« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の記事

2006.05.25

夏ジャケット

 近頃の夏用バイクウエアといえばメッシュのものがほとんどだ。

 直射日光を遮り、パッドが取り付けられる長袖のウエアは夏のツーリングには欠かせないものだが、いかんせんどうにも暑い。
 風を良く通すメッシュ素材が使われるようになったのも当然といえば当然だろう。

 だが、本当にメッシュが一番良いのだろうか?

 メッシュは確かに涼しい。しかしそれは走っている最中の話である。
 信号待ちで停まっている時も涼しいわけではない。
 そして走っている最中の話であれば、メッシュでないウエアでもそこそこ涼しいのだ。

 山へと上り、急に気温が下がった時にも、メッシュでは対応する術が無い。

 普通のウエアならジッパーを上げ、袖と襟元を留めればそこそこの防風効果が期待できる。
 しかし素通しのメッシュではそれは無理。

 「汎用性に欠ける」と言ってもあながち間違いではないだろう。

 「インナーウエアで調整すれば良い」という考えもあるのかもしれないが、俺はそれではどうにも主客転倒な気がするのだが。
 
 
 
 
 


……とまぁそんなわけで、勘の良い人ならお判りの通り、新しい夏ジャケットを買ってしまいましたとさ(笑) 
 
 
お披露目はもう少し先かなぁ・・・ [ランキングオンライン]

| | トラックバック (0)

2006.05.19

V-Max パーツリスト

 先日、V-Maxのパーツ発注(また何をはじめたのかは後日本館にて)にショップへ。

 先のクラッチの件があったので、(横着して)いつも使っている国内用パーツリストに加え、他年式の輸出仕様のパーツリストも参照してみる。

 あれがこれで……とチェックしていて気がついた。

 WaterPump とかが妙に上にある。
 Clutch とかは真ん中辺りに。

 「へぇ、パーツリストの表示順って国内向けと同じなんだ」

 英語で書かれた輸出仕様のパーツリスト。
 その表示順が、五十音順に並べられた国内用とまったく同じだったのだ。

 もちろん、最初は日本語で作成し、それを翻訳しているからこうなるのだろうけど、英語圏の人から見たら奇妙な順番に感じられるんだろうねぇ…

「日本人のやることはよくわからん!」とか思われてるんだろうか? [ランキングオンライン]

| | トラックバック (0)

2006.05.16

隼 車検

 某日、半日の休暇をとって隼の車検に出発する。

 一通り整備は済ませたし、リアシートはしっかりと付いているし、何も問題は無い…と言いたいところなのだが、実はいくつか心配な部分がある。

バーハンドル
 交換して初めての車検。
 幅は問題ない(ノーマルと同じ)が、高さはどうだろう?

ラジアルポンプブレーキマスタ
 これまたV-MaxのRC30用でさえ指摘された高さ。
 隼の場合、サブタンクの高さにバーハンの高さが加わるのだ。

■リアタイヤ
 先日の東北ツーリングで高速で遊んだおかげでセンターが怪しくなりつつある。
 スリップサインが出掛かっているようなそうでもないような…

■ライト光軸
 バーハン化とアッパーカウル交換時にライトの取り外しを行った。
 一応チェックはしているもののズレていないといいのだが…

     ★

 現地での自賠責登録、書類記入は毎年の事(隼とV-Maxが交互)なので問題なし。
 さぁ、検査だ。

 検査官による検査。
 リアタイヤはスルー、ハンドルは幅のチェックのみで問題なくOK。
 「ふ~、良かった良かった」

 機械での計測。
 スピードメーターは2次減速比の変更を考慮して、指定よりちょい高めで計測してOK。
 ブレーキは無問題。
 光軸は…よし、一発OK。

 さくさく手続きをとり、新しい車検証とステッカーを貰う。
 陸運支局滞在は丁度1時間、毎回こんな感じにすんなり行くと楽なんだけどなぁ…

<余談>
 宇都宮支局にオレンジ色のV-Maxを車検に出したオーナーさん。
 スパトラ4インチメガフォンと光軸で、バイク屋さんが大苦戦していたぞぉ(笑)

そもそもスパトラ4インチメガフォンで車検通るんだろうか? [ランキングオンライン]

| | トラックバック (0)

2006.05.12

V-Max クラッチその後

 件のクラッチにつき、その後もいろいろと調べ判ったことがいくつかある。

 まずは、年式・仕様に関する件。

 うちのV-Maxはご存知のとおり'90式の2WEアメリカ仕様。
 これと高年式(といっても'99)の国内仕様を比べると、クラッチのパーツNOが結構変っている。

・フリクションプレートの種類(枚数ではない)が減っている。
・アウターのクラッチハウジング(プライマリドリブンギアコンプリート)の型番が違う。
・プッシュロッドも変っている。

 確か、今入っているフリクションプレートは最新のもののはず。
 この辺に関係があるのか無いのか…

 次にそのフリクションプレートの組み方。

 今回、フリクションプレートのロットNO(?)の書かれた面を外(クラッチカバー側)にして組んだ。
 ところが昔のフリクションプレートにはロットNOではなく、別の文字が書かれていた。
 その文字とは「IN」
 これはあれかな?文字の刻まれている面を内(エンジン側)にしろって事なのかな?

 次にクラッチプレート。

 今回、クラッチプレートの表面を外に統一して組んだ。
 ところが他車の例で「ジャダー対策として一番奥の1枚は逆に組む」という方法が出てきた。
※クラッチの「張り付き」が起こるのは内側なので
 「一番奥は表が外側、それ以外は裏が外側」
 これは俺があけたときに入っていた向きそのままである。
 う~む、これはそういう理由だったんだろうか…

 そしてプレッシャープレート。

 取り付けボルトは6本だが、バネの役割をする「爪」は8箇所。
 だから旨くバランスをとってセットしないと、クラッチを切った時にプレッシャープレートが均一に縮まないことになる。
 均一でなければ、熱を持ったクラッチのクリアランスが減った時に切れにくくなる事が…あるのだろうか?

 いろいろな疑問質問オブジェクションが出てきたので、もう一度開けて確認・組みなおしをする予定である。

いや、決して「夜暇だから」とかそういう事では・・・ [ランキングオンライン]


| | トラックバック (0)

2006.05.08

スポンジ

 土曜日。

 ツーリング途中に発生した「ボーボボ現象」を解消すべく、隼のスロットルバルブ周りを綺麗にしてやる。

 バルブ掃除して、同調取って、スロポジ合わせて。
※詳細は後日本館にアップ予定

 掃除自体は問題なく終了したのだが、ごそごそ作業していて気になったのがスポンジの類である。 

 隼は、タンクの裏や燃料ポンプ('99式はポンプ別体)、エアクリボックスの吸気口付近にスポンジが張られ、断熱や密閉の役を担っている。
 これらのスポンジが"いい感じに"疲れてきているのだ。

 さすがに純正品だけあってぼろぼろになる風ではないのだが、端が欠けたり、固くなりつつあるようにも見える。

 う~む、隼は(V-Maxに比べれば)まだまだ新車のつもりでいるのだが、さすがに7年目ともなるといろいろ劣化してくるもんなんだねぇ…

 どうせスポンジを張替え(交換)するなら、これから夏のシーズンに向け、本格的な断熱材を使用しても面白そう。
 今は4輪のエンジンルーム用にいろいろなものが市販されているらしいから、あれこれ試してみるのも楽しそうだ。

 最近ご無沙汰な4輪パーツだが、これからちょっと調べてみようと思う。


それともホームセンターで探したほうが安上がり? [ランキングオンライン]

| | トラックバック (0)

2006.05.05

GWツーリング

今日、ツーリングから帰って来ました。

とりあえずお土産動画という事で。

「20060503.wmv」をダウンロード
 40sec 6.2MB

いやぁ、それにしても良かったですよ、天気

毎度MACの方、申し訳ありません [ランキングオンライン]

| | トラックバック (0)

2006.05.01

北の山詣で2

 土曜日早朝、先週より更に早い時間に起床する。

 「北の山詣で」で、山が普通に走れることが判った。
 ならばと今日は隼で「走り」に行く事にしたのだ。

 インナーにヒーテックシャツとロングTシャツを付け、皮ツナギを着込む。
 あ~、なんか腹のあたりがちょっとだけきついな。ま、中に着込んでいるせいだろうなぁ、うん、きっとそうに違いない…

 皮ツナギの上にはメッシュのベスト。
 これはポケットが多くて便利だからというよりは、皮ツナギだけで街中は…というシャイな俺仕様である。

 訪れた早朝の日光いろは坂は、心配していた(GWの)混雑はなかった。
 
 よっこいせいと登り出す。

 さすがは隼、先週のV-Maxとは違いぐりんぐりんと曲がってくれる。
 一往復して目を慣らしてからもう一度登りへ突入、「うひゃ~、それでも加速に目がついていかないぞぉ~」

 交通量は激少、他に車両はほとんど走っていない。
 空は青く、気温も皮ツナギで丁度良い。
 あ~、気持ちいいねぇ…

 調子に乗ってペースを上げてたら、何のことはない右コーナーの立ち上がりでリアがずるり外へと流れていった。
 をっとっと危ない危ない、一般公道は安全第一、押さえて押さえて…
#それにしてもなんであんなところで滑ったんだろ?

 その後もうろうろと走り回り、一般車が目立つようになった頃撤収する。

 ん~、気持ち良いから本当はもう少し走りたいんだけれど、今日は昼からヤボ用が入っているんだよねぇ…

 ゆっくりと帰宅し、無事ヤボ用を済ませた頃、空はなにやら怪しい気配。
 ありゃ、雷でも来るのかな?こりゃぁ早めに引き上げて正解だったかもなぁ。


その後、山には降ったみたいです [ランキングオンライン]

| | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »