« ネットリテラシーに花束を | トップページ | 2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の1 »

2014.10.09

【偶には四輪】せんしんてくのろじーとわたくし、その2

 シンクロニシティというかなんというか、先日書いたコレの後、まさにそんな車に乗る機会がありまして。
 
 お借りしたのはハイテク満載の高級ハイパワーカー。
 なんてったってさんびゃくにじゅう馬力でごひゃくまんえん以上するんですってよ奥様!
 
 んで、そんな車の鍵を渡されて、恐る恐るワィンディングを振り回させていただきました(矛盾)
 
 いやぁ速い速い。さすがはさんびゃくにじゅー馬力、4人乗ってたのに凄い加速で山登っていきます。
 
 加速感自体はもちろんVMAXの方が上ですが、なんてったってこっちは足が4本付いてますからね、特にコーナーリングの速度というか安定感は段違い。
 
 タイヤのグリップ感なんてバッキバキのカッチカチ(?)ですよ。
 これまたさすがの19インチ35(30だったかな?)扁平タイヤ。残念だったのは「内側の前輪を溝に落としてぇ!」とかができなかったこと、まぁ実際にやったらオーナーに●されますが。
※↑扁平率に関わらずやっちゃ駄目です。
 
 オートマのシフトチェンジはフロアとパドル併用ですが、ん~、やっぱパドル側は俺には使えないですね。
 
 ヘアピンの連続する峠だとハンドルの持ちかえ(送り)が必要になるのでパドル位置はワケワカメ。
 ステアリングギア比を変えて(せんしんてくのろじー車はこんなものまで変えられるんです!)一番クイックにしても駄目でした。
 パドルが使えるのはハンドルの舵角で90度くらいまでかな?高速道路の山越えルートとかでなら便利かもしれませんね。
 
 んで、ここまで電子制御テンコ盛りだと走る以外の部分でも俺の頭が大爆発。
 
 あっちこっちに付いてるサブディスプレイに文字や絵がピカピカしてますがまったく意味不明。
 ハンドルにもいっぱいボタンが付いてるんですが怖くて触れず。
 例えばパーキングをリリースするだけで大騒ぎ。(←これまたボタンが多い)
 あちらものの右ハンドル車なんで、曲がり角でワイパー動かしたりとかのお約束も当然です。
※左ハンドルなら間違わないんだけどなー(←言い訳)
 
 もちろんメーカーや車種によるんでしょうが、いや、ホント凄いですよ、最近のこの手のハイテクってのは。
 取扱説明書はどのくらいの厚さになってるんだろうなぁ…
 
 ともあれ、「やっぱハイパワー四輪も面白いな」と思いました。
 
 もうちょっと軽量だと動きが変わってまた違う感触かもしれません。
 あとは…路面にギャップがあっても砂利巻き上げてもホイールや下回りの心配をしなくて済むくらいのグレードだとまた違う…(略)
 
※個人的には扁平はゴーマルくらいが実用的で見た目も格好いいと思っていたり。でもオフセットはツライチでお願いします!
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

|

« ネットリテラシーに花束を | トップページ | 2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネットリテラシーに花束を | トップページ | 2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の1 »