« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の記事

2014.10.28

(今は行けないけど)キャンプへ行きましょう

 でまぁ、本館サイトも書いたとおり、バイク復帰は11月中旬になりそうなのでそれまではコネタとかBLOGとかでお茶を濁そうと思ってるんですけどね。(をい)
 
 
 んで、通院がてら本屋覗いたりしてるんですが、先月今月辺りのバイク雑誌が軒並みキャンプ特集やっててちょっと笑ってしまいました。
 
 楽しいですからねぇ、キャンプ。
 
 特にこの時期は気温が丁度いいし、天候も安定しているし、紅葉を含めた景色もいいし。
 「秋はどことなく物悲しい気がする」のもまたキャンプ向きといえるかもしれません(笑)
 初めてのキャンプを狙っている人には一番お勧めの季節ですね。

 そういえばよく「キャンプが好きになるかどうかは初回のキャンプで決まる」とか言われるじゃないですか。
 それは否定しないんですが、んじゃ初回に良いキャンプができたから好きになるか?(あるいはその逆)というとそうでもないように思うわけでして。
 
 なんか「好きになる人はどう転んでも好きになる」気がするんですよ。
 
 キャンプという非日常空間を面白く感じるか。
 不便を不便として許容できるか。
 その上で「ならもっと遊んでやろう!」と考えられるか。
 
 この辺りが分かれ目な気がします。もちろん単に「面倒くさいのは嫌」もあるでしょうけれどね。
 
 だから「キャンプって面白そうだな」と思った人にはとにかく一度出かけてもらいたいなと思います。
 どんな形でもいいから一度試してみて欲しいなと。
 
 「道具がな~」という人も多いでしょうけれど、正直そんなのはどんなものでもいいんです。
 ホームセンターの安いテントと銀マットと家にある毛布丸めて持っていけばそれでOK、折り畳み椅子(背もたれ付き)があると更によし。
 
 現地でだってBBQしなきゃいけないわけじゃないし、焚き火しなきゃいけないわけじゃないし。
 コンビニ弁当食べながら缶ビール飲んで、夜空見上げてるだけでも凄く楽しいものですからね。
 
 バイクキャンプに拘ると確かに敷居は上がるので(積載量的に)四輪車持ってる人ならそちらを使うのがあらゆる意味で手軽でしょう。
 四輪車だとテントすら不要かもしれません。車のシート倒して寝床にして……だとキャンプというより野宿に分類されるかもしれませんが、本質的なところは一緒ですから。
 
 大勢で出かけてわいわいやるもよし、一人で行って物思いに耽るもよし。
 
 ええ、ホント楽しいですよ、キャンプって奴は。
 
 
※さて、この文中に「キャンプ」という文字はいくつ出てきたでしょうか。(典型的悪文)
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

2014.10.24

【偶には自転車】…で、やっちゃいました、のその後

 まずはご心配いただいた皆さんありがとうございました。
 でまぁ、その後のご報告ということで。
 
 結果的に言うと背骨への致命的なダメージは無し。診断的には「脊椎からの信号に異常はみられず」だそうです。
 どうやら後遺症とかは考えなくて済みそうでほっとしました。
 
 初見のレントゲンでヤバそうに見えた部分は陳旧性、つまり「今回ではなく以前に折っていた」らしいです。
 う~む、過去、骨折するほど背骨をひどく打ったとか痛くて困ったとか言う覚えはないんですけどねぇ…それとも覚えが無いくらい昔かなあ…
 
 ともあれ、背中が痛い(骨ではないとなると捻挫?)のと肋骨にヒビ入って咳やくしゃみできないのとこちらは確かに折れてる指にギブスしていて箸やペンが扱えなくてイライラするのは変わりなし。
 2,3日後から出てきた膝とか肩とかの打撲痛とあわせてゆるゆる療養していこうと思ってます。
 
 全治1ヶ月らしいので復活は11月半ば以降の予定。
 当然紅葉は終わっちゃってますね。orz
 
※「全てを脱ぎ捨てた本当のワタシ」的なMRI画像を載せようとも思ったのだけれど妙にリアルだったので自粛。
 
 
 
 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ


| | コメント (4)

2014.10.19

【偶には自転車】…で、やっちゃいました

 茂木GPネタをアップしおえて一安心、とか書きながらなんですけど。
 
 Twitterをご覧の方ならお判りのとおり、土曜日に宇都宮市内で行われた自転車レース、ジャパンカップのクリテリウムって奴を見に行きまして。
 
 自転車レースを見に行くので当然自転車で。
 夕方まで楽しんで、さて、どうせなら遠回りして帰ろうか?とか余計なこと考えたのが運のつきなわけです。
 
 薄暗くなった通りの車道側を走っていて前方に障害物。なので歩道側へ入ろうかとハンドル切ったら車道との段差で前輪が綺麗に横滑り。
 
 ええ、見事に吹っ飛びました。そして背中から歩道へ叩きつけられました。
 
 最初に思ったのは「うわ~、ヤバいところ打った~」
 
 いつもの火事場のバカ力でも自転車を起こすのが精一杯。グキグキ痛む背中に立ってられなくて、体育座りで歩道にへたばり込みました。
 
 こんな時、少し経てば痛みは大抵収まるものですが今日はダメ。「半身不随」とか「車椅子生活」とかがぐるぐる頭をよぎったりとか。
 たまたま誰も通らなかったんですが、もし誰かに「大丈夫ですか?救急車呼びますか?」とでも聞かれたら涙目で頷いていたでしょうね。
 
 でまぁ、誰も助けてくれなかったので30分後に立ち上がって、背中丸めて(これが一番楽な姿勢)自転車乗って自宅まで10km走りました。「いやぁ、偉いぞ昨日の俺!」
 
 自宅でも「緊急医療」という言葉が浮かんだんですがとりあえず我慢。
 「痛いよ~寝返りうてないよ~」とわめきながら一夜を過ごしました。
 
 
 いやぁ、今更ですが安全装備って大切ですねぇ。
 今回の件ももしセロー用ジャケットでも着ていたら笑い話で済ませられたはずですから。
 ヘルメット、グローブと装備していたのがせめてもの救いではあるんですけれど。
 
 
 でまぁ、本日朝一番で地元の休日診療の整形外科行って「あ~こりゃダメだ、MRI撮ってきて」とか言われて専門医まで足を伸ばして。
 詳しくはMRIの結果待ちですが、やっぱり背中をちょいヤッちゃったかもです。
 他の被害は薬指の骨折と肩と膝の打撲。あと咳ができないので肋骨を少々。
 
 とりあえず秋の紅葉観光は全滅ですね、新しい3シーズングローブが届いたんですが今シーズンは使えないかもなぁ。
 いろいろ影で計画していたオフもあったんですが、これまた全てキャンセルということになりそうです。
 
 あ、お見舞い金は随時受付中ですのでいつものとおり俺のスイスの秘密口座へよろしくです。(はぁと)
 
 
 
 ◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

 

| | コメント (6)

2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の4

 でまぁ、最後にポツポツと小ネタを。
 
 肝心の予選見学のメインはお気に入りのZ席で。
 うちの55mmのズームだとコレくらいしか寄れませんが、実際にはホントよく見えます。
 茂木で一番ハードなブレーキングからの鋭角コーナーは迫力ありますよ。
 
201410191
  
 お疲れ様なオフィシャルの方々と救急車。
 そういえばZ席名物の空き時間でのオフィシャルによる組体操、今回は見られなかったんですよね。
 本戦ならやるのかな?知ってる人教えてぇ~
  
 201410192
 
 話題のTRICITYとR25にはワークスカラーバージョンが。
 トリシティは通常バージョンに跨らせてもらうことができましたよ(喜)
 
201410193
  
 そして九州からの刺客発見。
  
201410194
  
 こちらは特車二課。
 
201410195
 
 オーバルエリアに設営されていたACE CAFEと中に展示されていたCB1100。
 意外かもしれませんが俺、この手のカフェレーサーって決して嫌いじゃないんですよ。でもまぁ、実際に乗るとなるといろいろと…
  
 201410196
 
201410197
 
…というわけで、9時過ぎに入って16時までたっぷりと遊べた1日でした。
 
 この日は1日中晴天。但し気温の上下が大きくて、行き帰りはジャケットのジッパーを首まで上げてましたが日中はTシャツ1枚でOK。
 あと日が落ちるのが早くなってきたのでスモークシールドで行ったのは失敗でしたね。
 
 そうそう、出かけるときは是非歩きやすい靴で。遠くからバイクだとなかなか難しいですけれど。
 俺はセローで行くのにジョギングシューズにシフトパッド付けました。これも行程1時間だからできる技かと。
  
 
 来年も多分行くでしょう。ええ、天気がよければですけどね。
 
#そういえば今年はコレクションホール入らなかったなぁ、まぁ他が盛りだくさんだったし。

 
 
 2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の1
 2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の2
 2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の3
 2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の4
 
 
 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (0)

2014.10.17

2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の3

 さて、で、中に入ってメインのサーキットの様子なんですけど。
 
 相変わらずショップは多数出てました。
 
 茂木の固定店に加えてテントやらブースやら屋台やら。
 「あれ?でもここしばらくに比べて食べ物屋が減ったんじゃぁ?」と思ったんですが、実はこれにも裏がありました(後述)
 
 まずはぶらぶら見て回って土産物を物色して。
 そしてオフィシャルグッズで面白いの見付けて「荷物になるから帰りに買おうっと」と思ったら、夕方には売り切れていてがっかり。
 きっと翌日の決勝には別のロットが補充されるんでしょう。オフィシャルグッズとはいえ、気に入った品物があったら即購入しておく事をお勧めします。
 
 この手のイベントでは食べ物・飲み物にネタ物が多いのも面白いところ。
 このビールも試したかったんですが、バイクで来ていて唯一残念なのは現地で酒が飲めない事なんですよねぇ。
 
201410172
  
 今年一番嬉しかったのは、なんとオーバルコースエリアが開放されていたこと。
 
 そしてここに出ていたんですねぇ、食べ物屋が…というか、ストレート上が一大食堂街になってました。
 その名も「ワールドフードコート」 
 そしてドラッグ痕のある食べ物屋街って珍しいでしょ?
 
201410173
 
201410174
 
 椅子もテーブルもたっぷり準備。本戦はともかく、予選日だとこの手のスペースにも余裕があるので落ち着けます。
 
 もちろんオーバルは歩くだけでも楽しいです。
 
 本コースのすぐ脇だし、バンクはそれはもうナナメだし。
 日陰にマット敷いて寝そべってる人もいましたが、そういう観戦も楽しいかもですね。(但し位置が低いので見晴らしはいま一つ)
 
2014101741
 
 オーバルから出てメーカーブースを一回り。
 
 ヤマハでは丁度チャリティーオークションやってました。
 
 ロッシやらロレンソやらのサイン付きシャツが2万3万でバカスカ落札されてて「やっぱ多少は景気良くなってるのかなー」とか思ったり。
 ちなみにロッシのagvヘルメットは21万円で落札されてましたが、新品が19万円するらしいのでこちらは意外にお安かったのかもしれません(そうか?)
 
201410175
 
 そしてどこのメーカーブースでも著名ライダーのトークショウが。
 この時ばかりは予選日だろうとなんだろうと人が集まりますね。
 
 
…というわけでもうちょっと続きます。
 
 <続く>
  
 
 
 2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の1
 2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の2
 2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の3
 2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の4
  
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

2014.10.16

2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の2

 さて、んでツインリンクモテギが凄いよなぁと思うのは、この手のイベントの時に「バイクで行くと」「ライダーには」なサービスがたっぷり付いてくるところなわけです。
 
 今回も当然のように特典が。
 これも前売りだと更なるサービスがあったようなんですが、前述のとおり俺は当日券だったのでそれ前提で。
 
 まずは、バイクで行くと500円の割引券が貰えます。
 昼飯に使うもよし、土産に使うもよし。
 出店とか使用できない店もありますが、まぁ持て余すことはないでしょう。
 
 サーキットをさておき(をい)ハローウッズまで行くと「ふるまい鍋」と称してトン汁を頂けました。
 
201410161
 
 このハローウッズという場所、実は初めて来ました。
 バイクにはあまり関係ないし、場所的にちょい山の上にあって普段はなかなか足が向かないんですよね。
 施設的にはお子様向けの自然工作館といった感じ。でもサーキット建設時に出土した土器とかも飾られていてなかなかに興味深いです。
 
 ここの受付では更にペットボトルの水もプレゼントしてもらえました。
 尚仁沢湧水と栃木押しなのが嬉しいところ。ちなみにこの尚仁沢湧水ってのは、近くに放射性廃棄物の最終処分場を作られると騒がれてる奴だったりします。
 
201410162
 
 隣のファンファンラボは特にサービスはありませんでしたが、80年代のレーサーレプリカフェアをやっていたりとか。
 画像は2スト250そろい踏みですが、中には4スト400とか750も勢ぞろい。
 この時代のバイクはいつもはコレクションホールで見るんですが、こうして並べて見るとまた違った感慨がありますね。
 
201410163
 
 余談ですが、このジップライン・つばさ
 ワイヤーにぶら下がって山の上からサーキットの中までがりがり降りていってなかなか楽しそう。一度試したいと思ってるんですけどねぇ。
 
201410164
 
 今年のGP、サーキット外にも一般ショップのお店が出ていました。
 雑誌社とかパーツ屋とかはいつものとおりとして、俺が立ち止まったのがここのお店。
 このエキゾースト形状のチタン製カップ。凄い欲しかったんですが…誰かプレゼントしてくれないかなぁ…
 
201410165
※もちろんお店の方に撮影了承済み
 
 その他、各種グッズが当たる抽選券も貰えたりとかするので、「茂木へ来るなら是非バイクで!」とお勧めしたいところです。
 
 というわけでまだサーキットへ入っていないのでまだまだ続きます。
 
 <続く>
 
 
 2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の1
 2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の2
 2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の3
 2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の4
 
 
  
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (0)

2014.10.15

2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の1

 まぁ裏ネタったって、うちのBLOGでレースの裏ネタができるはずも無いことは既にお判りだと思いますが(威)
 
 さて、ツインリンク茂木まで1時間とかからず行ける環境にある俺としては、年に一度のmotoGPはできるだけ観に行けるよう努力しています。
 
 但し、行くのはほぼ予選のみ。
 
 理由はいくつかあるんですが、とりあえず大きいのはやっぱ入場観戦料。
 
 今年でいうと、前売りで買えば金・土・日の3日間通しで9300円(だったかな?)と比較的お安くは上がるんですが、これはフリーエリアのみでの話。
 実際に決勝を見に行くと「指定席も!パドックも!」となる事は間違いなく、そうすると費用は倍々ゲームで増えていくわけです。
 
 これが予選の土曜日1日なら当日券で4200円ぽっきり。
 しかも前売りと違って「天気どうかなぁ?」と心配しないで済みます。当日になって「雨だからや~めた」ができますから。
 
 そして予選日は決勝では有料の席にも入り放題。
 
 メインスタンドも人気のZ席(バックストレートエンド)もばっちこい、今年なんてオーバルコース上まで入れました(後述)
 
 そして各種イベントは決勝と同様レベル。
 有名ライダーのトークショウも各種あって、どこへどういう順で回るか悩むほど。
 
 もちろんショップ、土産・食べ物屋の類も同様。
 限定土産も買えるし、各種グッズも選びたい放題です。(一部例外あり:後述)
 
 メインのレースだって明日のグリッドがかかってるので皆本気モード。
 最近はブロックに分かれて予選やるので時間的な駆け引きとかも見られて実に面白いです。
 
 そうそう、観客数が「メチャ込みではなくかといって寂しいレベルではない」のも雰囲気に大きく影響しますね。
 
 ええ、1回やっちゃうとやめられませんよ、予選日の観戦は。
 
 さて、んで先に書いたとおり予選レースの内容云々なんてのは置いといて、周囲の雰囲気というか主としてツインリンク茂木の様子なんぞをこの後つらつら書いてみようかと思ってます。
 
※そしてこの辺りの事、過去2回くらい同じこと書いてる気がしますが例によって気にしません。
  
   <続く>
 
20141015
※いずれにせよこの走りは人間の技じゃないよな
 
 
 2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の1
 2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の2
 2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の3
 2014 MotoGP 日本グランプリ・ツインリンク茂木 予選裏ネタ集の4
 
 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ


| | コメント (0)

2014.10.09

【偶には四輪】せんしんてくのろじーとわたくし、その2

 シンクロニシティというかなんというか、先日書いたコレの後、まさにそんな車に乗る機会がありまして。
 
 お借りしたのはハイテク満載の高級ハイパワーカー。
 なんてったってさんびゃくにじゅう馬力でごひゃくまんえん以上するんですってよ奥様!
 
 んで、そんな車の鍵を渡されて、恐る恐るワィンディングを振り回させていただきました(矛盾)
 
 いやぁ速い速い。さすがはさんびゃくにじゅー馬力、4人乗ってたのに凄い加速で山登っていきます。
 
 加速感自体はもちろんVMAXの方が上ですが、なんてったってこっちは足が4本付いてますからね、特にコーナーリングの速度というか安定感は段違い。
 
 タイヤのグリップ感なんてバッキバキのカッチカチ(?)ですよ。
 これまたさすがの19インチ35(30だったかな?)扁平タイヤ。残念だったのは「内側の前輪を溝に落としてぇ!」とかができなかったこと、まぁ実際にやったらオーナーに●されますが。
※↑扁平率に関わらずやっちゃ駄目です。
 
 オートマのシフトチェンジはフロアとパドル併用ですが、ん~、やっぱパドル側は俺には使えないですね。
 
 ヘアピンの連続する峠だとハンドルの持ちかえ(送り)が必要になるのでパドル位置はワケワカメ。
 ステアリングギア比を変えて(せんしんてくのろじー車はこんなものまで変えられるんです!)一番クイックにしても駄目でした。
 パドルが使えるのはハンドルの舵角で90度くらいまでかな?高速道路の山越えルートとかでなら便利かもしれませんね。
 
 んで、ここまで電子制御テンコ盛りだと走る以外の部分でも俺の頭が大爆発。
 
 あっちこっちに付いてるサブディスプレイに文字や絵がピカピカしてますがまったく意味不明。
 ハンドルにもいっぱいボタンが付いてるんですが怖くて触れず。
 例えばパーキングをリリースするだけで大騒ぎ。(←これまたボタンが多い)
 あちらものの右ハンドル車なんで、曲がり角でワイパー動かしたりとかのお約束も当然です。
※左ハンドルなら間違わないんだけどなー(←言い訳)
 
 もちろんメーカーや車種によるんでしょうが、いや、ホント凄いですよ、最近のこの手のハイテクってのは。
 取扱説明書はどのくらいの厚さになってるんだろうなぁ…
 
 ともあれ、「やっぱハイパワー四輪も面白いな」と思いました。
 
 もうちょっと軽量だと動きが変わってまた違う感触かもしれません。
 あとは…路面にギャップがあっても砂利巻き上げてもホイールや下回りの心配をしなくて済むくらいのグレードだとまた違う…(略)
 
※個人的には扁平はゴーマルくらいが実用的で見た目も格好いいと思っていたり。でもオフセットはツライチでお願いします!
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

| | コメント (0)

2014.10.07

ネットリテラシーに花束を

 んでまぁ、この前ハードディスクのバックアップから大昔の通信ログ見つけて懐かしんで、日付見てあまりの古さに愕然としたんですけどね。
 
 
 何度か書いてますが、俺がネット始めたのはパソコン通信、今の@niftyがNIFTY-SERVEだった頃の話でして。

 通信はもちろんモデム。
 9600の奴でピーピーガーガーやって…なんて書くと「俺は2400だった」「カプラー使ってた」って"どうだ俺のが古いだろう自慢"が出てくるんでやめときます。
 ホラ、バイクとかネットの経歴長い自慢する奴にろくなのは(略
 
 んで、当時から言われていたのが匿名の重要性です。
 
 個人情報保護うんたらが言われるようになったのは結構最近だと思うんですが、あの頃のパソ通でもかなり厳格にやってた気がします。
 
 本名出すなんて論外。住んでいるところの詳細なんてとんでもない。年齢も誕生日も非公開あたりまえ。場合によっては性別も内緒。
 まぁ顔出し云々なんてのは、基本的に画像が使えなかったあの頃の通信環境ではそもそも話題にさえなりませんでしたけどね。
 
 今から比べるとクローズドな環境だったし参加者も限られていたのにどうして?という気もしますが、それだけネットの危険性を認識していたということなんでしょう。
 限られた参加者=濃い人間、だからだったという要素もあるかもしれません。当時ですら今で言うストーカー的な話を聞くことがありましたから。
 
 なので、そんな時代の人間からすると最近のオープンぶり(というか無警戒ぶり)はびっくりすることしきりです。
 
 本名、顔出しなんでもあり。
 勤務している会社や出身学校まで。
 
 いえ、これもちゃんとした大人が自分でリスク判断して遊んでるなら心配しないんです。
 事業やってる人にとっては宣伝になるかもしれないし、単に有名になりたい人もいるだろうし。
 
 だから基本実名なFacebookとかも「そう遊びたい人」には良い場だと思います。
 社会人になるとなかなか難しい「仕事以外の知り合いを増やす」良いツールのはず。それに人間、実名出してるとそうそう無茶な事はしませんしね。
※まぁ何事にも例外はありますが。
 
 
 さて、なので自分の分は好きにやって頂いて結構なんですが、「自分じゃない分」はそうはいきません。
 実名を出されたくない、リスクが大きい、単純に困る。
 そんな風に考える人も多いわけです。
 
 でもね、「自分は名前・顔出ししても大丈夫!だから他の人も大丈夫!」
 こう考えてしまう人も少なくないんですよ。
 
 だから公開の場で、普段ハンドルネーム使ってる人に「(本名)さんこの前はありがとう!」とかやってしまう。「○○さんとランチ!」なんて画像上げてしまったりもする。
 
 実はこれもやり方次第なんです。
 名前出そうが顔を写そうが、それが「いつもはハンドルネームで出ているあの人」と結びつかないように上手くやってくれればいいんです。
 でもまぁ、大抵はバレバレになっちゃうんですけどね。
 
 もしかするとこれは「客観視」ができるかどうかなんでしょうか。
 「俺はこう思ってる。でも他の人は違うかもしれない」あるいは「俺はこれを知ってるけど見ている人は知らないはず」が想像ができるかどうかという。
 
 
 先に書いたとおり、個人情報をオープンにするリスクをどう考えるか?もしくはどこまでが個人情報なのか?は人により異なります。
 
 今の若い人だと「え~なんで本名隠すの?顔出しちゃダメなの?」かもしれませんし、俺のような古式ゆかしい堅物だと誕生日ですら「ん~」と思ってしまうわけです。
 
 ネットを使う上で「必要な情報を引き出す」事は経験により上手になっていくものですが、同時に「される側の意識・考えも考慮して公開する」も上手になって欲しいなあと思うんですよね。
 
 
20141007
※タイトル「本当は怖いぐんまちゃん」(例によって本文とは関係ありません)
 
 
 
 
 
 
◆↓「ツーリング」と「バイクカスタム・整備」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


| | コメント (2)

2014.10.02

グリップスワニーは振り向かない

 先に書いたスリーシーズングローブ。「ホントどうしようかなぁ?」っていろいろ考えていて思い出したんですけどね。
 
 今更ではありますが俺は結構長いことバイクに乗っておりまして。
 まぁ「バイクとネットの経験が長いのを自慢する奴にろくなのはいない」というのをよく聞くので「俺が若い頃は…」って系はなるべく禁句にしてるんですけどね(そうか?)
 そういえば昔、長いこと使ってたグローブがあったなぁと。
 
 それがタイトルのグリップスワニー(GRIP SWANY)
 
 これのG-2ってモデルを3セットくらい使いました……と書いてから自分のサイトを検索してびっくりしたんですが、俺、少なくとも1999年までは使い続けていたんですね。
 いや、なにせ確か最初に買ったのは学生の時だったはずですから。
#学生から1999年までの期間がどれくらいかは秘密。
 
 最初に買った理由は…確かホームセンターで試着して気に入ったから。
 
 このグローブはバイク用じゃなく普通の作業用グローブ。
(後にはバイク用と称するモデルも出たんだったかな?)
 「バイクに乗るのに使う滑らない皮グローブを」って探してて見つけたような気がします。
 当時は通販なんてのはバイク雑誌の広告にしかなかったし、バイク用品店なんて宇都宮に1件あっただけ。オートバイ専用品を地方で手に入れるのはホント大変だったんですよ。
※&もちろん資金的な意味でも。
 
 このグローブ、とにかく付け心地が良かったのを覚えてます。
 あとは「丈夫でケプラー糸使用!」という売り文句かな?確かにそれ以後も糸が切れたって覚えは無いですね。
 
 3シーズンというか、メッシュグローブなんてものは存在していなかったので真夏もばりばり使用。
 もちろん汗びっしょりになるので家庭用中性洗剤つけて洗ったりとかの無茶もしてました。
 まぁちゃんと陰干ししてミンクオイルは塗ってましたけど。
 
 真冬はどうしたんだったかなぁ?冬グローブって持ってなかったはずなので我慢してたんでしょうねぇきっと。
 さすがにサーキットを走り始めてからはそれ用を買い足しましたが、街中・ツーリングは全てこちらのグローブでした。
 ロングに使うと右手親指の付け根にマメができやすかったのも今となっては良い思い出ですね。
 
 で、実はこのグローブ(の三代目)今も現役で使っていたりします。
 さすがにバイク用ではなくキャンプ用、ダッヂオーブンを扱う時に便利なんですよね。ちょっと汗(脂)臭くはありますが。
 
 定番商品で今でもしっかり売られているとのこと。何かの折に新品を手に入れてもいいかなと思ってます。
 
※あとで画像載せましょうかね、三代目の臭い奴を(笑)
  
 
 
 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »