« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月の記事

2005.08.31

ゆっくり?

 たまには愚痴ってみようかと(笑)

 某日、雨でツーリングが潰れたので、ヤボ用がてら四輪車で出かけてみる。
 せっかくなので帰りは遠回り。北の山は所により晴れたり土砂降りだったりで、ツーリングは中止で正解…はいいのだが。

 某峠でアメリカンのグループ(といっても数台)の後ろに付く。
 ところがこれがひどく遅いのだ。

 制限速度が40km/hの峠(つまりさほどきつくない)なのに、カーブでは「止まるんじゃないか?」と思う程減速する。
 あまりにも遅いので「後ろにいる俺への嫌がらせか?」と疑った程だが、どうやらそれは考えすぎ。
 よくよく見ると、「バンク角が無くて曲がれない」のである。

 べったりと落ちた車高のせいで、ほんの少し寝かせただけでマフラーやらサイドスタンドやらが路面に触る。
 カリッとなる度に慌ててバイクを起こす。
 擦らないためにバイクを直立させたままコーナーリング。結果、速度は遅くなる。

 バイク初心者でスピードを出せないのなら、これは仕方が無い。
 排気量(馬力)が小さく、スピードを出せないなら仕方が無い。
 しかし…この人たちはわざとバンク角減らしているんだよな。

 俺はバイクの改造に関して、かなり寛容な方だと自負している。
 珍走的なものは生理的に受け付けないので別だが、それ以外に関しては、レーサーのコピーだろうがキンキラ成金趣味だろうが、まぁそういう考え方もあるンだろうねぇと思う。
 アメリカンのローダウンやリジット化についても同様だ。しかし…

 普通の道で制限速度さえ出せないような仕様にしてしまうのは、やっぱりやりすぎなんじゃないだろうか?
 そしてそもそも、こういうバイクでツーリングして楽しいものなのだろうか?

 「改造の最低線」「他人への迷惑」「マナー」「法律の範囲内」「自己主張」

 ギアを2速に放り込み、頭にそんな言葉を頭に浮かべながら、のろのろと山を登っていきましたとさ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.08.29

整備

先日の予告どおり、こつこつとV魔の整備を行う。

フロントタイヤ交換して(もらって)
エンジンオイル交換して
デフオイル…はオイルの在庫がないのでちょっと待って
ブレーキ・クラッチフルード交換して。

最後はスロットルワイヤへの注油。
しかし考えてみれば、このワイヤーは一度も交換していない。
注油もいいが、そろそろ新品に交換してやった方がいいのだろうか?
そういえばタイヤ交換の時、スピードメータケーブルも少し硬かったような…

部屋へと戻り、ネットで部品を検索。いや、良い時代になったものだ。

1FK-26311-00 ケーブル,スロツトル 1 1,785
1FK-26312-00 ケーブル,スロツトル 2 2,006
1FK-83550-00 スピードメータケーブルアセンブリ 1,397

……ぐ、全部で5K円超か……北海道ツーリングのカード清算が終わってから考えよう…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.22

ご近所とはいえ

 週末。
 盆休みの反動で山ほど仕事が残っているのと、あまりの暑さにバイクで出かける気にはならない。

 それでもやらねばならない事があるので、午後、V-Maxを引っ張り出す。

 とりあえずはクーラントの全交換。
※昨日書いた中に入ってないぞ…
 その後、あるチェックの為、人気の無い駐車場までMaxで走っていく。

 2,3分で着く場所なのでダミータンクカバーは外したまま。
 右のダミーインテークも外してラジエターキャップがむき出し。
 短パン、Tシャツ、ノーグローブ。
 う〜む、これじゃぁ「盗んだバイクで走り出す」と見られても仕方の無い格好だなぁ…

 幸いおまわりさんに職務質問される事もなくチェック完了。

 そうか、それが原因か。
 いや、やっぱり大事なのは基本なんですなぁ…(詳しくは後に本編にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.21

後始末

(本館に北海道ツーレポ前半アップ済み)

 やっと北海道ツーリングの後片付けが終わる

 シュラフとマットを干してしまって、食器の類も洗いなおして定位置へ。

 後はバイクだが…こちらはもう少し時間がかかりそう。
・フロントタイヤ交換
・エンジンオイル交換
・デフオイル交換
・ブレーキ・クラッチフルード交換
・スロットルワイヤ注油
…こんなところかな?

 タイヤ交換は別だが、他はさほど金をかけずに対処できる。
 夜、ガレージで作業してやる事にしよう。

#日中は暑くて作業にならず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.17

北海道より帰宅

ツーリングの様子は週末以降本館にアップ予定のツーレポを見て頂くとして、とりあえずお土産代わりに画像でも。

20050817


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.07

整備完了?

 土日と休日出勤なのだが、夜間を使いV-Maxの整備を行う。

 まずは早い時間のうちにキャブの同調をとる。
※バッフル入りとはいえ、エンジンをかける整備には気を配らないと。
 乗っていてさほどズレているようには思わなかったキャブ。計ってみると2番がちょいズレしていた程度で後はぴったりと合っていた。
 同調作業は1分で終了。うむ、俺のヤマ感も捨てたものではないな。
 
先日気になったオイルは、給油口から注射器で100ccほど抜いてやる。
 まぁ気休め程度のものではあるが。

 ギアの入りがいまひとつなのはレバーのせいもあるか?とクラッチレバー位置を調整。
 ちょい上向きに変更して、固定ボルトを締めこむ…と、「パキッ」「え゛?」

 ミラーホルダーが半分に割れてしまいました。(画像なし)

 ううむ、締め込み過ぎた気はしないのだが…
 まぁ悩んでも仕方がない、棚をごそごそ探って、昔使っていたホルダーを探し出す。ちょい格好は悪いがこれでも実用上の問題はないはずだ。

 交換作業中考える。「もし劣化していたとすれば、ツーリング前に割れてくれたというのは喜ぶべき事なんだろうなぁ…」
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.03

ウインカー交換

 決して暇ではないのだが、V-Maxのフロントウインカーを交換する。

 形は今とまったく同じ。では何故交換するかといえば「なんとなく接触不良している気がするから」

 今のウィンカーには、市販のW球用ソケットを入れてポジションランプが点くようにしてある。
 ところがここ半年ほど、ほんの時たまではあるが片方のポジションが消えることがあるのだ。(←それは既に「気がする」じゃないな)

 配線をいろいろ直したのだが根本解決はできなかった。どうしようかな?と思っていたところへ、同じ型のW球用ウインカーが売られているのを見つけてしまったという訳なのである。

 ところでウインカー交換というとなんとなく簡単な作業のように思われるが、実はそうでもない。
 専用品でもない限り、配線コネクタやステーの取り付けを全部自分で行わなければならないからだ。
 今回はステー等は今のものを使用することができるので多少は楽ができるだろう。

 今のウインカーを外し、再使用するワッシャの類は「花咲かG」へ漬けて錆を落す。
 新ウインカーの配線に端子を取り付ける。圧着後はもちろんハンダ付け。この辺りで手を抜くと数年後にトラブルの種になるのは経験済みである。

 W球専用だけに、ソケットと球はズレずにきちんとセットされた。
 汎用ソケットだとこの辺りに微妙な調整が要求され、それがまたトラブルを呼ぶ事があるので一安心。

 取扱説明書によれば「アース線を別途ステーから引く」ようになっているのだが、万全を期してソケットに直付けする。
 コードの先端をハンダ付けして、その内側の縒り線を2つに分けて穴にする。ここをソケット固定ネジで共締めするのだ。

 ウィンカー本体にシリコンスプレー。ガワとレンズの合わせ面にもシリコングリス。
 これで耐水性は上がるはず…だよな。

 車体への取り付けは今までと同様。
 アースがとれているかどうかを確認の後、ポジション、ウィンカーと片側ずつ操作し確認していく。
 5Wの小さなポジションと21Wのウィンカー、それぞれの動作を確認。を〜し、これで完成だ。

 たっぷり1時間かけて交換作業が終了。
 配線とか端子の処理に必要以上に時間をかけたが、これで将来のトラブルが減るなら苦労ではない。

 車体全体を眺めながらウインカーの角度を微調整
 うむ、同じ型とはいえ、新しいパーツというのはやはり良いものだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »