« 【HP更新】お盆ツーレポの1 | トップページ | ヤマハMT(MT-09,MT-07)プレミアム試乗会 じっくり見てみた編 »

2014.08.24

ヤマハMT(MT-09,MT-07)プレミアム試乗会 乗ってみた編

 先日というか昨日(8/23)、ツクバ1000で行われたMT PREMIUM試乗会ってのに行ってきまして。
 ヤマハの新型車、MT-09とMT-07にサーキットで試乗できるというイベントです。
 
 これ、あらかじめ申し込んで抽選に当たった人だけが参加できます。
 VMAXとセロー持ってて当面新しいバイクを買う予定の無い(買えない)俺が何故かというと、「だって面白そうなんだも~ん」
 
 事実、面白かったんですよ。
 なので(買えない代わりに)興味ある方向けにblogで報告してみようと思うんですけどね。
 
 
         ★
 
 
 さて、で、最初から「乗ってどうだったか」を書いちゃいます。
 
 「この装備がー」とか「デザインがー」とかは後で画像みながら書けますが、乗ったイメージって後だと薄れちゃいますからね。
 脈絡なくいきますのでいつものとおり乱文乱筆はご容赦ください。
 
 
■MT-09
 
 ん~っと、軽いです。
 
 ポジションは完全にモタード。ファットバーのハンドルはフラット&広め。なのでシートには前に座ることになります。
 
 走行はサーキットは2周を2本、かるがも走行ではありますが、2-4速でそこそこ開け閉めできました。
 残念なのは安全を考慮して「Bモード(出力おだやかモード)」固定だったこと。まぁどんな輩が来るか判らない試乗会では仕方ない事ですけどね。
※開発者の方も影で(?)「本当はAモードでがんがん試乗してもらいたい~」って言ってました。
 
 印象としては「サスペンションがよく動く」
 
 特にフロントがよく動きます。減速でも加速でもすーっと入っていくのでグリップ感がよく安心して寝かせていけます。
 過激な特性でフロントが浮きやすいとか言われるMT-09ですけど、サスの動きも影響しているんじゃないかと思ってみたり。
 
 Bモードにも関わらず「馬力足りね~」と騒ぐことはありませんでした。
 ストレートでもうひゃ~って加速していくし、街中とかはこのモードのほうが走りやすいんじゃないかと思ったり。
 まぁAモード試していないんでなんとも言えませんれど。
 
 
■MT-07
 
 
 ん~っと、軽いです2。
 
 ポジションは普通ですが、09の後だからかハンドルが狭く低く感じたり。もちろん前傾になるようなことはありませんけどね。
 
 サーキットは同じく2周を2本。
 1本目のイメージは「落ち着かない」 妙にひょこひょこ動いて少し安定感に欠ける感じがしました。
 今回の試乗車のMT-07は全て新車卸しとのことなのでナラシ的なものも影響しているかもしれません。
 
 なので2本目はサスを積極的に動かすべく開け閉め。そうしたらなんとなく落ち着いた感じ。
 新車の影響ではなくこういう設定だとしたら、街中ではヒラヒラな軽快感は出ると思います。反面、高加重かけて曲がっていくような時にはちょい工夫が必要かもしれません。
 
 エンジンは充分で…というか結構過激な感じ。
 こちらにはモード切替は付いていなので本来の力が出ているんでしょう。
 軽さに任せてアクセルがば開けすると結構楽しいことになりそうです。
 
 MT-07はこの他に「軽さ体験コーナー」があって、パイロンジムカーナ的なことをやらせてくれました。
 ジムカーナは俺の最も苦手とする分野なので恐る恐るでしたけど、軽さの他に低速の粘りも感じました。
 そして先の「ひょこひょこ動く感じ」はやはり極低速時には良いほうに働きますね。
 
 
■比較
 
 MT-09とMT-07、本当は他のバイクと比べてどうかじゃないといけないんですが、2台の試乗会なんでどうしても2台の比較になっちゃうんですよね。
 
 まずこの2台、結構違います。
 
 共通部品は多いし(別途書きます)見た目も一見すると似てますが、目的…というより出来上がったものが違う感じ。
 
 MT-09は、一通りやっちゃった人が「何か面白いバイクないかな?」向け。
 ベストを狙うんじゃなく、ヤンチャしている雰囲気がしました。
 
 そこそこの経験がある人ならお分かりのとおり、街中&峠で強いバイクってSSじゃなくてモタードじゃないですか。
 多少荒れた路面を蹴飛ばしながらオラオラオラーって走る、そんな乗り方ならMT-09はかなり面白いでしょう。
 
 
 対してMT-07は正常進化系
 
 車体重量の軽さがアピールされてますが、それ以外はなんというか「良いバイク」
 軽くて足着きよくてスマートなので、「免許はあるけど大きなバイクにはなかなか…」という層にお勧めできます。
 
 で、油断しちゃいけないのは「出そうと思うと出てしまう」こと。
 
 この400cc以下の重量にCBR600RR並みの馬力って、昔のF3マシンみたいなものです。
 こんなバイクにアップライトなポジションで乗っているわけなので、スロットルワークは慎重にする必要があるでしょう。
 このバイクを買う(であろう)層を考えると、個人的にはMT-07の方にこそローパワーモードが必要なんじゃぁ?ってと思いました。まぁこっちは電子制御スロットルじゃないのでコントロールはできないんですけどね。
 
 
 
…とまぁ、勢いに任せて書くとこんな感じでしょうか。(ヒヤヒヤ)
 
 先のとおり、装備やデザイン的なところはまた別に書きますね。
 
20140824
※格好つけて爪先立ちしてますが、実際はベタ足ですよん。
 
 
 
<関連> 
■ヤマハMT(MT-09,MT-07)プレミアム試乗会 乗ってみた編
■ヤマハMT(MT-09,MT-07)プレミアム試乗会 じっくり見てみた編
■ヤマハMT(MT-09,MT-07)プレミアム試乗会 参加してみた編
 
 

◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

|

« 【HP更新】お盆ツーレポの1 | トップページ | ヤマハMT(MT-09,MT-07)プレミアム試乗会 じっくり見てみた編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3622/60202764

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハMT(MT-09,MT-07)プレミアム試乗会 乗ってみた編:

« 【HP更新】お盆ツーレポの1 | トップページ | ヤマハMT(MT-09,MT-07)プレミアム試乗会 じっくり見てみた編 »