« 走り方・スピードという奴 | トップページ | ユニクロ防風ジーンズ »

2010.11.25

危うい状況という奴

 でまぁ、同系ネタのまとめとしてなんですけど。

 そもそもこれらを思いついたのは、先日のツーリングで伊豆スカイラインを通ったからなんですね。
※伊豆スカは<2>に記載予定。

 日曜のお昼前の著名な観光道路。当然家族連れの乗った4輪車がたくさん走ってます。
 そして車の列を縫うように、凄い勢いでバイクが走っていきます。

 それを見ていて同行した方がぼそっと言った、「危ういなぁ」という言葉にはっとさせられたんです。

 繰り返しになりますが、俺は「一般道で飛ばすな!」とか「追い越すな!」とか言うつもりはありません。言うと閻魔様に(略)です。
 でも、この時の状況は確かに「危うかった」んですよ。

 走るスピードを危ないと感じたわけじゃないんです。
 正直、俺だって同じようなスピードで走ることがあります。

 では何がかというと、目的意識がまったく違う車両に混じって走ってる事なんです。

 よく「サーキットは安全だ」と言いますよね。
 これ、言わせて貰えば半分は当ってますが半分は外れてます。

 ぎりぎり限界まで攻めるサーキット走行が安全なはずは無いんですよ。
 俺は転んだ回数は圧倒的にサーキットの方が多いです。一般道に比べればごく僅かな時間しか走っていないにも関わらず、です。(上手い下手はここではおきます)

 サーキットが安全なのは、綺麗な路面とグリーンゾーン、きちんとした装備と車両、そしていざと言う時の救急体制。
 そして何より「走っている人が皆同じ目的(早いタイムで回る)を持っている」って事だと思うんですよね。

 なので(これまたいつぞやもボヤいた気がするのですが)サーキットを一般道の練習場代わりに使う人には疑問を感じます。本気で走っている人からすれば大迷惑&危険ですから。
 もちろん最初から「サーキットを走ってみませんかの会」とかであれば問題ありませんし、そういうイベントは個人的にも大歓迎なのですけどね。

 先の伊豆スカの例で言うと、観光にきてる一般車が多いにも関わらず「俺ペース」で走ろうとするバイクが危ういんです。

 「一般車」というのは4輪ばかりじゃありません。景色を見ながらゆっくり走りたい2輪車だって数多くいるのを忘れないで下さい。

 繰り返しますが「飛ばすな!」とか言うつもりはありません。空いていたら俺だってスピード上げます。
 でも「これだけ観光客がいる状況でどうなのよ?」という思いは拭えませんでした。

 「朝は路面が濡れてるから」「自宅から遠いから」
 空いている時間に来られない理由はいろいろとあると思います。でもだからといって「せっかく来たんだからなんとしても俺ペースで」というのはどうでしょうか?
 その行為により「恐怖」を感じている人がいるとすればどうですか?

 これまたそれに「気づいていない」だけなのかもしれません。
 でも、駐車場でバイク傍らにわいわいやっているのは、それなりの経験はあるであろういい歳したおっさんばかりだったんですけどね。
 それともあえて「気づかないふりをしている」のでしょうか?

 正直「飛ばしたい連中だけが走っている状況」であれば、何をしようが自己責任でいいと思います。
 まぁ警察と消防(救急車)にはちょい迷惑をかけてしまうかもしれませんが。

 伊豆スカイラインは景色も良く、道も面白くて素敵なコースだと思います。

 今の状況を別にすれば「ここ封鎖してマン島みたいな公道レースやったら面白いだろうなぁ」とか思うのですけれどね。
 
 
 
◆↓「バイクカスタム・整備」と「ツーリング」に参加中↓◆
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ

|

« 走り方・スピードという奴 | トップページ | ユニクロ防風ジーンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 走り方・スピードという奴 | トップページ | ユニクロ防風ジーンズ »