« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月の記事

2005.02.27

ご機嫌伺い

 日曜日、晴天。

 とはいえ、吹く風は冷たい。
 バイクで出るにはちょいと厳しい気温だが、ここ3週間ばかり乗ってないし…と、もそもそ着替えを開始する。

 バイクはV-Max。
 ガレージから引っ張り出してホコリを落とし、前後タイヤのエア圧を確認。減ってる分を補給すれば出発準備完了である。
 
 「久しぶりだし、かかるかな?」と恐る恐るセルスタート。

 きゅるきゅるきゅる…きゅるきゅるきゅる…

 む〜、セルは回れど火が入らない。
 確かに気温は低い、だがこれまではもっと冷えた時でもさほど問題なく掛っていたのだ。

 長めのクランキングを何度も繰り返すうち、さしもの満充電バッテリーも音をあげはじめる。
 仕方が無い、帰ってきてから原因究明を含め、ちょいと診てやることにしよう。

 V-Maxをガレージに戻し、充電器を繋ぐ。
 バイクを隼にチェンジしエンジンスタート。さすがにこちらはすんなりOK。

 晴天の日中にも関わらず「気温3度」の表示の出たバイパスを走り、ヤボ用を済ませ、本屋・パーツ屋をハシゴする。

 パーツ屋でウインドショッピングしながら、V-Maxのエンジンが掛からない原因を考える。
 「バッテリーは満充電だし、スタータークラッチは滑ってないし、エアフィルターは掃除したばかりだし、あとはプラグくらいか?」

 帰宅後。隼をガレージに収め、メンテノートを引っ張り出す。
 ええと、前回V-Maxのプラグを交換したのは……2001年11月ってなんだよ……orz

 どうやら3年ちょい、11,000マイル(≒17,600km)程無交換だったらしい。
 始動不良の原因がプラグかどうかは別にして、苦労させたねぇ、NGKのVX。

 いつの間にか再充電が完了していたV-Max。
 何気にセルを回すと、どこもいじっていないのに、エンジンは苦も無く始動した。

 ううむこの現象、なにかV魔から「気づいてくれた?」と言われたようでちょっと怖かったりもして(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.17

新コンテンツ

 先述のとおり、着替えるの面倒だわ仕事は忙しいわ雪は降るわでまったくバイクに乗れていない。
 んじゃその代わりに…というわけではないが、HPの新しいコンテンツを考えていたりする。

 内容は、バイクに関するHOWTO物

 ハウツーといっても、俺の知識では難しいものは書けないし、何より実践が伴わない。
 盆栽先生と呼ばれるのはやぶさかではないが、口だけの書きっぱなしというのはどうにも気が引ける。

 それではと考え付いたのが、とりあえず俺がこうだと思っている事を書いてみて、それで合っているかどうかを見ている人に判断してもらおうという甚だ他人任せなコンテンツである。

 題して、「これで合ってたっけ?バイク知識」(仮称)

 バイク知識と言うと範囲が広すぎるが、各種調整やパーツ交換の時に参考になるような箇所を重点的に作っていく予定。
 とりあえずサスペンションとかブレーキあたりから始めようかと思っているのだが…俺には難しすぎるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.10

お出かけ装備

 ここしばらく、出かけるといえば四輪車でばかり。
 いやぁこの時期は寒くてなかなかバイクに乗る気になれなくてねぇ……などと言うのは実は口実でしかない。

 確かに気温は低いものの、晴れれば日差しが気持ち良い。
 バイクで走ればさぞ心地良かろうと思う日も多いのだ。

 ある程度の寒さは装備でどうにでもなる。
 冬ジャケ&オーバーパンツ、防寒グローブの完全装備なら気温が氷点下でも問題無しだ。

 バイクは2台ともフル充電。セル1発…かどうかはわからないが、始動に苦労することは無い。
 大きな物を買いに行くわけではないし、街中ではバイクの方が小回りが利く。

 では、何故バイクで出かけないのか?

 それは、ウエアの脱ぎ着が面倒だからである。

 本屋へ行ってあれこれ見て回りたい。
 喫茶店でコーヒー休憩もしたい。
 街中でちょいとウインドウショッピングなんて事もしてみたい。

 そんな時邪魔になるのが、バイクの冬用の装備なのである。

 冬ジャケットはまぁどうにかなる。問題はオーバーパンツだ。
 履いたまま歩き回るのは格好悪いし、何より歩きにくい。
 かといっていちいち脱ぐのは面倒だし、置いておくところにも困る。
 この辺りが解決できる方法があれば良いのだが。

 一見普通のパンツに見えて、防風防寒機能のあるパンツはないものだろうか?

 Gパン、革パンタイプでそれなりの機能が付いているものも確かにあるのだが、どれも今ひとつピンとこない。
 偶に「お?コレは?」と思う物があると、価格が5万円近かったりする。
 う〜む、なかなか難しいものだな。

 いろいろ考えると「薄手の革パンの下にインナーを履く」辺りがどうやら妥協点のような気がしてくる。

 薄手の革パンか……俺、似合わないんだよなぁ……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.01

ブーツ修理

 去年の夏頃(北海道ツーリング直前)穴があいてしまった愛用ブーツ。
 シフトペダルのあたる場所がコスれ、革が切れてしまっている。なんとか修理してやらねば。

 修理といっても所詮は素人仕事、大げさな事が出来るはずも無い。
 革の端切れを買ってきて、皮用接着剤で貼り付けるぐらいが関の山である。
#尤も、いざ探すとこの「革の端切れ」という奴がなかなか見つからないのだが。

 ふぅふぅと接着剤を乾かしながら考える、このカドヤのブラックアンクル、何年使っただろう?
 V-Maxを買った時は編み上げブーツを履いていたのでそれ以降、ざっと7〜8年といったところだろうか。
 間違いなく元は取っているのだから、ちゃんとカドヤに修理に出すなり、新品を買うなりすればいいのだが、とりあえず自分で何とかしようとするのが俺の貧乏性の証たるものである。

 接着後、テーピングして丸2日放置してからミンクオイルでグリスアップ
 さぁこれでこのブーツもまだしばらくは使えるぞ。

#革製品修理用にハンドリベットでも探してみるか・・・
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »