« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の記事

2006.06.30

V-Max 久しぶりの北回り

 日曜日。
 天候は曇りだが、修理完了となったV魔を動かしたくて仕方が無い。
 「ちょっとだけ、ちょっとだけ…」と走り出す。

 服装はこの前の隼の時と同じ。今日はあのときより気温が低いが、どうなるかまぁ走ってみるとしよう。
 
 とりあえず走るといえばやっぱり日光。
 途中、宇都宮北街道の陸橋の上でV-MAXの高速テスト。久しぶりに10000rpmまで回してみたが、水漏れオイル漏れはなさそうでほっと一安心。
 
 いろは坂到着。ゆるゆると上り始めるが、今日はとにかく霧が凄い。
 視界はどのくらいだろう?道を知らないとスピードを上げるのに躊躇するくらいであるのは間違いが無い。

 中禅寺湖畔から戦場ヶ原。
 高度が上がったせいか霧は晴れた。空には厚い雲がかかったまま……というか、「え~っと、寒いんですけどぉっ!」

 やはりメッシュは風を通す。今日のように気温が低いと、冷たい空気が容赦なく中のTシャツを襲う。くそぉ、これはいつかきっと良い方法を…

 寒い寒いと喚きながら、光徳牧場から山王林道。

 この辺りのように狭く荒れた道だと、隼よりV魔の方がお気楽に走れる。

 川俣湖をぐるりと回ったのがお昼過ぎ。うむ、昼飯は久しぶりに大笹牧場で食うとするか。

 のたのたと峠を上り、程なく着いた大笹牧場。

 そこそこの混雑の中、どこに停めようかと駐車場を……と、こちらをじ~っと見ている金色と赤のバイク。某H夫妻と偶然の遭遇である。
 いやいやどうもどうもと話を聞くと、俺とまったく同じルートで走ってきたらしい。
 そりゃまぁ寒いとはいえ、貴重な梅雨の中休みですしねぇ。

 飯は食ったので帰るというH夫妻を見送ろうとして……と、駐車場に入ってきた青と水色のバイクがこっちをじ~っと見ている。某S夫妻と偶然の遭遇である。
 いやいやどうもどうもと話を聞くと、俺とまったく同じルー(略)
 そりゃまぁ寒いとはいえ、貴重な(略)

 「偶然ってのは重なりますねぇ」とかなんとか一緒に飯を食い、このまま帰りますというS夫妻を見送る。
 さて、んじゃ俺も帰るとするかぁ

 一旦来た道を戻り、川治温泉から龍王峡。某県道から県民の森へ抜けるというのは「餃子オフ」でよく使うルートの逆でもある。
 こちらも状況はちょい荒れ、だが山王林道よりはマシだろうか?
 今年の餃子オフもやっぱりのルートを使おうかな?

 ぶつぶつ言いながら八方ヶ原。土浦ナンバーのロードスターと追いかけっこをしながら降りる。

 矢板市からは裏道を抜けて帰宅。

 ふ~走った走った。ちょっとのつもりが丸半日走り回ってしまった。
 自宅付近の路面が濡れてたけど、こっちは雨でも降ったのかな?
 
  20060630

  
下界は結構降ってたらしいです。 [ランキングオンライン]

| | トラックバック (1)

週末

晴れるか雨か。
天気予報は当たるか外れるか。
さて、どうなりますかねぇ……


#……と、久しぶりに携帯から更新してみたり(笑)

| | トラックバック (0)

2006.06.19

梅雨といえば工具 2

 この前、こんな事を書いていたのだが、それとはまったく関係なく(←をい)「ベアリングプーラー」を買ってしまう。

 一応の名目は「V-Maxのウォーターポンプ修理に必要だから」で「アッセンブリ金額とパーツ単体金額の差額が浮いたから」だが、正直そんな事はどうでもいい。
 「だって欲しかったんだも~ん」というのが本当のところだ。

 もちろん、セットで数万円もする一流品ではなく、3000円ちょいの製品。
 工具屋のお兄さんに「これだと外れない場合もあるんですよ…」と念押しされた安物である。

 それでもプーラーはプーラー。
 無理かな?と思っていたウォーターポンプのメカニカルシールをすっぽり抜く事ができた。
 いやぁ、さすがは「腐ってもSST」だわ(←慣用句違)
※修理記は後日本館に掲載予定。

 これならホイールベアリングにも安心して使えそう。
#というかそれが一般的な使い方。
 隼のホイールベアリング、そろそろ交換しようかと思っていたんだよねぇ…
 
 

ベアリングは抜くより叩き込む方が難しいんだけどね [ランキングオンライン]

| | トラックバック (0)

2006.06.09

V-Max 水も滴る…

…とまぁそんなわけで、またまた水漏れが発覚する(笑)

 今度はちょっとやっかいな事にウォーターポンプ内の様子。

 この前のサーモスタットからの水漏れ修理の際「あそこじゃなくて良かった」と書いたそのまさに"あそこ"から漏れてきた。

 一応、漏れている(であろう)場所も必要なパーツも確認済み(参考:VMG大原修理例紹介)なのだが、判らないのが「自分でできるかどうか」だ。

 あそこ、マニュアル見ると組み立て時にSST使ってるんだよなぁ…

 パーツ単体ではなく、アッセンブリで丸ごと交換するなら何も苦労は何もないのだけれど…高いんだよねぇ→ウォーターポンプアッセンブリ


 
これはさすがにヤフオクって訳にはいかないだろうし(笑) [ランキングオンライン]

| | トラックバック (0)

2006.06.05

隼 霧の日光

「午後には陽も差すでしょう」の予報に、久しぶりにV-Maxを引っ張り出す。

 チョークを引いてエンジンを…とっとっと、セルの回りが弱いぞ?

 先日のスイッチ入れ替えの際、接続の確認にヘッドライトを付けたり消したりしたのが原因だろうか?バッテリーがヨワヨワになっている風である。
 「そんなに電気使ったかな?後でバッテリー周りをチェックしてやるか」

 V魔はガレージへ戻してとりあえず充電開始。
 代わりに隼を引っ張り出して…「んじゃ"皮むき"でもしてくるか」

 これまた先日入れ替えたばかりのリアタイヤ
 入替後200km近く走ったので馴染みは完璧だが(直線ばかりだったので)タイヤサイドはまったく使えていない。
 一度日光へ持っていって一通り使えるようにしておこう。

 久しぶりの日光は寒かった。
 気温を考慮して皮ジャンを着てきたのだがそれでも寒い。
 新品のメッシュジャケットなんぞ着てきたら寒くて走れない事だっただろう。

 交通量はそこそこ、どぉれといろは坂を上りだす。

 コーナー2つ程をゆるゆる回ったところで、後ろから(NISSAN)180SXが追いついてくる。
 どれどれと道を譲って後ろから観察。
 うん、そんなに下手な腕ではなさそう、マナーも悪くないのでこのまま後ろを付いていっても大丈夫だろう。

 こちらの意図を察したのか、180のペースも上がる。ラインを半分外して追ってみる。

 もちろんブレーキングと突っ込みは4輪には到底敵わない。
 同じ速度で突っ込むととんでもないことになるので、俺ははるか手前でブレーキング。コーナーもゆっくり回って加速勝負で追いつき……ぃぃぃぃぃっ!

 立ち上がりでちょいとスロットルを多めに開けたら、リアがずるりと横を向く。
 それはもう、思わずフロントに逆ハンを当てた程である。「うわっ、やっちまった!」
 
 単なる幸運だが、スライドはそこで止まってくれた。
 嫌な汗がぶわっと吹き出る。「だからタイヤサイドはまだ新品なんだって…」

 離れていく180を見送りながらペースを落とす。
 あ~怖かった。いつもの事ですがご先祖様ありがとう(合掌)

 霧に煙る中禅寺湖畔から半月山へと登り、頂上での一服はいつものとおり。
 寄り道しながらぐるりと回って山を降りる。

 確認したリヤタイヤはきれいに一皮(以上?)剥けていた。
 よし、このまま帰るのはもったいないから、足尾から粕尾峠へでも抜けてみるか…

 
#途中偶然遭遇した某氏お疲れ様でした [ランキングオンライン]

| | トラックバック (0)

2006.06.02

梅雨といえば工具?

 じめじめの梅雨は毎年恒例メンテ強化期間
 あれこれメンテメニューや工具の購入を考えてみたりする。
※もちろん、「走り溜め」は入梅前に。

 この前、とりあえずと購入したのがサークリッププライヤ。

 これまではラジオペンチで誤魔化してきたが、最近、サークリップが嵌った場所をいじる機会が増えてきているのだ。
 それに、これがあればブレーキ(クラッチ)マスタシリンダもフルOHできるはず…だよな?

 まだ買っていないが、欲しいのがワイヤーツイスター。

 今のところハンドルグリップの固定くらいの用途しかないのだが、買えば買ったであちこちのボルトをごりごりワイヤリングし始めるような気がしている。

 そして大物、エアコンプレッサー。
 これはガレージを建てた時からずっと欲しいと思っていたもの。

 ただ問題は購入するグレード、というか大きさ。
 大型のものの方が応用が効くのは判っているが、消費電力や騒音、そしてもちろん価格の関係で、どのあたりのものが妥当なのかがまだ見えていない。

 エアインパクトをちゃんと使うのであればそこそこ大型じゃないといけないだろうし、エアダスターメインでいいなら小型の方がいいし、オイルレスの方がいいかどうかもわからないし…


…とまぁ、梅雨を前にそんな感じに金のかかる事ばかりを妄想していたりする。

 あ~、当たらないかなぁ、宝くじ。


#買わないと当たりません [ランキングオンライン]

| | トラックバック (0)

2006.06.01

隼 足回り

 整備によりエンジン好調!となった隼。

 その後もちょろちょろ乗り回しているのだが、やはりエンジンのよく回るバイクは乗っていて楽しいものだ。
※「よく回る」というのは必ずしも「静かでスムーズに」という訳ではないので念の為。

 エンジンの好調化に伴い、ちょっと気になりつつあるのが足回り

 購入して7年目、現在の走行距離は約35000km。

 年数を考えると決して多い走行距離ではないが、純正のサスペンションがそろそろ文句を言い始める頃合ではある。

 フロントは以前オイル交換をした。
 リアはまったく手を付けていない。

 今のところ乗っていてコレという不都合は感じていないが、この手のヘタりはオーナーには感じにくいもの。他の車両と比べてはじめて判ることも多いのだ。

 そういえばなんとなく峠でリアに落ち着きがないような気がしないでもないような…

 とはいえ、新しいリアサスなんぞ簡単に買えるわけはないし、V魔のように中古の出物にめぐり合う可能性は少ない。

 それではといろいろ考えていることはあるのだが…う~ん、でもやっぱり最後は先立つ物の話になるんだよなぁ…
 
 
#こればっかりは自分じゃできないしねぇ [ランキングオンライン]

| | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »