« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月の記事

2015.02.23

すべてがLEDになる

 最近の技術の進歩…というか、一旦発売された後の普及の勢いに驚く今日この頃なんですけどね。
 
 例えばLEDヘッドライト
 
 バルブがじわじわとハロゲンからHIDに替わってLEDのポジションランプも…なんて話していたのはついこの前の気がするんですが、今や純正でLEDのヘッドランプが出る時代になっちゃいましたから。
 
 さて、HIDの時にはいま一つ食指が動かなかった俺。
 というか動くも何も、VMAXの(事実上)純正HIDアブソリュートは定価8万円でしたから範囲外というか想定外というか机上の空論というか。
 
 HIDの普及と共に安価な市販品も出ましたが、VMAXの機能部品に安かろう悪かろうはねぇ。
 それにH4だとハイ・ロー切り替えは機械式なので故障も怖いし、車検の問題もあることだし。
※ハロゲンバルブ用レンズにHIDだと光軸が出にくいとかで。
 
 そこへきてこのLEDブーム(?)です。
 
 省電力・高寿命は同様で、パッシング等もハロゲン同様に行えるし故障の可能性も少ないとか。
 バルブ以外にコントローラーもいるけど、HIDのバーナーよりは気楽に扱えるし、。
 唯一心配だった熱対策用のファン(←動きものは壊れるの法則)も、ファンレスモデルが出てきたり。
 
 そしてとにもかくにも価格。安くは無いけれど手が出せないほどではなし。
 安い海外品が怪しいのはHIDと同様ですが、一流メーカーの品で比べてもHIDより大幅に手軽なのは間違いなしです。
 
 さあて、どうしましょうか。
 今のが切れたら購入してもいいかな?とも思うんですが、俺の中の天邪鬼が「皆が白色白色と騒ぐ今こそハロゲンのイエローバルブだろ!」と騒ぐんですよね(笑)
 
#昔みたいなモロ黄色は使えないけど、今は車検対応のイエローバルブがあるからなぁ…


◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (0)

2015.02.19

VMAX1700 減らなければいいのに

#タイトルは最後まで迷いました。
 
 先のとおり、VMAXの走行距離は5万km超え。そろそろ次のタイヤ交換の時期が迫っているわけでして。
 ただねぇ、高いんですよねぇ、VMAXのタイヤは。
 
 ほとんど手間のかからないVMAXの維持費的な弱点の一つがこのタイヤ。
 ほぼ専用品なので、隼の1.5倍、セローの3倍ほど費用がかかったりとか。
 
 でもまぁ、この車格でそこそこスッ飛ばして走って1万キロ持つってのは凄いとは思うんですけどね。
 
 今の減り具合はセンターにスリップサインが見えるかな~な感じ。
 もちろんサイドは溝くっきりの余りまくり。
 
 よく「タイヤはスリップサインが見えるまで使っちゃダメ!」とかいうじゃないですか。
 それは正しいとは思うんですが、個人的にもったいないなと思う部分もあったりとかします。
 
 スリップサインが出た途端、グリップがゼロになってすってん転ぶわけじゃないじゃないんです。
 注意しながら普通の道を普通に走っている分にはさほど影響が無いとも言えるんです。
 
 危ないのは、直線でも急加減速するとスリップ・タイヤロックしやすいとか、
 水が逃げないから雨の日は乗らないほうがいいぞとか、
 ゴムが薄くなって「たわみ」の柔らかさが減るから冷えてる時は要注意とか、
 何かを踏むとバーストしやすいとか、
 センターとサイドに間に角ができるので倒しこみが二段階になるとか、そんなところ。
 
 う~む、書いてたらなんか早めに交換したほうがいい気になってきたぞ……
 
 まぁこれは逆説的注意点(?)として、タイヤの状態は普段からチェックしておいた方が良いです。溝の残りと共に空気圧も。
 
 エアに無頓着な人って結構多いようですけれど、空気圧って場合によってはサスペンションより大きく影響を感じたりするんですよね。
 
 というわけで、うちのマックスのタイヤ交換はGW前くらいになる予定。
 
 もちろん交換前には派手に白煙上げたバーンナウトの動画を……撮りません!
 
 
 
 
 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (0)

2015.02.14

【HP更新】北海道ツーリングのススメ

「長かったー長かったー年越したー」

 そんなわけで、昨年春に作るはずだったコンテンツがやっと完了です。本館からど~ぞ。

 それにしてもさほどの量じゃないからとナメてました。いざまとめ始めてからあれもこれもって…(以下愚痴なので略

 ともあれこれで一安心。今年のお盆に向けての準備は万全です(早)

 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

北海道ツーリングのススメ カテゴリー

 blog上の当カテゴリー「北海道ツーリングのススメ」として書き溜めた文章は、別途本館に「一度は行きたい 北海道ツーリングのススメ」としてまとめてあります。
 興味ある方は是非そちらをご参照ください。

http://homepage3.nifty.com/gakira/hokkaido.htm


#カテゴリーの整理を行ったので備忘録的に。

| | コメント (0)

2015.02.13

ニンジャクォーターズ (NINJA250 & 250SL)

 カワサキからNinja250SLというバイクが発売されるそうでして…とか書くと意外ですか?カワサキなのに意外ですか?(一体誰に聞いているんだか)
 
 車両のスペックやらなんやらの詳細については例によって検索を。
 
 で、わざわざBLOGに書いた理由は「なんで同じジャンルのバイクを2種類も出すんだろ?」と思ったからでして。
 
 
 Kawasakiのフルカウル250ccロードスポーツには既にNinja250(初期はR、今は無印)があって大売れしてます。
 
 見た目凄い格好いいし速いし、何より安いし。
 昨今の若者がやっと少しだけバイクの方を向いてくれるようになったのはこのバイクのおかげが大きいといっても過言ではないでしょう。
 
 で、そこへきて今回の250SLです。
 
 これもとても格好がいい、俺は無印よりこっちのデザインの方が好きかも。
 
 でもね、これも同じフルカウル250ccロードスポーツなんですよ。
 
 
 売れているバイクのバリエーションを増やすならまだしも、エンジンから何から何まで違うまったくのブランニューを持ってくる意図はなんなんでしょう?
 バリエーションであれば既にZ250(ネイキッド)もあるんですよね。
 
 それに売れているとはいっても、残念ながらパイがそもそもそんなに大きくはないわけですから。
 
 
 無印ニンジャとの違いは、単気筒であること、より軽くてスリムなこと、より安いこと。
 
 思いつくのは、同じ単気筒フルカウル250ccのホンダCBR250Rへの対抗策。
 でもこれも無印があれば充分な気がするし、事実現在でも(以下自粛)
 
 「ならレース関係かな?」とも思ったんですが、ST250クラスには無印でも参加できるし、CBRのワンメイクレースにはそもそも出られるわけはないし。
 
 もしかしてCBRと共に「単気筒250ロードスポーツ」ってジャンルでライバル関係を構築していきたい、そう、昔のYSR50とNSRの関係のように……まで考えるのはうがちすぎですかね?
#でもそうすれば無印NinjaはヤマハR25対策に特化できるよな…
 
 
 ともあれ、何度か書いているように、俺としてはオートバイ全体のバリエーションが広がるのには大賛成。共倒れにならない範囲で(をい)頑張って欲しいと思ってます。
 
 それにホラ、このクラスのエントリーモデルからバイクを知った人たちは、その後のステップアップにも同じメーカーにすることが多いだろうからカワサキのメリットも……って、まさかこれが真の狙い!?
 
#律儀な日本人の気質考えると意外に本質を突いているような気がしないでも。
 
 
 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

 

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »