってますけど。
 >#それこそ丸型のデュアルとかね。
 
 
 あちら(MWT-9)が悪役顔ならこちらは善玉風かな?
 メガトロンに対するバンブルビー的な(なんじゃそりゃ)
 
 あ、個人的にはこういうアクの強いのも決して嫌いじゃないですよ。
 カワサキのZ1000とかも格好いいなぁって思いますし。
 
 
 さて、んでこれがヨーロッパでどう受け取られるのか?はEUヤマハががっちり市場調査してるはずなんでお任せするとして、このまま日本国内で売られたとすればどうなるかなんですが。
 
 なんかねぇ、今の高年齢層には受けない気がするんですよ。
 
 R1の方が見栄晴れるし、「ダークサイドオブジャパン」とかにも興味ないだろうし。
 MT-09みたいなやんちゃバイクだとそれなりに面白がるんですけどね。
 
 んで、勝手に考えるところ、そんな事はヤマハも先刻承知なのかなと。
 コレはもっともっと若年層を狙っているのかなと。
 
 以前も書いたとおり、今購買主流になってる50歳以上のおっちゃんライダー達はあと10年もすれば激減しちゃいます。
 
 だからそれまでに若年層ライダーを発掘しなくちゃいけない。
 
 そのために、(金額的に)実際に購入できるかとは別に「いつかアレを買うんだ」的な憧れのバイクを作っておきたい。
 もしくは「(今買える)MT-25、03には凄いトップモデルがあるんだぜぃ!」的な意味もとか。
 
 そんな風にも思えたんですが、さてどうでしょう。
 
 実際、WEBを見てると「中二病をくすぐるデザイン」とかの好評価(?)も散見したりします。
 そして翻って、そういうのが今のEUでウケる(と判断されている)のかな?とも思うんですよ。
 
 ま、いずれにせよ俺は、何度も書いている通り「車種が増えて選択肢が多くなるのは大歓迎!」なんですけどね。
 
 
※タイトルは「"The King of MT"を名乗ったMT-10、MT-01に喧嘩を売る!」とどちらにするか迷いました。(をい)
 
 
 
 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (4)

2015.11.17

VMAX1700 トラ猫プロジェクト

 まずは今日(11/17)発表されたこちら
「ヤマハ発動機創立60周年記念モデル」

 そして以前書いたこちら
「東京モーターショー2015、ニャマハ発動機サイトがなぜ「ニャマハ」なのか?【妄想】」
>トラ→黄色と黒→スピードブロック(インターカラー)なんて連想されるじゃないだろうかと。
>サイトの対象車両に全部インターカラーが用意されていたらどうします?

 「くっそー!東京モーターショーじゃなく、EICMAの前だったのか!買うぞー!年末ジャンボぉぉぉぉぉ…」
※予想が半分だけ当たった的な意味で。
 
 と、一通り叫んだ後で(笑)一番気になるのはもちろんインターカラー的VMAX
 
http://global.yamaha-motor.com/jp/news/2015/1117/vmax-60th.html
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/vmax/60th/
 
 「うん、格好いいじゃないですか。」
 
 サイドビューだとほぼ真っ黒ですが、上からだとトップカバーとリアフェンダーにオフセットされたスピードブロックが凄い目を惹きます。
 ケニー(ロバーツ)カラーのヘルメットとか恐ろしく似合うことでしょう。
 
 60周年エンブレムも付くみたいだし、価格は+10万とお買い得(?)だし、初のVMAX1700限定車として売れて欲しいですね。
 きっと来年のオナミでは何台か見られるはず。
 
 そしてこの黒外装というか大量の黒パーツ群。
 海外オプションのカーボンインテークと合わせると、これまたちょい前に書いたオールブラックモデルの完成です。

 ブラッカーな方々に大人気になりそうなのは当然として、オールじゃなく個別に使うことで個性が引き出せる素敵なカスタムパーツになりそうな予感がひしひしと。
 
 これ、後からパーツとして取れますよね?
 ヤマハさんには是非、多めに(そして安く)在庫しておいて欲しいものです。
 
 スタンダードな2016年モデルの青もいい色だし、来年はVMAXの当たり年かも。
 
 
※EICMAで出たXSR900とかMT-10とか、書きたい事まとめてる最中にこの仕打ち!【仕打ち?】
 
 
 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (2)

2015.11.14

【HP更新】VMAXオーナーズミーティング能登レポ完結&シールド

本館更新

 オナミで行った能登の2日目と3日目、そして交換したシールド話。
 やーやっぱツーリングレポートが完結すると落ち着くわー(笑)
 
 さて、どうやら今週末は雨でバイクでは出かけられない様子。
 ヤボ用方々いろいろ片付けるとしますかね。
 
 
20151114
※撮ったは良いけれど使い道のない画像をなんとか活用しようキャンペーン継続中
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

2015.11.11

グリップ!ヒーター!コゥーニュゥーサードースンサ!(なんじゃこりゃ)

 「いや、おっちゃん、最近グリップヒーターが気になっちゃってさぁ…」
 
 
 もちろん、オーバーグローブの時ウインターグローブの時に書いた、「真冬の指先の温かさは重要だけど、だからといって操作性を犠牲にはしない!」の心情は今でも変わっていないわけです。
 そして「ハンドルカバーはまだちょっと…」の思いも。
 
 でもこの前みたいに晩秋の雨の高速道路を延々と走ると、「これでグリップが温かければ確かに楽だよねぇ」って思っちゃって、ついバイクショップ出かけて展示してあるグリップヒーターを握ってみて「温かい…」って感動しちゃったりするわけですよ。
 
 繰り返しになりますが、今まで入れなかった理由は(費用的なものは当然として)グリップが太くなるのが許せなかったこと。
 
 使用する厳冬期だけならまだしも、夏にまで太いグリップ使うのはお断り。
 かといって使うときだけ通常グリップの上に巻くタイプは……ねぇ?(誰に聞いているんだか)
 
 そして探せば「違和感の少ないグリップヒーター」は既にいくつかないわけでもなくて。
 例えばこのジャンルの王者であるホンダのスポーツ・グリップヒーター、そして今年出たキジマのGH07。
 
 共通点は細身であることと、スイッチがグリップ一体であること。
 うん、あの別体スイッチの類もあまり格好いいものじゃありませんから。
 
 さぁて、どうしますかねぇ?
 
 本当に買うなら今の時期がベストなんだけど、うーむ…(と、悩んでいるうちにシーズンを逃す事多し→俺)
 
 
 
※流行語大賞にはノミネートされなかったけどラッスンゴレライより好き(謎)
 
 
 
 
 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (3)

2015.11.08

【HP更新】VMAXオーナーズミーティング能登レポの1

本館更新しました~
 
 ネタはもちろんオナミ。
 とりあえず初日分です。

 いや、今回のオナミも楽しかった。
 できれば帰り道がもう少し・・・なんてあたりは次回にでも。
 
20151108
※撮ってもらったは良いけれど使い道のない画像をなんとか活用しようキャンペーン実施中
 
 
 


◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

2015.11.05

ヤマハのアニメ「Master of Torque(マスターオブトルク)スピンオフ作品 Four Seasons」の感想的なもの

…というわけで、誰に頼まれたわけでもなくヤマハのオリジナルアニメ、マスターオブトルク スピンオフ(外伝)の感想などを書いてみるわけですが。

※一部ネタバレあり
 シーズン1の感想、その1その2その3その4
 シーズン2の感想
 
             ★
 
 
 さて、以前座談会「マスターオブトルクの魅力を語る」の動画を観た後に書いた俺のTweetがこれ↓
 
>あと、Ver n.5 ってのは外伝のはずなのであの姉妹物語希望。
 
…この予想が見事に当たり、姉妹(というか妹)ベースの外伝となっていたわけですが。
 
 
 当たったとはいえ、勝手に考えてた「"これまで"の昔話になるんだろうな」ではなく、時間軸はちょい後の設定のよう。(←バイクを乗り換えているので)
 そして本編の外伝・サブストーリーというよりは、プロモーション・イメージカット的な内容になってます。
 
 漫画で言うと、ストーリー漫画の章間に挟まれた4コマ漫画のような感じかな?
 バックにずっと曲が流れてるのもその印象を高めてる気がしました。
 
#にしてもなんで俺、これ観てて唐突に「日ペンの美子ちゃん」という単語が思い浮かんだんだろう?
 
 経験者が未経験者に語るこの様式は、博士と助手というかトマトと虎オヤジというかやる夫とやらない夫(なんじゃそりゃ)というか。
 そしてこの手の展開は「聞き手側」がターゲットとなります。
 
 つまり今回ヤマハが対象としたのは、自転車をアイコンとする中高生のはず。
 
 だからベタキャラでのベタ演出は狙いであり当然なんですよね。
 結果、いい歳したおっさんが観るとちょい気恥ずかしい思いをしたりするんですが、それも狙い通りと言えるでしょう。
 
 ライダーの心得的解説は極めて穏当。
 そうそう、トンネルはいいですよぉ、特に冬とか雨の時はねぇ…(←先日のVMAXオーナーズミーティングの帰り道で再認識)
 
 今回は短編のためか、主要部以外の作りこみはさらりと軽い印象に。
 それはそれで悪くないんですが、やっぱりバイクの走行シーンだけは「キラキラ」だけじゃなくちゃんと走ってるところをもう少し入れて欲しかったなぁと。
 あと「遊び」ももっと多くても良かったんじゃないでしょうか。「師匠に聞いてる」的なカットは本編のギャグ的要素もあって面白かったですしね。 
 でもまぁ、4分間にあれもこれも詰め込もうとすると破綻しちゃうんでしょうけれど。
 
 「あ~、やっとMTシリーズの先達たるMT-01が出てきたかぁ」とか「4本指握りはどうなんだろ?2本3本もタブーじゃないと思うんだけど」とか観察させてもらったのはこれまでと同様、楽しませて頂きました。
 
 
…というわけで、対象年齢から外れているおっさん(←しつこい)としては、「若い者はいい、若い者は…」と腕を組んだままうんうん頷くのでありました。
 
 正直言うと、出だしの「これ、なんシーシー?」の台詞で俺は充分満足しちゃったんですけどね(笑)
 
 
 
 シーズン1の感想、その1その2その3その4
 シーズン2の感想
 スピンオフ作品 Four Seasonsの感想
 シーズン3の感想
 エピローグの感想

 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (0)

2015.11.03

【HP更新】砂浜お土産画像

遅ればせながら本館更新です。
 

 とはいってもお土産画像のみ。
 土曜日から出かけていたツーリングについては、例によって後日レポートする予定です。
 
 やー、でも楽しかった。
 やっぱオナミは良いわ~
 
 
 

 20151103
※そしてサイバージャック・金田ジャケットのデビュー戦でもあり

 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »